CERA試験の準備-1 試験の概要をまとめています

CERA試験はまだまだ日本ではマイナーな試験。
コロナ禍でペーパーテストからオンライン試験に変更になり、細かいルールが変わっているようです。
特に、オープンブック試験に変わったということでいわゆる「コピペ」に関する注意点が厳密に定義されています。
残念ながら英文しかないようですので、自分用に和訳しました。

(2022年CERA試験要項に従い、2022年7月執筆)

スポンサーリンク

CERA試験の概要

CERAになるには | アクチュアリー会

・筆記試験は9月〜10月開催(英国では4月にも開催ですが、日本は秋だけ)
・オンライン試験、オープンブック試験
・問題文は英語、解答は日本語(問題文の和訳は以前ありましたが、2022CERA試験はありません、、、)
試験の注意点(英文PDF)
以下、簡単に和訳。www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。
()書きで個人的な追記・メモをしています。

参考資料

IFoA 試験の受験中は、印刷物、電子媒体、オンラインを問わず、利用可能なすべての資料を参照することができます。

20. e-テンプレートや、既存の計算を含む電子ファイルは使用できません。
試験開始時に、必要なデータはすべて電子的に提供されます。
(エクセル等は使えません、ということか?)

21. 当社の試験は、知識、応用、高次スキルの両面から、アクチュアリーおよび数学のスキルをテストするものです。
試験は公開で行われますが、大学の課題やコースワークと同じように、外部資料(引用など)を使って答案をサポートするような方法で試験に臨む必要はありません。

22. 試験問題には、自分の言葉で答えることが期待されています。
参考資料や解答の裏付けとなる資料を試験会場に持参することは許されていますが、試験用紙の中に重要な外部資料があることは期待されていません。
(実際、オンライン試験なので何を見ても良い)

どうすればいいですか?

剽窃に関するIFoAのガイドラインに注意する必要があります。
試験の完全性を確実に保護するため、あなたの試験原稿はTurnitin®にアップロードされます。
Turnitinは、潜在的な剽窃や共謀を識別する業界をリードする技術です。
受験者の多くは、大学時代からTurnitinに慣れ親しんでいることでしょう。
Turnitinがあなたの論文から剽窃を検出した場合、調査が行われます。以下の点を考慮し、調査を行います。
a. IFoAがCoreReading、Acted Material、その科目の推奨図書から試験で見ることを期待している資料の使用は容認できるものか?
b. スクリプト内の盗用された素材の程度はどの程度か。
c. 確認された資料の中に、正しい参照元が含まれていたか?

スポンサーリンク

剽窃(plagiarism)とは何か?

a. 剽窃とは、意図的または非意図的に、適切な謝辞なしに、他人の作品または以前に評価した自分のオリジナル作品をコピーしたり、自分の作品に含めたりする行為です。
b. 最も一般的な形態の盗作は、他の出典から直接資料をコピーして貼り付けること、および/または複製することです。
これには、コア・リーディング・テキスト、Actedリソース、および/またはインターネットソースや教科書から直接入手した情報が含まれることがあります。
c. 十分に準備した受験生が、外部の情報源からコピーする必要はないはずで、しないことを望みます。
d. 試験問題の中には、「定義」、「原則」、「基本リスト」、「規則」などの基本情報を問うものがありますが、これらは復習の一環として暗記したものである可能性があります。
これらは、あなたの学習教材の内容と同一または非常に類似している可能性があります。
試験官や採点者は、このような問題に精通していますので、このような類似性が確認されたとしても、通常、盗用として調査されることはありません。
e. 基本的な情報の提示を求める問題でない限り、可能な限り自分の言葉ですべて回答することをお勧めします。
質問に答えるために、学習教材から直接引用した場合は、そのことを明記する必要があります
外部の教材を直接引用する場合、それはあなたの原稿全体のごく一部であることを忘れないでください。
f. 試験官は、あなたが学習した教材の大部分をそのまま解答に書き写すことを期待していません。
これは、盗作とみなされる可能性があります。誤解を避けるために、小さな修正を加えた学習教材の大部分を直接コピーすることも含まれます。

なぜ試験で剽窃が問題になるのか?

剽窃は、誠実さに反する行為です。
他の人の作品を自分のものとして渡すことは、不適切な行為であるだけでなく、学習プロセスを完了できなかったことを意味します。
剽窃は非倫理的であり、あなたの将来のキャリアに深刻な結果をもたらす可能性があります。
IFoA の会員は、アクチュアリー・コードを遵守しなければなりません。
あなたは専門的な資格のために勉強しており、私たちの職業は公共の利益のために行動する責任を負っています。
剽窃をする受験者は、私たちのプロフェッショナルな資格の理念を損なうと同時に、学習プロセスの重要な部分を失うことになります。
最初は、自分自身の意見を展開することが非常に難しく、事実を理解しようとするあまり、学習中の教材を言い換えてしまうことがあるかもしれません。
私たちはこのことを意識して、試験で限られた量の言い換えを許可しています。
私たちの試験は、学習を通じて培った知識の応用を実証できるように設計されています。
批判的に評価し、異なる議論を検討し、自分自身の結論を提示することを学ぶことで、独立した思想家となることが期待されています。

剽窃には、以下のようなさまざまな形態があります。

1.明確な謝辞(acknowledgement)を伴わない一字一句同じ内容の引用
引用する場合は、必ず出典を明記しなければなりません。また、どの部分が どの部分があなた自身の作品であり、どの部分が他の資料の引用であるかが、試験官から見て明らかでなければなりません。明らかにしなければなりません。
多くの受験者が、試験で使用するためにコア・リーディングから重要な事実を学んでいると理解しています。
定義や原理を列挙するなどの内容が求められる問題では、これを再現しても構いません。試験官や採点者はこのような問題に慣れているため、定義や原則の記載が必要な問題でこれを再現することは可能です。通常、引用された内容のごく一部が含まれている場合は調査されません。

2.明確な謝辞のないインターネットからのカット&ペースト
インターネットから得た情報は、試験問題の解答の横に、URLも含めて適切に参照しなければなりません。

3.パラフレーズ(Paraphrasing)
次のような場合、単語を少し変えたり、順序を変えたりすることで他人の作品を言い換えることは、剽窃にあたります。使用した著作物に対して適切な謝辞を述べない場合、盗用となります。
自分の試験の答案で、元の資料について少し言及するだけでは十分とは言えません。
言い換えた文言が完全に自分のものであるかのような誤解を与えないようにしなければなりません。誤解を招かないようにしなければなりません。内容に関する質問に答える際、通常、調査されることはありません。定義や原則のリストなど、引用された内容のごく一部が参照されることなく含まれるような内容に関する質問では、通常調査されません。を参照する必要はありません。
試験問題に答えるとき、試験官は、あなたが試験で提示された情報を批判的に評価し、分析することによって、そのテーマについて真に理解していることを示すことを求めています。試験問題に解答する際には、試験で提示された情報を批判的に評価・分析することで、あなたがこのテーマを真に理解していることを示すことが求められます。

4.専門機関や他の人が書いた資料の利用
自分の作品を作る際に、専門機関を利用したり、自分のために書かれた資料を提出したりしてはいけません。
また、本人の同意があったとしても、自分のために書かれたものを提出してはいけません。

剽窃(plagiarism)を防ぐには

a. 試験のために提出する作品は、必ず自分のものでなければなりません。

b. b. 定義や原則のリストなど、あなたが記憶している可能性がある内容を問う問題では、通常、そのような類似性が確認されても、盗作として調査されることはありません。他のタイプの問題に答える際、あなたの回答に他人の著作物である引用、理論、アイデア、データ、その他の資料が含まれている場合、出典を確認するためにあらゆる妥当な措置を講じる必要があります。
これには、すべての教科書、学習教材、インターネット上の情報源が含まれます。

c. 誤解を避けるため、IFoA Core ReadingやActed Materialと類似した文章を単独で使用する場合は、参照元を明記しなくても構いません。大量のコピー&ペーストは、参照するかしないかに関わらず、剽窃とみなされる可能性があります。

スポンサーリンク

オープンブック試験のガイダンス:参照と引用の使用方法

a. 自分自身のものではないことを認識することは、あらゆるビジネス活動において基本的な要素です。
試験も同様で、オープンブック環境では、教科書、コア・リーディング、インターネット・サイトから直接素材を使用する場合は、参照する必要があります。参照すべき資料には、定義、リスト、表、チャート、または自分の言葉で書かれていない資料が含まれる場合があります。定義や原則を列挙するような内容が要求される場合、試験官や採点者はこれらの問題に精通しており、通常、参照せずに少量の引用を含んでいても調査されることはないことに留意する必要があります。

b. 自分の作品でないものを参照する方法はさまざまですが、試験の目的からすると、採点者が使用している作品の出典を特定できるような、シンプルな参照システムを求めています。

c. 例えば、IFoA SA7 Core Reading 2020, Unit 2, Page13 のような簡単な参考文献が考えられる。 パラグラフ 3.4. c. 例えば、IFoA SA7 Core Reading 2020, Unit 2, Page13, Paragraph 3.4. を参照する。インターネット上の資料の場合は、次のように記述します。
フォーマット: https://www.economist.com/leaders/2021/03/31/message-in-a-bottleneck

d. 剽窃を避けるために重要なことは、自分のものでないことを認め、その資料がどこから来たのかを採点者に示すことです。
すべて自分の言葉で答えることをお勧めします。自分の言葉で答えることをお勧めします。

CERA試験合格体験記等

CERA試験 合格体験談(2017年執筆);

404 Not Found|忍者ブログ

CERA試験StudyGuide(2011年執筆);

CERA試験のStudy Guide : The アクチュアリー
コースノートを読む前にStudy Guideをしっかりと読め、と書いてあるので、本ブログにメモ。ST9のコースは6つのパートから成る。どのパートも似たような長さ。ActEdは勉強をサポートしてくれる。その内容は、コースノート、2冊のテキスト、2冊の参考図書、過去問を含む問題集

アクチュアリー試験合格体験記等

過去の経験を書いてみましたので読んでみてください。
過去の記憶ですが、何かの役に立てると思います。転職にも有利になりますし、頑張りましょう。

baron
baron
それではこのへんで。
かんたんプロフィールへ
お読みいただきありがとうございました。 「いいね!」お願いします
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
business
baronをフォローする
四季のブログ/丹志井商店

コメント