キラキラ大家さん、共食い大家さん、利益ファースト大家さん。健美家楽待大家の不動産投資家のはずがなぜこんなことに?

不動産
baron
baron
丹志井商店へようこそ! 
かんたんプロフィールへ

キラキラ大家?
サラリーマン大家さんに危機が訪れそうですね。
不動産投資バブルは終焉か??

キラキラ大家さん??」うすうす気にはしてましたが、発端はこちら。

すごいパワーワードが出てきました

  • 共食い大家さん
  • キラキラ大家さん
  • 大家さんが共食い??

    さて、なにが起きているのでしょうか??

    取材体験交えてまとめてみます。

    この5年ほどで、サラリーマンに対する不動産融資が拡大して、サラリーマン大家さんが量産されました。

    それは、無料セミナーなり副業の後押しなり、
    高収入サラリーマンへ売り出す業者が跋扈し始めたからですね。

    デフレの時代でこれからのインフレに備える資産として、将来の自分年金として、などなど。

    かの、かぼちゃ事件も同様です。
    狙いは高収入サラリーマン。

    あとは業界内・銀行間・支店間の競争も激しいのでしょうね。

    もともと、法人スキームを通じて、
    1物件1法人という変則的な融資スタイルに警鐘を鳴らす大家さんはいました。

    その裏側で、法人スキームを通じてコンサルを手掛ける「サラリーマン(セミ)リタイヤ大家さん」が急増していたことも事実のようです。

    キラキラ大家とは?

    SNS(たぶんFacebook限定??)などで、優雅なライフスタイルをひけらかして、
    物件買えばあなたもこうなりますよ的な煽りをして買わせるそうです。

    個人的に感じることとして、不動産業界はいろいろ遅いです。
    未だにFacebookしかSNS知らない人とか結構いますし、比較的高齢の方、ハイスペックな方が多い印象です。
    なので、こういった1世代遅れの手法がまかり通るのでしょうか・・・?

    人口減少と都内への集中が進む昨今、
    かぼちゃ事件のこともあり、
    サラリーマンが今まで通りの融資を受けることは厳しくなりそうです。
    フルローンなどはもう厳しくなるのでしょう。

    あとは日本円の価値低下やインフレなどで不動産の価値が上がれば良いのですが、
    2020年東京五輪問題、
    2022年生産緑地問題、
    など、不安要素しかないですね、、、。

    サラリーマン大家さんがきちんと収益を出し、売り抜けてくれれば良いのですが、
    スルガの改竄事件などもあって、
    日本版サブプライム的なことが起こらなければよいですね。

    キラキラ大家は誰がなる?

    「サラリーマン(セミ)リタイヤ大家さん」が曲者ではないか?

    サラリーマンの属性を活かして、法人スキームと個人の融資で10億近い融資をうけ、その後、リタイア。
    そして皆さん、不思議なことに、勉強会講師やらコンサルやら、別途活動を始めます。
    (個人的には不思議でしょうがないのですが、、、)

    このコンサルが、共食いの始まりです。

    リタイアするまでに、多様な業者との交流を深めて、
    キックバックの約束などしているのでしょう、
    コンサル生に物件を勧めちゃうそうです。

  • コンサル生は物件買えてHappy
  • 業者は売れてHappy
  • 自分は紹介手数料を業者から受け取ってHappy
  • となるはずなのですが、、、。

    まあ、あとはお察しの通りで、要はそのコンサルやる方も、カツカツなのでしょう。

    baron
    baron
    それではこのへんで。
    サイトマップへ

    にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ

    お読みいただきありがとうございました。 「いいね!」お願いします
    最新情報をお届けします。
    不動産
    baronをフォローする
    四季のブログ/丹志井商店

    コメント