きょうだい欲しい人必読!出産のリアルを話そう(下の子編)

Life-Style

長男出産編からのつづきです。

高2で出産した子が3歳になり、
4月から幼稚園に通いだした。

お友達もできて、
仲良く楽しい幼稚園生活を送っていた秋頃。

「ねーねー、お母さん。
僕、きょうだいが欲しい」

と言い出した。
いとこもいない一人っ子の彼は、
同級生の9割以上には、
兄弟がいたせいもあり憧れているよう。

二人目は考えていたが、
キリ良く5歳違いでと考えていたため、

私「そうかぁ、きょうだいがほしいのかぁ。
でもすぐにはきびしいなぁ」

子「じゃあさ、お母さんがきびしいなら、
僕がサンタさんにお願いするよ!」

なんて純真なお願いなんだ。。。

私「。。。サンタさんも準備があるから、
違うものもお願いしておいたら?」

そして楽しいクリスマス・年末年始を過ごし、
バレンタインデーに色めきだち、
ホワイトデーを迎える頃。

規則正しく来ている生理が来ない。

まだ私の計画には早いのだが、
心当たりがある。

さっそく妊娠検査薬で確認。

結果は陽性。

ぬか喜びさせてはいけないので、
息子には話さず産婦人科へ。

計画より早いけど(笑)妊娠確定。

予定日は12月24日。

サンタさん。。。
やってくれましたね。。。♡

帰宅後、息子に報告。
これが世にいう狂喜乱舞か、
と思うほどの喜びようwww

そして人生2度目の妊娠生活に突入。

1度目とはこんなにも状態が違うのかと、
驚くほどの悪阻。

それまで1食でご飯4杯たいらげていた私が、
1粒も口にできない。
(ちなみに太い方ではない)

匂いにも敏感になり、
炊飯器はもちろん、
冷蔵庫すら開けられない。

家事も幼稚園の送り迎えもままならない。
入浴も辛いため、
長かった髪はショートカットにした。

あまりに食事が摂れないため、
母子ともに栄養状態が気になり、
検診時に入院や点滴は必要ないか?
と、医師に聞いたところ

「今まで蓄えてるから大丈夫だよwww」

素直に安心できないんですけど。。。

安定期を過ぎて出産が近づけば、
悪阻も楽になるだろうと考えていたが、
一向におさまらない。

もちろん体重も増えないので、
マタニティ服も必要ない(笑)

悪阻はおさまらなかったけど、
幸い周りの快い助けがあったのが幸いだった。

(つづく)

お読みいただきありがとうございました。 「いいね!」お願いします
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
Life-Style
baronをフォローする
四季のブログ/丹志井商店

コメント