宮島旅行記その5 再び厳島神社の大鳥居へ 干潮時は歩けます

旅行記
baron
baron
丹志井商店へようこそ! 
かんたんプロフィールへ

潮が満ちた満潮の時間は舟で鳥居をくぐりました。
その数時間後、潮が引いた干潮の時間、下におりて大鳥居まで歩けちゃいます。

海の底に立つような不思議な経験。
ちょっと悩ましい問題もありますが、世界遺産のパワーを少しでも伝えられれば幸いです。

干潮の時間、潮が引いてきた

ご注意!


潮干狩りできるくらい貝がいるんですねw

下におりてみよう

大鳥居に近づいてみる

砂防の杭がむき出し

ハイヒールはさすがに刺さりそうですが、かかとがあるくつでも大丈夫です。
中央を流れる川のようなところには、渡し石が。
通行人は落ちないように気をつけながらすれ違いつつ渡ります。

海から見た厳島神社

結局境内の中には入らずに、海から眺めました

本当に混みこみ立ったので、、
次ぎ行くときは中にも入ってみたいですね。

厳島神社で絶対にやってはいけないこと

小銭貼りは絶対ダメです

すでにニュースなどで報道されているはずですが、大鳥居に小銭を入れる人が後を絶ちません。
この日も多くの人がやってました。

大鳥居の下は落ちた小銭が散乱。
環境によいはずがありません。

とくに悪質なのがこれ。

スキマに小銭をいれると、そこから発生した錆が鳥居の寿命を縮めてしまいます。

このあたりの話は船頭さんからも言われましたが、ほとんどの人は
「ご利益」
目当てに小銭を入れようとします。

ちょっと考えれば環境破壊になることぐらいわかりそうなものですが、、、

貝取り禁止の看板同様、小銭禁止の表示が必要になりそうですね。

満潮時に海から大鳥居をくぐった記事

宮島旅行記その2 ろかい舟で大鳥居をくぐる
安芸の宮島といえば、厳島神社の大鳥居が有名です。 干潮と満潮の差が大きく、歩いて鳥居にいけますが、舟でアクセスできるのはあまり知られていません。 運よく乗れた「ろかい舟」を徹底レポートします。
baron
baron
それではこのへんで。
サイトマップへ


トリバゴ

トリバゴ

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

お読みいただきありがとうございました。 「いいね!」お願いします
最新情報をお届けします。
旅行記
baronをフォローする
四季のブログ/丹志井商店

コメント