法人スキームとは? 著名大家さんからの警鐘。

不動産
baron
baron
丹志井商店へようこそ! 
かんたんプロフィールへ

著名大家さんからの警鐘です。

ある大家さんが、昨今の不動産投資(融資)について警鐘を鳴らしていますのでご紹介。
原則本文通りですが、読みやすさを考慮して一部改行等を入れています。

正直なところ、中身はよくわかってない部分がありますが、著者の希望により少しだけ拡散してみようと思います。

登記簿図書館の話など、他の業者と一風変わっているはずです。

8月29日の記事に関し、たくさんの方からメール・メッセンジャー等で質問・罵倒を頂いています。本来ならそちらで個別にお答えすべきでしょうが、こちらでシェアします。

そもそも問題にしている法人スキームって何?

個人の信用情報は、個人信用情報機関に登録され、借り入れ状況は記載されるのですが、法人の場合はそのような仕組みがありません。
したがって、他の資産管理法人で融資を受けているのを隠して新設の資産管理法人を立ち上げ、融資を受けて物件を買い進めて行く行為です。
この手法で10棟も20棟も買い進めているサラリーマン大家・医師がいます。

銀行から聴かれなかったから言わなかっただけです。詐欺ではない?

知り合いの弁護士さんに聞いたところ「偽計業務妨害罪」に当たるのではとおっしゃってました。
銀行の錯誤・不知を利用し、銀行の業務を妨害し利益を毀損する行為、とみなされる可能性大だそうです。
立証が難しく刑事罰に問われなかったとしても、期限の利益の喪失、つまり一括返済を求められるケースも出てきました。
私の知ってる範囲では福岡銀行・オリックス銀行。
この手の話は表に出てきません。
実際は既に多くの事例がある可能性があります。
是非情報お寄せください。

コンサルが「期限の利益の喪失」とほざいているが、期限の利益喪失には該当しない

「多法人スキームは期限の利益を喪失する?!ナイナイ」(8月29日ブログ・〇クメン大家)

貴方が主張している法律解釈を、実際に銀行に呼び出された個室で、回収のプロを相手に延々と主張する覚悟はありますか?
あなたを信じて物件買った人を守れますか?
同席できますか?
法律違反だと訴えられますか?
当然名前は表に出ますが、その勇気はありますか?
一つだけあなたは正しいことを言ってる。
確かにわたしはアホです。
粗にして野です。
だが卑ではない。

あなたはなぜこんなことをするのですか

この期に及んでも気づけないボンクラ銀行など潰れてしまっても一向に構わない。
ウソついて金儲けしたいバカな投資家も自業自得。
嘘つき投資家を仲間とも思っていません。
だけど、信じて一緒に暮らしてるご家族が可哀想です。

カネを貸したくて仕方がない銀行、顧客が増える税理士、そして不動産仲介会社、みんなウィンウィンでハッピー。
入居者にも迷惑かけていない。

歪んだ市場は必ずしっぺ返しが来ます。バブル・サブプライム・・。
私は銀行員として現場でその惨状を見てきました。
だから黙っていられません。
真面目に、真っ当に頑張ってる賃貸事業者、これから購入したいとコツコツ貯蓄に励んでる人には、市場が高騰し大迷惑です。
健全な市場・健全なプレーヤーのもとで経済活性化は行われるべきです。

多法人スキームはどのような経緯でバレるのでしょうか

*家族全員の住民票謄本に基づき「登記簿図書館」など民間情報サイト活用による名寄せ(対象;最近〇年間に遡り新規法人貸出先全先)
*事業者保険付保の拒否。
*延滞者ヒアリング
*当該債務者に仲介した業者の持ち込み案件全店一斉調査
*合併
*共犯の行員→検査部に異動
(コンプライアンス意識の低い行員が検査部に回されるケースはよくあります。ここでその実力を発揮するのです)

多法人スキームがバレたらどうされるのですか

わたしが行員なら真っ先に本部に報告し、保全を考えます。
自宅・他物件への担保設定です。
財務状況を徹底的に把握し、いつでも差押えできるよう準備します。
リスケを申し出られても、審査は通りません。
基本、本部(審査部)と連携しながら対応を進めます。
期限の利益の喪失、回収を指示されればそのように対応します。
約定通りの返済をしていても、自己査定で「正常先」とはみなしません。
要注意先、破たん懸念先として管理します。
当然約定書通り、約定金利は引き上げます。
融資金利はリスクに見合ったものでなければなりません。
当然のことです。

多法人スキームは、楽待・健美家などこれらの媒体に責任はないのでしょうか?

「広場責任」という言葉があるとしたら問いたいです。
企業人である前に社会人であれと言いたいです。
わたしはよくわかりません。
それぞれの会社に倫理規定・コンプライアンスはあるでしょうから尋ねられてはいかがですか?

わたしたちは、インターネット・SNS社会の中にいます。
今回ほどこれを武器にしたいと思ったことはありません。
不動産事業を志す人がこのスキームを使わないことを、心から願っています。

あなたが守りたいのは何ですか?

******* 引用ここまで **********



その後の展開はこちらです。
スルガ銀行融資についても警鐘ならしてます。
不動産、魑魅魍魎ですね。

baron
baron
それではこのへんで。
サイトマップへ

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ

お読みいただきありがとうございました。 「いいね!」お願いします
最新情報をお届けします。
不動産
baronをフォローする
四季のブログ/丹志井商店

コメント

  1. […] これはいまはもはやできない(らしい?)1棟1法人スキームである。 […]