副業2.0時代!セミナー講師をやってきました。

business
baron
baron
丹志井商店へようこそ! 
かんたんプロフィールへ


副業セミナーへ参加、
講師も経験してみました。
なんとテレビの取材も

某副業コンサルのセミナーに行ってきましたのでメモ。

今回も活気あるネタが披露されました。

副業コンサルを主宰しているのは高山くん。

彼の詳細はこちらのHPに記載されてます。

どっかの会社で同期だった気がするが、きっと別人な気がする。

*

高山くん
高山くん

本日もよろしくお願いします!

baron
baron

うい。

てゆーか場所わかんねーす。

時間に遅れること約30分、やっとセミナー会場へ到着。

すでにテレビの取材が入って、勉強会が始まっている。

この勉強会に来るのはかれこれ5回目くらいだけど、取材は初めて。

それだけ世間の目が副業に向いているんだろう。

 

一時間ほど経過。そろそろ出番か??

 

高山くん
高山くん

それでは次、副業の確定申告ネタをお願いします!

baron
baron

ういす。

よろぴこ。

 

副業セミナー、講師初体験

baron
baron

うい、よろぴこたのむぜ。

では行くぜ。

今日は、自分の経験から、副業を実際に行うにあたって、節税の観点からできることをお話したいと思います。

これまでの投資、副業についてはこんな感じです。

高山くん
高山くん

(オーディエンスへ)ちょっとまって、副業で不動産投資は今やってる人いる?

あ、いるんだ!

(何名か手が上がる)

高山くん
高山くん

で、不動産はどれくらい買ってるの??

baron
baron

・・・・それはシークレットだ、、、

とりあえず、興味ある方は、こちらを読んでみてくれい。

まあ、そこそこ買っていることがわかるはずだ。

おかげで、税金にはけっこう詳しくなてしまったぜ。

さて先に進みます。

何気に大事だと思うのがこれ。

納税は、国民の義務!

義務です!

マイナンバー制度が施行されて、もはや逃げられません。

なので、制度をきちんと理解して、節税するのが良いのかなと。

 

実例をお見せしながら説明しようと思います。

baron
baron

ところで確定申告、経験の無い方、いらっしゃいますか???

高山くん
高山くん

あれ、あなたやってなかったっけ??(会場笑)

副業開始して利益でたら、原則、確定申告をするのがルールです。
ですが、年間20万円までなら申告しなくて大丈夫です。
※年末調整していることが前提

節税については、自分とは無縁と考えている方が多いのですが、実はそうでもありません。
サラリーマン年収が高くなくても、副業を始めて、転売などでヒット商品を見つけたりすると、利益が爆発的に増えることが考えられます。

  • 年収500万
  • 副業ゼロ
  • の状態から、副業を始めて、その年収が300万とすると、

  • 年収500万
  • 副業年収300万
  • 合計年収800万
  • です。
    一気に高所得層に突き抜けることになります。
    なので、今から準備し始めることを勧めてます。

    イメージ、こんな感じです;

    baron
    baron

    確定申告、なかなかめんどいです。
    自分のものになるまで時間がかかります。

    私自身、確定申告は全て自力でやってます。
    税理士さんはちょっとあたりはずれが大きいのと、結局、自分で理解しておかないと調査が入ったときに困るからです。

    ですので、今日、お伝えしたいことの一つは、経費・税金についても頭の片隅に入れておいてほしい、ということです。
    転売リサーチなどに注力するのが基本だと思いますが、そのうち3%くらいでけっこうなので、税金も意識してみてください。

    baron
    baron

    次から使えるかもしれない控除のテクは、

    たとえばこんなのがあります。

  • ふるさと納税
  • 401k(iDeco)
  • 扶養控除
  • ご家族がいらっしゃって、扶養範囲に入れられる場合があります。
    たとえば、祖母の扶養は今まで父に入ってましたが、今回から、私の扶養に変更しました。

    その方法、会社に断られたことがあるんですが・・・??

    会社の健康保険は、加入要件が厳しいと思います。
    特に、同居しているかどうかといった要件を厳しく見られます。

    一方、所得税法上の扶養範囲は、もう少し広く取ることができます;

    納税者と生計を一にしていること

    これが最大の要件ですね。
    参考;国税庁HP
    なので、同居かどうかは問われません。
    仕送りの事実などがあれば大丈夫です。

    *
    ふるさと納税は、いつまである制度かわかりませんので、今のうちに活用しておくと良いと思います。

    あとは資産運用を兼ねて、401kも良いでしょう。
    税制上、かなり優遇されてますし、没収されない資産になります。
    唯一のデメリットは、60歳の年金開始まで、引き出しができないということです。

    baron
    baron

    事業所得と雑所得の違いにご注意。

    副業をやる上で税金は悩ましいところですが、
    お勧めしたいのは、

  • 青色申告の届出
  • 開業の届出
  • を事前に届出したうえで、

  • 事業所得として申告
  • です。

    ここで、事業所得と雑所得の違いについて整理します。
    転売の収益が大きくなり、規模が自分の年収を超えそうな場合、事業所得として認められる可能性があります。

    事業所得の要件は、

  • 一定規模の収入が継続して得られること
  • 相応の労力を要する
  • 人や設備を投入している
  • 職業として認知されている
  • 生活の糧となっている
  • です。

    確定申告そのものは、事業所得として(言い張って)提出することができます。
    が、後々、税務調査などで上記の要件が認められなければ、修正申告(出しなおし)の可能性が高いです。

    なので、副業の利益が年収に届きそうになるまでは、雑所得として申告するのが無難かもしれません。

    *

    また、青色申告の届出を出して、白色に戻したりすることも認められているようです。
    (とある税理士から聞きましたのでおそらく事実)

    このように、いまからできることはたくさんあります。
    日々のリサーチや転売にあわせて、税金についても検討してみてはいかがでしょうか。
    ※困ったら税理士にご相談してみましょう。

    以上、ご清聴ありがとうございました!

    baron
    baron
    それではこのへんで。
    サイトマップへ

    にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ

    お読みいただきありがとうございました。 「いいね!」お願いします
    最新情報をお届けします。
    business
    baronをフォローする
    四季のブログ/丹志井商店

    コメント

    1. […] 自分は確定申告でちょっとセミナーで話すくらいの経験値が貯まってきましたが、 確定申告については、まずは自力でやってみることをお勧めしてます。 […]