旅行記

函館公園 観光地の麓にある隠れた名所

函館の観光と言えば五稜郭タワーと函館山の夜景です。 今回行ったのは函館「公園」。 函館市が管轄する無料の公園、中には遊園地のほかに動物園が。 動物のかわいい写真を動画付きで書きましたのでごらんください。
旅行記

ルートイングランティア函館五稜郭 宿泊記

所用で2泊した函館旅行、今回は五稜郭に近いルートイングランティアへ宿泊。 函館の中心になる本町、そこへ徒歩アクセス。 売りは最上階の天然温泉という我が家にはたまらないホテルの宿泊レポです。
旅行記

函館で新鮮なイカ刺し食べるなら 「いか清」

函館名物「活イカ刺し」を楽しんできました。 刺身のうま味そのものは新鮮であればいいというわけでなく、むしろ〆てから時間がたってからの方が美味しいと言われています。 江戸前の仕事はこの考え方ですが、活イカの刺身を食べてみたく。 函館には所用で訪れたのですが、良い機会なので活イカをみっちり食べてみました。 生きているイカの動画もちょっとだけ、さらっと読んでみてください。
旅行記

桜木町「はなみち」でちょいと贅沢な立ち飲みはいかが

立ち飲みで有名な桜木町は野毛地下道(のげちかみち)。 あまたある名店の中でもひときわ味が際立つのが「はなみち」です。 もともと親会社が魚の卸売りをやっていたということで、ここの魚はうまいです。 立ち飲みとは思えないクオリティで刺身が楽しめます。
旅行記

レッドウィング エンジニアブーツ購入 バイカーならコレでしょ

ひょんなことから大型免許とりに通ってます。 ゆくゆくはハーレーでも買って、北海道へツーリングもいいなぁなんて妄想しながら欲しい服とかブーツを選んでます。 学生の頃、「レッド・ウィング」だけはなぜか5足持ってました。 全て手放しましたが、バイカー魂とアメカジ好きのオタク心がゆっくりと再燃しそうです。 レッドウィングのエンジニアブーツのお手入れ方法まで書きましたのでさらっとお読みください。
旅行記

おらバイクで田舎さ帰るだ~湘南から北海道へGWツーリング計画

2019年のゴールデンウィーク、10連休になりそうですよね? なので、まだ買ってもいない大型バイクに乗ってツーリングの妄想してみました。 湘南発、フェリーで千葉に渡って、外房の海を楽しみながら茨城の大洗まで北上。 そこからフェリーでゆっくり北海道にわたり、実家まで言ってしまおうかと。 さてさて、途中どんな困難があるのか事前調査にもなるのでマップつくって妄想です。
旅行記

GSホテル 初のソウル観光はちょいチープな安ホテルへ

東南アジアではバリ・プーケット中心に南国ビーチにいって波乗りしたりプールで寛ぐのが我が家の定番。 今回は、あえての韓国ソウル、しかも滞在時間30時間未満の弾丸旅行。 「まあ初めてだし、サムギョプサル食べて適当に過ごせばいっか~」くらいの勢いでしたが、下調べしていくといろいろありそうです。 さて初ソウルのホテルと観光・食いだおれ記録はどれくらい激しかったのでしょうか??
旅行記

チョッパルで満腹 サムギョプサル的にいただこう

チョッパル初体験!ソウルシネマで観劇のあと、ちょっと小腹が空いてました。 裏の方にはなにやら怪しげな飲食店がひしめき合ってたんですよね。 好奇心たっぷりの我が夫婦、日本人全くいないディープスポットに潜入してうまいものを食べてきました。 豚足好きにはたまらん「チョッパル」です。さらっと1分くらいでどうぞお読みください。
旅行記

宗廟 ソウル観光の隠れた主役、荘厳な建物見学に行ってみました

ソウル観光の目玉は肉だったのですが、すぐ近くに歴史的な建物があるとわかりました。 宿泊先のホテル(GSホテル)とも近く、ランチの広蔵市場から歩いてすぐのロケーション。 細かいことは全然下調べしてませんでしたが、建物の雰囲気が良いのでちょろっと行ってみました。 写真多数、正殿の広さを感じていただければ。
旅行記

ソウルのローカルフードに迫る「広蔵市場」と「夜の屋台」

初のソウル観光、ホテルインは23時近い深夜。 目の前には怪しげな屋台が!酒飲み屋台大好き夫婦には抗えない誘惑、軽く一杯屋台でね・・・ 翌日はソウル観光の一つ、広蔵市場で朝兼ねる昼を。 そこでみた景色はあのジブリの光景を彷彿とさせるうまいものだらけの陳列・・・! ローカルフード2ヵ所の特集です、写真だけでも面白いと思いますのでソウル好き・うまいもの好きの方は是非。