サラリーマン不動産投資の闇 メガ大家になりたくて編

不動産
baron
baron
丹志井商店へようこそ! 
かんたんプロフィールへ

サラリーマン不動産投資の闇を、実体験のインタビューを元に書いていきます。

今回は2018年に破産に向かう人が多いというメガ大家を目指した時の話です。

前回の記事( 新築シェアハウス投資セールスの実態)からの続きです。

メリットがほとんどなく破綻に向かうかもしれない不動産投資の実態を赤裸々に綴ります。

(3分で読めます)

スポンサーリンク

メガ大家に、俺はなる!

メガ大家とは、定義は諸説あるようですがおおむね資産規模・投資総額・保有額が10億を超えるような大家さんを指すようです。

区分マンション3戸でサラリーマン大家気分だったんですが、1棟モノに目を向け始めたんですね。

前回記事の通り、シェアハウス投資は見送りました。

替わりに、セミナーに足を運び、話を聞き、メガ大家を目指してつぎの一歩を模索していたんです。

完全に、「サラリーマン辞めてやるぜ」モードに入っていたように記憶してます。

スポンサーリンク

区分マンションが足枷になってしまった

無料セミナーに行きまくり、数社ほど実際の保有物件見せて回ってみたんですよ。

それでどの業者にも言われたのが、

区分がねぇ、、、これさえ無ければねぇ、、、

え・・・???

一棟もの投資 足枷をどうするか

  • これなければ、いろいろできるんだけどね、、、
  • なんでこんなの買ったの?
  • CFマイナスでしょ?
  • こりゃ厳しい
  • 法人は無理
  • などなど、皆様一様に「ダメだこりゃ」宣言をされるわけです。

    まあまあ皆様、好きに言ってくれますね。

    つまり、今まで良かれと思って買った区分3戸は邪魔だと。

    無駄だと。

    小一時間問い詰めたいと。

    イケイケ会社との面談

    そんな中、派手に広告を打っている会社の面談に行ってみました。

    イケイケ風なのか良くわからんが、かなり売りまくっている模様です。

    ネットで下調べすると、賛否両論の評判。

    ちなみにロケーションは港区の一等地。

    まあとりあえず聞いてみようか。

    思えば、メガ大家なんて言葉はこの業者が作り出したのではないかな?

    投資総額10億とか当時は夢を見ていたんですが、上記の通り、数々の業者から蹴散らされて、まあ消化試合のような感じで面談に臨みました。

    まあここも同様だろうと。

    スポンサーリンク

    メガ大家になりたいです!

    社長が面談してくれるってことでここは有名でした。まあそれはフェイクで、適当に理由つけて代理の社員が出てくると思ってました。

    待っていたら、ほんとうに社長登場です!これはちょっとびっくり。

    で、すごい威圧感(見た目がちょっとこわい)の中、面談開始。

    面談では素直に、10億ほしいと言ったんですよね。ここでごまかしてもしょうがないと。

    メガ大家になりたいと。反応は、

    「できますよ」

    え?

    いままで散々コケにされてきたのに、ここはなんて事を言い出すんだ??

    メガ大家になるために

    ただ、条件付きだった。

    「区分は売却しましょう」

    けっこう落胆した。

    節税できて投資家になれて、みたいな「デビュー作」を売れと。

    一方、メガ大家への道のりを明確にスキームまで示したのはここが最初だったんですよね。

    最初だったのが、良かったのか悪かったのか、、、

  • 1棟買うたびに、1法人つくり、その法人で融資を受ける
  • 自分の分身である法人は増え続けるが、自分自身は融資情報をもたない
  • これはいまはもはやできない1棟1法人スキーム(多法人スキーム)ですね。

    聞いた話ですが、年収1000万に届かないサラリーマンが、法人を複数立てて50億円以上の融資を引っ張ったというんです。

    メガ大家になりたかった当時の自分としては、まさに夢の救世主のような思いでこのスキームに心酔したのを覚えています。

    スポンサーリンク

    法人融資を諦めて、どうするか?

    区分さえ売れば、、、

    ということだったんですが、それは残念ながら叶わなかったんです。

    残債のこることが明白だったので、大事な預貯金を取り崩すことに。

    それに、、、

    強力な営業によってもう一つの方法が提示されたので、そっちで行こうかと。

    個人でもいけますよ

    区分は売却したほうがよいというのはずっと言われ続けていましたが、法人立てずとも規模拡大はいけると。

  • スルガ銀行でいくら、
  • 静岡銀行でいくら、
  • SBJ銀行でいくら、
  • これくらいは絶対行けます!

    力強い、自信満々の説明だった。

    資産規模10億は厳しいかもしれないが、5億は余裕、絶対いける!おそらく8-9億狙える!

    という、とても威勢が良いものでした。

    けっこう悩みましたが、もう心はメガ大家気分だったんですね。

    その業者とはその後もやり取りをつづけ、他の業者とは連絡を絶っていました。

    その後、1棟モノが飛ぶように売れるとい事実を目の当たりにすることになります。

    baron
    baron
    それではこのへんで。
    サイトマップへ

    にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ

    お読みいただきありがとうございました。 「いいね!」お願いします
    最新情報をお届けします。
    スポンサーリンク
    不動産
    baronをフォローする
    四季のブログ/丹志井商店

    コメント

    1. […] 次回へ続く。 […]

    2. […] 前回からの続き。 […]

    3. […] 2-シェアハウス検討 3-メガ大家目指す 4-1棟RC 5-買増し 6-相続 […]

    4. […] 次回へ続く。 […]

    5. […] 過去の投稿前 不動産投資-3-メガ大家を目指して次の投稿次 不動産投資-5-もう1棟買い増し […]

    6. […] 不動産投資を始めたせいかもしれませんが、ビルを見るとグッときます。 […]

    7. […] 不動産投資を始めたせいかもしれませんが、ビルを見るとグッときます。 […]