広島ローカルグルメ研究 お好み焼きと何がちがうのか?

旅行記
baron
baron
丹志井商店へようこそ! 
かんたんプロフィールへ

広島のローカルフードといえば「お好み焼き」?
それとも「広島焼き」?

元道民の私には区別がつきませんが、そこんとこ含めて地元の店をちょっとだけ散策してみました。

お好み焼きと何が違う?

まずこの注意書きをご覧ください。

  • お好み焼き
  • 広島焼き
  • 広島風お好み焼き
  • さて、地元民はどれを???

    何がちがうのだろう?

    広島風お好み焼きは、その他のお好み焼きのように、

  • 混ぜて焼かない、具を層のように重なるように焼く
  • 麺(そばorうどん)が入る
  • オタフクソースを使う
  • 食べたとき、具材の食感や味が生きるようになってるんですね。

    あまり細かく考えてませんでした、いろいろとあるんですねぇ、、
    ちなみに上記はこちら(別ブログ)で見つけました。

    ホテルに隣接した「かっくん」で注文してみる

    百聞は一見にしかず、あれこれ考えずに注文です。

    かっくん お好み焼き
    かっくん お好み焼き

    あれ、広島お好み焼き?
    広島「風」お好み焼きではなく??
    これ以上混乱させないで、、、

    これが広島風~(そば入り)

    シーフードミックスのそば入りお好み焼きを2人でシェア。

    かっくん お好み焼き
    かっくん お好み焼き

    マヨたっぷり、ソースたっぷり。

  • 混ぜて焼かない、具を層のように重なるように焼く⇒OK!
  • 麺(そばorうどん)が入る⇒そばなのでOK!
  • オタフクソースを使う⇒未確認だけど美味しかったからOK!
  • ちょっと感じたのは、なんでかつお節かけないのかなぁ~??
    という点。
    あと焼きそばに味を付けないのも疑問。
    ソース味つければもっと下味が良くなって美味しいと思うのですが、、、?

    店によってはかつお節かけたりそばにソース味つけるところもあるそうなので、広島風もいろいろですね。

    久しぶりにがっつりと炭水化物をいただきました。
    たいへんおいしゅうございました。

    ローカル焼肉 やきやき亭へ

    旅行に行ったら、そりゃあローカルフード、ローカル店に行きますよね。
    それでも「全然、旅行に関係ないけど『なんか』これ食べたい!」って言うことありません??

    我が家はよく「肉食べたい!」病が勃発します。
    広島旅行、まさにこれが発症してしまい、店を探しました。

    広島駅近くを彷徨う

    いやー、地元的な店を周ったんですが、さすが週末の夜、どこも予約でいっぱい、満席。

    痺れを切らして電話確認したのが「やきやき亭」。
    「15分後くらいなら空きそうです~」
    ということなので、席を確保!

    やっと肉にありつける!

    メニュー

    やきやき亭 メニュー
    やきやき亭 メニュー

    激安店でもなく、高級店でもない感じ。

    この鉄板が実家を思い出してたまらないですね。
    やきやき亭 鉄板

    ミノ/ハラミ/タン

    定番ですね。

    やきやき亭 ミノ ハラミ
    やきやき亭 タン

    レバー/豚足

    ちょいとクセのありそうなチョイス。

    やきやき亭 レバー
    やきやき亭 豚足

    韓国風明太子/謎スープ

    やきやき亭 韓国風明太子
    やきやき亭 謎スープ

    明太スープを頼んだのですが、来たのはユッケジャンのような、もやしたっぷりのスープ。
    最後まで明太子テイストは感じられず、、、??
    (これはこれでおいしかったです)

    塩ユッケ

    お店には地元民と思しき方ばかり、観光客は我々だけだったように思います。
    ちょっとにぎやか過ぎて雰囲気苦手な人もいそうですが、肉はなかなか美味。
    あとは地元民が多かったので、広島旅行気分を味わえたような気がします。

    広島駅南口あたりのディープそうな店は是非とも次の機会にトライしたいと思います。

    やきやき亭 広島駅北口店の場所

    baron
    baron
    それではこのへんで。
    サイトマップへ


    トリバゴ

    トリバゴ

    にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

    お読みいただきありがとうございました。 「いいね!」お願いします
    最新情報をお届けします。
    旅行記
    baronをフォローする
    四季のブログ/丹志井商店

    コメント