京都タワーホテルアネックスへ夫婦で2泊旅行 川床のある貴船を求めて観光ツアー

旅行記
baron
baron
丹志井商店へようこそ! 
かんたんプロフィールへ

夫婦で週末弾丸2泊京都旅行記です。
泊まったのは京都駅近くの「京都タワーホテルアネックス」。

今回のメイン目的は川床で有名な「貴船荘」(別記事)。
京都タワーの使い勝手も再確認できたので詳細メモ。

以下、写真多目にしましたのでご覧ください、1分くらいで読めると思います。

宿泊先は「京都タワーホテルアネックス」

京都駅の目の前にある京都タワー、その近くにあります。
駅徒歩数分でアクセス。
今回のメインイベントは「貴船荘」でのランチでした。
高給な貴船でのイベントにいければまあホテルはそこまでこだわりも無くチョイス。

京都駅近くであればまあ良いかなということと、予算が大きすぎないこと。
京都タワーも駅も近いのでここにしました。

ハリウッドツインの部屋へ

今回は2泊ですが、予約の都合上、部屋移動になる予定です。
1泊目はハリウッドツイン、2泊目はセミダブルという変則的なもの。

・・・のはずが、チェックインの時に
「2泊ともハリウッドツインにできますよ!」
という嬉しい提案をいただきました。
もちろんそのご提案通りにしていただきました。
京都タワーホテルアネックスのベッド

ノマド的に使えますね。
もう少し、テーブルが大きければ、、、
京都タワーホテルアネックスの椅子とテーブル

壁に薄型テレビがありますね。
久しぶりにNHKスペシャル観ましたw
京都タワーホテルアネックスの内装

ただ、ホテルのWi-Fiが弱すぎる問題、、、
京都タワーホテルアネックスのwifi
つながるのですが、速度が弱すぎて、、、
結局、持参したポケットwi-fiを使い続けました。

アメニティなど

枕とアメニティは好みのものをチョイスできます。
京都タワーホテルアネックスのアメニティ

男性のカミソリは3枚刃だったり、バブルバスとかバスソルトまであって、、
スキンケア用品は持参する必要ありませんでした。

ちょっと着になたのは、古いホテルを改装したのか、若干のにおい。
そこまで気になるほどではないですが、もう少しアロマを効かせるなり工夫があればと感じます。
京都タワーホテルアネックスのバスルーム

このときはオーストラリアからの修学旅行があったようです。
多様な方々がフロアにいました。
京都タワーホテルアネックスのフロアにいた豪州の方

近辺のレストラン・カフェ

京都タワーにはレストランのほか、地下にフードコートもあります。

ショップガイド|KYOTO TOWER SANDO - 京都タワーサンド
京都駅前にある京都タワーの新たな商業ゾー...

ラーメンから焼鳥、スイーツまでなんでもあり、昼のみも気軽にできちゃいます。
フードコート形式なのでファミリーにおすすめですが、カップルなどもけっこう多くてなかなか美味しいですね。

鳥せい

京都タワー地下 鳥せい

京都タワー地下 鳥せい

特にお目当てがなければ、フードコートで済ませるのも良いかもしれません。

京の焼肉処 弘

京都タワー地下 京の焼肉処 弘

京都タワー地下 京の焼肉処 弘

エビスバーもありますね;

京都タワーホテル近辺の観光スポット

いわずと知れた、京都タワーがありますね。

京都タワー
世界一高い「無鉄骨建築」京都タワーの公式サイト。京都駅烏丸中央口前に立つ地上131m、京都のランドマーク。京都を一望できる展望台、レストラン、大浴場、人気のたわわちゃん情報、京都観光スポットを紹介。

この時の観光は清水寺でした。

京都タワーホテル宿泊の感想

上述のとおり、見た目はとても綺麗でよいです。
ですが老朽化の影響でちょっと古い感じがするエレベーターやバスルームのにおいは気になるかもしれません。
とはいえそこまできなるものではなく、「観光目的の宿泊」であれば十分でしょう。

以前泊まった「ハトヤ瑞鳳閣」が良かったのでつい比べちゃいます、、、

宿泊詳細Map

JR京都駅目の前。

京都駅→(叡山電車経由)→貴船口駅

京都タワーホテル

ロケーション|京都のホテルなら 京都タワーホテル【公式】
京都駅烏丸中央口前に立つ地上131m、京都のラ&#12...

アネックス

JR京都駅徒歩3分 京都タワーホテルアネックス【公式】
京都タワーホテルアネックスは客室122室、出張、京都観光に便利な京都のホテルです。宿泊者特典「京都タワー展望割引券」をプレゼントします。
baron
baron
それではこのへんで。
サイトマップ一覧へ


トリバゴ

トリバゴ

にほんブログ村 旅行ブログへ

お読みいただきありがとうございました。 「いいね!」お願いします
最新情報をお届けします。
旅行記
baronをフォローする
四季のブログ/丹志井商店

コメント