ハーレーの中古ロードスターを見に行きました

旅行記
baron
baron
丹志井商店へようこそ! 
かんたんプロフィールへ

ハーレーを新車で買う方はとても多いようですが、中古マーケットにもそれなりに出物があるようです。
新車を勢いで買うのもよいですが、相場観と実際の中古車両を見てきました。
色やカスタムの具合が一致すれば、中古で買うのもありですね。

ロードスター2016年式

ロードスター2016年式
最初の一台は2016年式のもの。

年代には特にこだわりないですが、できればビビッドブラックがほしい、、、
あとこの車両、サドルバッグが片方についてます。
ツーリングの時には便利そうですね。

ロードスター2016年式

さてもう一台。
今回の目玉はこちらの2018年式車両。

ロードスター2018年式

ロードスター2018年式

ビビッドブラックの色がたまりません。

シングルシートへカスタム

シングルシート
おいおい、二人乗りできませーん、、、
シングルシート
ですが、純正シートが残っているそうです。
買うならノーマルに戻してからですね。

全体感

ロードスター2018年式

シングルシートはバランス感よいのですが、いかんせん、我が家は2人乗り前提なのでね、、、
あとはハンドルにバーがついてます。
まあこれはいらんよなぁw

純正マフラーの音

室内なのでちょっと大きめに感じます。

ハーレーダビッドソンロードスター純正マフラー

またがってみた

ロードスター2018年式にまたがってみた

例のごとく、またがってみました。
エンジンかけたまままたがったので、鼓動感も感じられました。
ただ、以前乗ったリジッドマウントの2006年式に比べると(マフラー違うのもあるけど)感じが違いますね。

ハーレーダビッドソン ロードスターに乗ってみました
ハーレーダビッドソン ロードスター、公道を走る1200ccの鉄の馬。 まだ大型免許も取れていないというのに、私は気が早いのでハーレーに乗せてもらいました。 信号待ちからのスタートダッシュはのけぞりそうなほど。 写真多目に撮りました、はよ欲しいw

エンジンガードに足が届くか?

エンジンガード
他のバイク(ハーレー)ですが、きちんと足が届きました。
これはクルーザー型のものですね、ステップの型が特徴的。
エンジンガード

ロードスターはチョッパーでなくスポーツタイプ。
足のポジションを変えられたら、ツーリングのときに楽できそうです。

ロードスター中古品について感想

バイク屋さんにも聞いてみましたが、最近は以前のような事故車両販売のトラブルはほとんどなく、割と安心できるとのこと。
まあ個人的には今回見た2台とも「中古の割りに高いなぁw」と感じてます。
当然、新車よりは20万以上安いわけですけど、、、
ロードスター2018年式
さすがだなと思ったのはエンジンガードについて。
足を乗せるのは楽になるけど「足の裏に風が当たる」ので、実はストレスにもなるかもしれない、と。
この視点は全く無かったので参考になりました。
ロードスターのハンドル
もうひとつ、クラッチレバーのカスタム。
シルバーから黒い色に変えたいのですが、純正だとサイズが大きめなので、キタコのパーツが良いのではないかとご提案いただく。
クラッチが5ミリくらい近づくだけでかなり扱いやすくなりそうです。
(握力がイマイチ弱くて、、)

いろいろ聞いているとやっぱり新車&純正パーツかなぁと感じています。

ハーレーダビッドソン横浜でロードスターの新車を見てきました
ロードスターに乗せてもらった翌日、さっそく新車を見に行きました。 横浜に所用があって、時間が余ったので検索して一番近い(歩けそうな)横浜店をチョイス。 ディーラーならではの品揃え、ピカピカの新車がずらり。 写真OKということなので、たくさん撮ってきました。 最新ロードスターをご覧あれ。

アマゾンだと純正もありますが、もっと安いパーツがたくさんありますね。
これはスポーツスターシリーズ(1200cc)に使えそうです;

baron
baron
それではこのへんで。
サイトマップへ


トリバゴ

トリバゴ

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

お読みいただきありがとうございました。 「いいね!」お願いします
最新情報をお届けします。
旅行記
baronをフォローする
四季のブログ/丹志井商店

コメント