会社を辞めたいとき。独立したいとき。

business


//サラリーマン、
//辞めたいとき、
//どうする?

*****

すらまっぱぎ。
丹志井商店へようこそ!


新卒入社で会社員を始めて13年ほど経ちました。
転職は2回。
会社を辞めたいと思ったことは数知れず。

いま、いろいろ副業を模索してますが、会社員をすっぱりやめる予定はありません。

まあこんな気持ちになることもありますけど、、、

なぜ、会社を辞めないのか。

それは、会社員であることのメリットもそれなりになるからで、それをきちんと活用したいと思うからです。
逆に”活用しきれないな”と感じたら、さくっと辞めちゃうと思います。

会社員であることのデメリット

これは挙げる必要もないかもですが、、

一度しかない人生

このフレーズ、よく聞きますけど、いまいちピンとこないんですよね。
会社帰れば何か変わるはずですし、環境の変化は自分を変えるタイミングでもあります。

まあ、一度なんでしょうけど、ここまですっぱりと辞められるのはあっぱれでございます。
自分はいま、会社辞めてまでやりたいことがないので、さくっと辞められる人が若干うらやましかったりします。

サラリーマンやってると、やっぱし人間関係で悩む方は多いですね。
さくっとやめてしまえばよいと思うのですが、それほど単純な話じゃないのでしょう。

そもそも、転職にはエネルギーが要ります。
新卒採用の時の数倍近くエネルギーを持っていかれる感じがしました。
なにせ、勤務時間外のフリーの時間を削って情報収集し、エージェントと面談し、方向性を確認したうえで、次の職場を探すわけです。
新卒採用は、なんて恵まれた制度なんだろうと感じます(当時はそう感じました)。

それでいて、採用されるかどうかはマッチングとタイミング。

自分は、競り負けたことが何度もあったので、この

”決まらない”

辛さはよくわかります。
最終面談で競り負けたときの無念さよ。。。

いちど転職すると、見えてくる世界はかなり変わります。

会社員を続け、適度なタイミングで転職をして、最適解を模索し続けるは一つの手です。

大変ですけどね。
業界そのものの存続が危ぶまれるような、まさにサラリーマン戦国時代にひたひたと進んでいるような気がします。

転職漫画といえばエンゼルバンク。
転職市場の実態を生々しく描いています。
もしかしたら今の実態と齟齬が出始めているかもしれませんが、あと数年くらいは使える知識が書いていると思います。

会社員であることのメリット

さてメリットって何でしょうか?

自分の答えはただ一つ、

”意外と楽だから”

です。

楽なわけねーだろ!

と叱られそうですが、ちょっと待ってみてください。

  • 厚生年金
  • 健康保険
  • 雇用保険
  • まるっと社会保険と呼びましょう。
    これらの仕組み、理解してますか?
    給与明細の中身、全部説明できますか?

    フリーランスは、全部、セルフですよ?
    掛け金払わなかったら、老後の年金がもらえないかもですよ?
    保険料払ってなかったら、病院行ったら全額負担ですよ?
    (普段の医療費は原則3割負担で済んでますよ?)

    12月の給与がちょっと多い理由は、会社が年末調整を”やってくれている”からです。

    セルフでゼロから確定申告できますか?

    実はサラリーマンのこのあたりのシステム(搾取構造)はとてもよくできていて、上手に活用すればとても楽なんです。

    ・勤め人としての信用

    住宅ローンの審査とかクレジットカードの審査、あれは会社員・正社員・5年以上勤務とかなら結構余裕なんです。

    年商が億に近い経営者の方がボヤいてましたが、中小企業経営者はなかなか住宅ローンが通らないそうです。
    通るとしても条件付きだったり(頭金何割とか)。

    住宅ローンそのものの是非はありますけど、ここでの論点は、それだけサラリーマンの信用構造が良くできているということです。

    ・強制力の効用

    毎朝定時に出勤してきちんと仕事する。
    これってけっこうすごいことなんですよね。
    習慣の力。

    この方は、サラリーマンやりつつ、本業以上の稼ぎをたたき出してますが、勤め人は続けるようです。
    まさに現代的な働き方。

    ・副業の模索

    サラリーマンとしての副業はとても幅広くできます。

    相性良いと感じるのは、

  • ネット販売・アフィリ
  • 輸入転売
  • ブログ
  • 不動産(信用力が高い)
  • でしょうか。
    困ったら、全部やればよいと思ってます。
    相性はありますから、同時に初めて負荷をかけて、それでも続くものだけ残して他はサクッと辞める。

    それでも本業の稼ぎで生活はできるため、行き詰ることはないはず。

    ※不動産は、何かあるとリスクが顕在化してちょっと怖いですが。。

    サラリーマン 2.0??

    会社員の副業を後押しする流れですよね。

    嬉しいような、悲しいような。

    一つの会社に入り、定年まで昇給し続けて老後も安泰というわけにはいかないようで、困ったもんです、、

    副業が全面解禁(これくらいしないとみんな副業やらんから)になった瞬間、また格差が広がるように思います。
    稼ぐ人とそうでない人の差がその時にぐっと広がるのでしょうか。
    日本の治安が悪くならなければ良いのですが、、、

    そんな中でも家族を大事にして、日々の小さな幸せを噛みしめて生きていきたいなぁと思うのです。

    以上のネタは、こちらの本に凝縮されてます。
    けっこうおすすめできる内容ですのでぜひ。


    特に黄金の羽のほうは、実例がいろいろあるので参考になると思います。

    お読みいただきありがとうございました。 「いいね!」お願いします
    最新情報をお届けします。
    business
    baronをフォローする
    四季のブログ/丹志井商店

    コメント