必見!ビジネス教育としての文化祭 やきそばを売ろう!

business

文化祭の伝統にはビジネスの基本がぎっちり詰まってました。

baron
baron
すらまっぱぎ。
丹志井商店へようこそ!

大学の文化祭、行った事ありますか?

露天をだして、いらっしゃいいらっしゃいと、みんなよくこんなことやるよなぁとおもいつつ、たまにしか食べられない露天の味を楽しむアレです。

へたっぴなバンド演奏やらちょっとDeepなJazz Caféやら、いろんな形態がありますね。

なんでも最近の大学祭は「完全禁酒」らしいですね??

祭りで禁酒・・・??

これも時代の流れなのでしょうか??

露天でも好きなのはやきそば。

それ売ってビジネスに消化させるには伝統が必要なようです。

文化祭でやきそば。

ありきたりですね。

大事なのはここからです。

ノウハウがきちんと承継されているあたり、慶応ぽいですね。

1.利益率が高いこと

2.材料費(什器費)はかけないこと

3.安く売ること

4.たくさん売ること

5.売れているアピールすること

6.奇をてらわないこと

7.待たせないこと

自分が大学1年生の頃、クラスで文化祭に出店しました。

確か、焼き鳥。

肉を買って、捌いて、串打ちして、安く提供。

そこそこ利益が出てたような気がします。

当時の大学際委員会担当者が乗り気でした。

勝手に参加表明したので、

やる気ない男子(理系なので98%男子)がいやいや対応した記憶があります。

最後のほうにはクラスに数少ない女性陣が

「ジュース売り歩き」

みたいなセクハラまがいなことも当時はまかり通ってました。

※会計担当に女性がいて、「これじゃ赤字!」気付いて、神風営業に出た記憶、、、

お祭り騒ぎは得意じゃありませんが、

今年からは時々、母校に顔出してみようかなと思います。

やきそばとJazzを楽しみに。

baron
baron
それではこのへんで。
てりまかし。
お読みいただきありがとうございました。 「いいね!」お願いします
最新情報をお届けします。
business
baronをフォローする
四季のブログ/丹志井商店

コメント