民泊を真剣に検討した、悩めるハイスペリーマン

不動産
baron
baron
丹志井商店へようこそ! 
かんたんプロフィールへ

民泊への参入を検討した、
不動産投資の振り返り

不動産投資家が自分の物件を活用してAirbnbへ参入するケースが2017年にはかなりみられました。
セミナーもたくさんありましたし、自分も聞きにいきました。
物件サイトもちらほらと見てました。


自分自身、過去に熱海浅草でAirbnbを実際に使ってみた。
Airbnbというより、民泊へ参入したいなという思いが強かった。

セミナーでしきりに聞いたのは、やはりこれ。


「まだまだ儲かる」

ん。
だろうよ。
自分も参入したいよ。
でも物件ないよ。

一度本気で考えたのは、自宅の一部を貸し出すスタイル。
欧米ではカウチサーフィンと言って宿泊ほぼ無料で寝泊りするサービスがあると。

さすがに無料ではできないので、1泊2,000円とかで週末限定とか、意外と行けるのではないかと。
ただ、部屋が余っている訳でなく、家は広くない。
あとはセキュリティの問題が大きい。
残念ながらこの案は断念。

ちなみに、大家さんには何も言わず黙ってやるつもりだった。
民泊新法上では、これは罰則になりかねませんね。
それもあって、リスクが大きいと判断。

既存の物件を管理しながら、セミナーとかで情報を集めていたら、ちょっと不思議なものが。


「新築から民泊参入!」

というものだった。

民泊といえば、中古物件の活用がほとんど。
そんな中、新築から行けるのはとても魅力的。

ちょっとまて。
民泊独特の180日規制はどうするんだろう??

違法民泊のニュースが目立つようになってきた。

一方、宿が足りてない、という報道も。
民泊参入、まったなしというところか。

もう一つ、新築1棟を経験してなかったこともあり、とても興味を持った。

聞いてみると、

  • 土地から仕入れ
  • 半年ほどで建築
  • 稼動後はサブリース
  • という。

    180日ルールは適用されないという衝撃の内容。
    そのからくりは、


    「旅館業法による、簡易宿所」

    というものだった。

    セミナー会場の近くには、内覧ができるように、再現をした部屋があった。
    宿、というよりもカプセルホテルだった。

    間取りをみても、ほぼカプセル。
    従来の民泊とは違って、簡易宿所は「旅館」なので、営業許可がとれれば、日数制限は無いと。

    *

    これはすごいと思った。
    民泊需要に対して、180日規制のかからない旅館業法準拠の簡易宿所でアプローチ。

    しかし、大丈夫か?
    怪しくないか?

    サブリースの危険性は、レオパレスなどで事前に把握していた。
    それに通常の賃貸と異なり、「旅館業法」に準拠した管理が求められる。
    サブリース業者が飛んだ場合、どうするか?
    Airbnb業者はたくさんあるが、カプセルホテルでも行けるか?

    投資する方針で、徐々に調査を進めた。

    次回に続く予定。

    baron
    baron
    それではこのへんで。
    サイトマップへ

    にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへにほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラフォーサラリーマンへ

    お読みいただきありがとうございました。 「いいね!」お願いします
    最新情報をお届けします。
    不動産
    baronをフォローする
    四季のブログ/丹志井商店

    コメント