baron

旅行記

ロウリーズ恵比寿にて極厚ローストビーフ

焼肉・ホルモンを中心に、お肉が大好きな我が家。 私が以前から行きたいなぁと感じていた謎のローストビーフが売りのレストラン、 「ロウリーズ・プライムリブ」 ついにタイミング(気持ち?)が整い、プレミアムフライデー(笑)に行こうと思います。
旅行記

国内週末旅行向けの小さめスーツケースをネットで真剣に選ぶメモ

国内旅行では飛行機のほか、バスや新幹線で移動することが多いですよね。 海外旅行に使えるような100L近いスーツケースはオーバーサイズに感じませんか? 実際、先日の京都新幹線旅行では、ちょっと困りました。 普段使っているRIMOWA(リモワ)大好きなのですが、ここはひとつ、小さめサイズを買おうと思います! その際にあれこれ悩んでしまったことを簡単にメモしましたのでご覧ください。
旅行記

ソウルでお肉!穴場の「黒豚家 明洞店」でたらふくサムギョプサル

サムギョプサル、分厚く切った豚バラとキムチに、これでもかとサンチュ巻いてがっとほおばれば、もう昇天するうまさ! なんですが、たいていのサムギョプサルは鉄板で焼くスタイル。 これはこれでうまいです、が、「脂がキツイ!」問題が発生します。 気にしすぎかもしれませんが、できれば網焼き・炭焼きで行きたいなあと考えてました。 それでリサーチしていたときに発見したのが「黒豚屋 明洞(ミョンドン)店」なんです。
business

アクチュアリーを辞めた人の話に突っ込みを入れてみる

アクチュアリーを「やめた」転職体験談があったというのです。 ですが、なにやら突っ込みどころが満載。 転職情報としては情報量が少ないようなので、より現実的な話をつっこみ入れながら書いてみたものです。 これで転職?本当に?という思いとともに、 「生保業界の内情が細かく書かれている」 とも感じまして執筆しました。 2分かからず読めると思いますのでご覧ください。
旅行記

地元の祭り(真駒内神社例大祭)をあえて斜に構えて楽しんでみる

実家に帰省したとき、真駒内神社例大祭、北海道はせたな町のお祭りに顔出してみました(2018年9月)。 五穀豊穣を祝い、せたな町北檜山区で盛大に執り行われる「真駒内神社例大祭」。 14日の宵宮祭(よみや)は、真駒内神社下に花山が集合し、奉納踊りやお囃子が披露、 15日の本祭は夜に国道を封鎖して行われるメインイベント「太鼓合戦」を開催。 勇壮な太鼓合戦を元に、地元の祭りや観光にちょっとだけ妄想をしてみました。 田舎の観光資源を活用できないものかというもので(地元の方には怒られそうですが、、)、地方創生の話ともリンクします。 では、迫力一杯の写真とともにどうぞ。
旅行記

北海道の大自然を味わう 海産物だけじゃない魅力

毎年恒例の実家帰省。 北海道と言えば海の幸が有名ですが、実は隠れた名品が他にもあります。 海の幸と山の幸を楽しんできました。
旅行記

函館で飲むなら?五稜郭近くの本町?いやいやここは大門横丁でしょ

函館といえばイカそうめんや朝市でのうに丼いくら丼など、海産物が有名ですよね。 ところで最近は横丁ブーム(?)に乗っているのか、「大門横丁」に人が集っているそうです。 大門は昔は松田聖子がコンサートしたり、映画撮影に使われたり、地味に人気スポットだったのが、過疎化のあおりでちょっと元気がなくなっていたよう。 そこに現れた横丁で、ちょっと元気な函館を見てこようと思います! 写真多めのはしご酒レポ、ちょっと一杯やるつもりで1分ほどお時間をください。
旅行記

ホテルパコ函館別亭 天然温泉があるマンション暮し風のホテル

函館のホテルと言えば、湯の川温泉がメジャーです。 観光地に近いところでは大森町にあるホテルパコ函館(別亭)がアクセス良く、内装がとても特徴的だったので詳細レポ。 写真多めでさらっと読めます!
旅行記

京都駅周辺グルメ記事 「仏男(フレンチマン)」「京おでん だいすけ」「リド飲食街」レポート

夫婦で週末弾丸2泊京都旅行記です。 メインは「貴船荘」ですが、追加で京都駅近くのお食事レビュー記事を書きました。 京都のおでんは関東風とどこがちがうのか?何が珍しいのか? 宿泊先の京都タワーホテルアネックスから歩いて行けたお店の食事を詳細メモ。 以下、写真多目にしましたのでご覧ください、1分くらいで読めると思います。
旅行記

京都の嵐山(あらしやま)と伏見稲荷大社を散策

夫婦で週末弾丸2泊京都旅行記です。 メインの「貴船荘」のほか、嵐山と伏見稲荷大社へ行きました。 前回清水寺しか周れなかったので、観光を追加です。 嵐山は竹林を眺めるほか、久しぶりにお茶をたててみたく、体験コースを申し込み。 伏見稲荷大社はいわずと知れた、フォトジェニックな鳥居を撮影。 観光レポートっぽく写真多目にしましたので、1分くらいで読めると思います。