宗廟 ソウル観光の隠れた主役、荘厳な建物見学に行ってみました

旅行記
baron
baron
丹志井商店へようこそ!
かんたんプロフィールへ

ソウル観光の目玉は黒豚屋のサムギョプサルだったのですが、すぐ近くに歴史的な建物があるとわかりました。
宿泊先のホテル(GSホテル)とも近く、ランチの広蔵市場から歩いてすぐのロケーション。
細かいことは全然下調べしてませんでしたが、建物の雰囲気が良いのでちょろっと行ってみました。
写真多数、正殿の広さを感じていただければ。

宗廟観光しよう

外大門


チケット売り場がすぐ隣に。日本語もOK、一人1000ウォン!

ご注意いただきたいのは、この宋廟、基本的に自由見学できません。常に、案内にしたがう必要があります(チケット買うときに知りましたw)。
なので、言語別に時間帯を指定されるので、ちょっと早めにチケット購入をお勧めします。

所要時間は約1時間、日本語の説明を聞きながら観覧できます。
日本語無料ガイドの出発時間(⇒指定時間)などはは以下の通りです。

午前9:00、9:40、10:40、11:40
午後12:40、13:40、14:40、15:40(*)
毎週土曜日(有料)自由観覧OK
毎週火曜日閉園

(*)15:40は3-9月のみ

チケット購入して時間になったら門のところへ行きましょう。
日本の方が徐々に集まってきますのですぐわかると思います。

香大庁一帯

まずはじめに見えるのはここですね。

池の周辺でまずいろんな説明されます(←あまり覚えてない。。)。

確か、この石の道は歩かないでくださいと。

魂の通り道ということで、そこをさえぎらないように。

香大庁一帯が見えてきます。

すでにいい感じの雰囲気ですね。

訪れたのは2018年の10月上旬、ガイドさんによっていろいろ説明がありますが、ソウル独特の鳥や植物の話も。
このどんぐりもその一つで、帽子のところがパーマかけたような珍しいものです。

斎宮一帯

すこしずつ奥に進みます。

斎宮は通り道、中へは行きませんでした。

ここからが目玉の正殿です。

正殿


正殿へ入ります。
2段ほどの階段を上って入ります。
そのとき、

  • 右足から上がる、
  • つぎに左足をあげて、一度両足そろえる。
  • を繰り返して上がります。
    また、門をくぐるときは下にある木を踏まずに跨ぎます。

    中に入ると、広大な舞台の前にある正殿が。


    少しずつ、正面に向かいます。

    これが正面からみたところ、パノラマ撮影するとこんな感じです。

    15秒くらいの動画にも収めました↓

    宋廟@ソウル

    ほんと広いです。

    ガイドさんのOKあれば、舞台の上にも上がって撮影できます。

    この舞台、平らでなく、微妙に傾斜がついてます。

    雨のときに排水できるように設計されてます。
    正殿含めて、宋廟の建物には雨どいがありません。

    雨の日に、したたる雨が美しいそうで、カメラマンの撮影スポットになるようです。

    これが舞台についている雨どいですね。

    こういう壁のつくりにぐっときます。

    永寧殿

    お次が永寧殿。
    ここから入ります。

    真ん中のあたりがちょっとせりあがった屋根になってますね。

    パノラマ撮影したのがこちらです。

    帰り道と感想

    ここは閉鎖されてました。以前は楽器奏者の待機場所だったそう。

    ゆったりとした道を帰りましょう。

    宋廟観光の感想

    正直たいした期待していませんでした。

    ところが正殿をはじめ、手入れされた宮殿は荘厳な雰囲気で癒されます。
    また、自由閲覧を制限してることから、観光地にありがちな喧騒とも無縁。

    緑が生い茂る構内は適度に日陰があって、時折吹く風が気持ちよい。
    「1時間は長いなぁ~」という第一印象と裏腹に、日本語で説明聞きながら散策するとあっという間でした。

    地図をごらんいただければ、アクセスのよさもわかると思います。
    コストが安いのも魅力ですので、ソウル観光の度にリピートする方もけっこういらっしゃるようです。
    観光の1案としてお勧めできますね。

    宗廟へのアクセス

    広蔵市場からすぐです。

    ソウル観光の続き

    この後はホテルでちょっと昼寝して、黒豚家へ行きました。
    続きをどうぞ↓

    ソウルでお肉!穴場の「黒豚家 明洞店」でたらふくサムギョプサル
    サムギョプサル、分厚く切った豚バラとキムチに、これでもかとサンチュ巻いてがっとほおばれば、もう昇天するうまさ! なんですが、たいていのサムギョプサルは鉄板で焼くスタイル。 これはこれでうまいです、が、「脂がキツイ!」問題が発生します。 気にしすぎかもしれませんが、できれば網焼き・炭焼きで行きたいなあと考えてました。 それでリサーチしていたときに発見したのが「黒豚屋 明洞(ミョンドン)店」なんです。

    怪しげなローカル店舗でチョッパルもいただきました↓

    ※記事準備中(スミマセン)

    baron
    baron
    それではこのへんで。
    サイトマップへ

    にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

    お読みいただきありがとうございました。 「いいね!」お願いします
    最新情報をお届けします。
    旅行記
    baronをフォローする
    四季のブログ/丹志井商店

    コメント