ローン返済が不安なあなたへ

不動産

すらまっぱぎ。
丹志井商店へようこそ!

著名大家さんの投稿をシェアいたします。
ご参考にしてください。

元の投稿はこちら
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1641576409243494&id=100001734511271

☆☆以下、全文引用☆☆

【ローンの返済が出来なくなった、先行き不安な方へ】

2月3日の記事で申し上げたように、先行き不安になったら致命傷にならないうちに早期に売却をお勧めします。
後々後悔します。そもそも、ローンの返済比率が60%を超えてくると危険です。

返済が出来なくなったら、先ずは銀行に相談してください。
返済するために高い金利のところで借りて返すなど論外です。
先ずは借りている銀行に相談する。

一番危険なのは勝手に返済を止めることです。
かぼちゃの事件に便乗して、単独で記事のようなことはしないで下さい。
返済が滞れば所有する物件に差押え登記されます。
そうなると入居者に差押えをされている旨の通知が行きます。
そんな物件には住みたくないという人も出てくるでしょうから
空室が増えます。差し押さえ物件に入りたい人も少ないでしょうから
入居募集にも苦労します。

先ずはローン残高を超える金額で売りに出す。
ここで大事なのは欲を出さないことです。通常はローン残高を超える
金額で売るのは難しいでしょう。
ローン残高以下で売却する場合、銀行との話し合いになります。
ここは仲介業者さんにも入ってもらって依頼してください。

責任を取りたくない銀行にあたってしまった場合、ノラリクラリされる状態になることも予想されます。条件変更、リスケジュールという名の先送り。
お互いぬるま湯状態の方がいい、というわけです。

将来の見通しも立たないのに、血を流すのを先送りしても、明るい未来などありません。
バブルが崩壊して失われた20年がそんな時代でした。

しかし、そんなゾンビのような生活にあなたは耐えられますか?
それで幸せですか?

銀行に頭下げて、きちんと手持ちの資金を出しても売る。
これが基本です。

マイナスの価格でしか売れなかった場合でも残りの債務は消えません。
債権は債権回収会社(サービーサー)に売却されることが多いのですが、
今度はそのサービサーとその債務の返済について話し合うことになります。

月1万とか2万とか返せる範囲で支払う。
自己破産したわけではありません。

失敗は誰でもあります。
人生いくらでもやり直せます。
先を明るく見て、頑張って下さい。

☆☆引用ここまで☆☆

この方はメガバンク勤務の経験をお持ちなので、ローン返済が滞った状況を沢山見てきたのでしょう。

言葉の重みが違いますね。

自分の勉強がてら、専門用語を少しばかり調べてみました。

  • 返済比率

家賃収入に対する、ローン支払の割合です。
これが50%越えると、せっかくの家賃収入が、半分以上なくなることになります。

  • 条件変更、リスケジュール

金利の引き下げによる、ローン支払の緩和が条件変更にあたります。
また、元本返済を一定期間行わない事や、元本返済を後にずらす事を指します。
今回のスルガ銀行の件では、1年程度、金利だけ支払うような対応が多いようです。

  • 差し押さえ

ローンの担保として、物件に抵当が付きますが、それを銀行に持っていかれる、ということです。

全体像として、銀行支払が滞ると良いことなんて1つも無さそうです。

無事に支払うのが優先ですが、記事にあるように、逃げ道がなくならないよう、マメに相談して行くのが無難なのでしょう。

それではこのへんで。

てりまかし。

お読みいただきありがとうございました。 「いいね!」お願いします
最新情報をお届けします。
不動産
baronをフォローする
四季のブログ/丹志井商店

コメント