Jamiroquai/Cosmic Girl(ジャミロクワイ/コズミックガール)を復習してみる

baron
baron
丹志井商店へようこそ! 
かんたんプロフィールへ

懐かしい青春の曲っていろいろあると思います。
自分はグローブとか好きですが、ジャミロクワイのコズミックガールも結構好きで。
何言ってるかよくわからんけどグルーブの効いたサウンドとリズム感。

というわけで改めて和訳したり意味を味わってみようかと。

出典情報

Jamiroquai
“Cosmic Girl” (1996年)
ジャミの中でも有名な曲ですね。

ライブバージョンがかっこいい

こちらはYouTubeから。
割と原型留めてない感がありますけど、世界観としてはライブの方が良さそうな。

Jamiroquai – Cosmic Girl (Live in Verona)

聞いてて独特なのは、サビがない(全部サビ?)と感じるところ。
コズミックガール、って何度も出てきますが、テンポはそこまで変わらない。

なんだか、味わうのが難しそうな曲かも??

Cosmic Girl(コズミックガール)の歌詞

坦々と、訳してみましょう。
大前提として、宇宙と少女がキーワードになりますが、さて本当に宇宙の話なのでしょうか?

※パソコン環境ですと、日本語英語が横に並ぶのでお勧めです※

直訳バージョン
僕は死んで天国に行ったんだと思う
だってその時は11:15だったから
1999年の土曜日のこと
僕が立っているちょうど向こう側、
ダンスフロアに彼女は降り立った
彼女が違う時空から来たってことははっきりわかったよ
SFコミックのバーバレラ(*)みたいに
星を彼女の傘にして
磁気がほしくない?って彼女は俺に聞いた
僕はスタートレックみたいに冒険するべきかな
だって君のことをよく調べないと
彼女は宇宙的な目で僕にレーザービームを送った
I must’ve died and gone to heaven
Cos it was a quarter past eleven
On a Saturday in 1999
Right across from where I’m standing
On the dance floor she was landing
It was clear that she was from another time
Like some baby Barbarella
With the stars as her umbrella
She asked me if I’d like to magnetize
Do I have to go star-trekking
Cause it’s you I should be checking
So she laserbeamed me with her cosmic eyes

(*)バーバレラ??
1962年にジャン=クロード・フォレによって作られたフランスのSFコミックおよび、主人公の女性キャラクターの名前
(Wikipediaより)

上記は割と直訳したような感じです。
なんとなくですが、これはある少年の妄想と考えたらとても綺麗に整理できそう。
ある少年は、ある少女を大好きで、手の届かない存在。
遠くから見ることしかできない、宇宙のような。

と、甘酸っぱい青春時代をイメージして思い切り意訳するとこんな感じでしょうか?

意訳バージョン
僕は君を見て、恋に落ちたんだ
その時は夜中の11時過ぎ
1999年の土曜日のこと
僕が立っているちょうど向こう側、
ダンスフロアに彼女は降り立った
彼女に手が届かないなんて、わかってるよ
SFコミックのバーバレラ(*)みたいに
星を彼女の傘にして
磁気がほしくない?って彼女は俺に聞きたかったんだ
僕はスタートレックみたいに冒険するべきかな
だって君のことしか目に入らないんだ
彼女は僕を一瞥して去っていったよ
I must’ve died and gone to heaven
Cos it was a quarter past eleven
On a Saturday in 1999
Right across from where I’m standing
On the dance floor she was landing
It was clear that she was from another time
Like some baby Barbarella
With the stars as her umbrella
She asked me if I’d like to magnetize
Do I have to go star-trekking
Cause it’s you I should be checking
So she laserbeamed me with her cosmic eyes

ちょっと意訳し過ぎかも知れませんが、歌詞全体が比喩と思えば、なかなかしっくりくるのではないでしょうか。

続けてみてみましょう。

直訳バージョン
彼女は宇宙の女の子
違う銀河からやって来た
僕の心は無重力になる
彼女は宇宙の世界からやって来た
僕を有頂天にさせる
僕の周波数で通信する
彼女は宇宙的
She’s just a cosmic girl
From another galaxy
My heart’s at zero gravity
She’s from a cosmic world
Putting me in ecstasy
Transmitting on my frequency
She’s cosmic

これも直訳的なので、青春真っ盛りの少年になって意訳してみます。

意訳バージョン
ヤバい、彼女、最高
この世のもんじゃねえ
心は全部奪われちゃったよ
ヤバい、彼女、最高
見るだけで狂いそうだ
僕の言葉は通じない
ヤバい、彼女、最高
She’s just a cosmic girl
From another galaxy
My heart’s at zero gravity
She’s from a cosmic world
Putting me in ecstasy
Transmitting on my frequency
She’s cosmic

次のフレーズに行きましょう。

直訳バージョン
僕は全部のレーダーを走査している
彼女は点に見えるほど遠くの天体から来たと言った
4万ミリオン光年も離れた場所
遠く離れた太陽系だ
電話をかけようとしたけど、彼らには聞こえないみたいだ
だから彼女に電話番号を聞いた
すると”私のトランスポーターに乗って”、と彼女は言った
“そうすれば私はあなたをテレポートできるから
私の天体の辺りまでね”って
未知との遭遇みたいになりそうだよ
ジタバタしないように気を付けないと
彼女の可愛い顔を見ると、僕は宇宙空間に行ってしまう
I’m scanning all my radars
We’ll she said she’s from a quasar
Forty thousand million light years away
It’s a distant solar system
I tried to phone but they don’t list ‘em
So I asked her for a number all the same
She said, step in my transporter
So I can teleport ya
All around my heavenly body
This could be a close encounter
I should take care not to flounder
Sends me into hyperspace, when I see her pretty face

Sends me into hyperspace, when I see her pretty face

このフレーズが、ライブ版ではコーラスで歌ってますね。
盛り上がるところの一つです。

さて歌詞は、手の届かないはずの少年がなんと話をしてますね。

意訳バージョン
僕は全力で君の事を調べているよ
彼女は手の届かない存在なんだ
4万ミリオン光年も離れた場所
遠く離れた存在
電話をかけようとしたけど、通じないんだ
だから彼女に電話番号を聞いたんだ
すると”私についてきて”と彼女は言った
“ちょっとだけなら遊んであげてもいいわよ”って
頭パンクしそうだよ
カッコ悪いところは見せられない、
彼女の可愛い顔で、昇天しそうだよ
I’m scanning all my radars
We’ll she said she’s from a quasar
Forty thousand million light years away
It’s a distant solar system
I tried to phone but they don’t list ‘em
So I asked her for a number all the same
She said, step in my transporter
So I can teleport ya
All around my heavenly body
This could be a close encounter
I should take care not to flounder
Sends me into hyperspace, when I see her pretty face
baron
baron
それではこのへんで。
サイトマップへ
お読みいただきありがとうございました。 「いいね!」お願いします
最新情報をお届けします。
Life-Style
baronをフォローする
四季のブログ/丹志井商店

コメント