ネットにおける誹謗中傷について

Life-Style


//ネットでの書き込みに注意
//訴訟案件が増加
//気を付けるには?

*****

すらまっぱぎ。
丹志井商店へようこそ!

主にTwitterが多いと思いますが、
ネットでの書き込みに注意です。

匿名アカウントからの誹謗中傷が、訴訟に発展するケースがとても増えているとか。

すでに、弁護士業界では次のビジネスとして有望になってきているような気配があるようです;

大抵の方は、弁護士とか訴訟なんて他人事かもしれませんが、リツイートしただけで共犯扱いになるというのがなかなか厳しいところ。

*

インフルエンサーの方は、日々、誹謗中傷と戦っているのでしょう。

PV多いのはうらやましい限りですが、ストレスも同時に増えるのでしょうか。
自分は炎上以前にバズったこともないので未体験ゾーンです、、、。

こういった方々が時代を引っ張って行って、無益な誹謗中傷が減れば良いですね。

高須さんも激おこですね。

*

被害にあわないために

簡単な話ですが、誹謗中傷をしなければよいのです。
ただし、Twitterのリツイートが共犯扱いになるのはかなり注意が必要です。
これ、いいね!とは違うようですのでややこしい。

ちょっと思いつきですが、指針としては、

  • 批判,意見するなら建設的に
  • 特定の個人を攻撃しない
  • ライングループでも同様
  • 上記に該当しそうなツイートや意見はスルー
  • 建設的な言論展開はネットのマナーだと思っていますが、感情だけで動くとろくなことが無いようですね。

    今後はカジュアルに弁護士使うような事が増えてきて、法律に関する知識は必須になってくると思います。

    *

    こんな詐欺みたいな手口もあるようなのでご注意!

    それではこのへんで。
    てりまかし。

    ☆☆ 関連記事 ☆☆

    破産関連

    お読みいただきありがとうございました。 「いいね!」お願いします
    最新情報をお届けします。
    Life-Style
    baronをフォローする
    四季のブログ/丹志井商店

    コメント