ハーレーのロードスター納車に向けて準備しよう

旅行記
baron
baron
丹志井商店へようこそ! 
かんたんプロフィールへ

ロードスター納車まであと少し、準備が揃ってきました。

本記事では新車の「ならし運転」の豆知識やオーナーズマニュアルの記載を復習して、納車までに買ったグッズやディーラーから頂いたものをご紹介します。

ならし運転についてメモ

簡単にまとめると、

  • シフトチェンジを頻繁に、
  • 3,500回転以上ださない、
  • 800キロ走ったら点検、
  • もしくは1ヶ月経ったら点検、
  • です。

    モデルコースは江ノ島?

    藤沢駅あたりから海岸線に出て、江ノ島まで行きたいと思います。
    週末には県外からのツーリングがたくさん来てますね。

    この地図には名前がついていませんが、奥のほうにぐるっと回れるロータリーがあります。
    なので、朝にちょろっと江ノ島までいって、ここのロータリーを回って乗ればちょうどよいかなと。

    往復で10キロくらい。
    毎日乗れば1ヶ月で300キロ。
    週末にちょっと遠くまで走れば1日にプラス100キロくらい。

    あとは鵠沼周辺の道路、一方通行じゃないけど狭い道がたくさんあります。
    運転しずらいですが、ならし運転にはちょうどよいかもしれませんね。

    飛ばしたくなったら、海岸線に出ようと思います。
    三崎口までマグロを求めて行くのも面白そうです。
    片道1時間、往復で60キロくらいでしょうか。

    ロードスター契約時にいただいたグッズ

    ハーレー ロードスター

    ハーレー戸塚店でロードスターを契約しました。
    そのときに手付け金として5,000円支払い、あとは免許とって納車まち、というステータスでした。

    ハーレーダビッドソン戸塚でロードスターの新車を申し込み
    ハーレーダビッドソン戸塚へ、大型二輪免許の取得に目処が立ったので、さっそく新車を見に行きました。 今回は横浜店ではなく、自宅から一番近いディーラーの戸塚店をチョイス。 横浜店よりも規模が大きく、中古車もあります。 写真OKということなので、たくさん撮ってきました。 最新モデル/中古車をご覧あれ。

    本記事執筆時点ではめでたく卒検が終わり、二俣川試験場で免許書き換え(正式には「併記」と言うそうです)済み。
    そう、後は本当に「納車待ち」なんです。

    ハーレーグッズいろいろ

    純正パーツ/カスタムガイドブック

    ハーレー 純正パーツ/カスタムガイドブック
    店先で実際に使っている、全く同じもの。
    ハーレー 純正パーツ/カスタムガイドブック

    シンプルなリュック

    ハーレー リュック
    ツーリングにも使えそうですね。
    へたりが出る前は防水機能もある程度期待できます。

    黒地に白、シンプルなデザインが最高です。

    このリュック、使い方いろいろ。
    クロスさせてみると、

    ハーレー リュック
    ハーレー リュック

    なんとスーツケースにぶら下げることができます。旅行のお供にも最適かもしれません。
    ハーレー リュック

    HOGバッジ/ワッペン

    ハーレー HOGバッジ/ワッペン
    2018年モデル限定らしいのですが、HOG(ハーレーオーナーズグループ)のバッジをいただきました。
    リュックに付けようかなと思いましたが、家の棚に飾ろうと思います。

    ハーレーダビッドソン ロードスターに乗ってみました
    ハーレーダビッドソン ロードスター、公道を走る1200ccの鉄の馬。 まだ大型免許も取れていないというのに、私は気が早いのでハーレーに乗せてもらいました。 信号待ちからのスタートダッシュはのけぞりそうなほど。 写真多目に撮りました、はよ欲しいw

    その他、納車後のカスタム予定

    スマートフォンホルダー


    これは以前に購入してクロスカブへすでに装着済み。

    バイク用スマートフォンホルダーを取り付け
    ツーリングするときや、初めての道はちょっと道が心配ですよね。 そこで便利なのが手持ちのスマホをハンドルにセットできるホルダーです。 バイク乗り換えたり自転車にも付けられそうなのでとりあえず買ってみました。 取り付けはちょっと戸惑いましたが一度わかればけっこう楽です。 写真多目で取り付け方をメモ、さらっと1分でご覧ください。

    カブはサーフィン用に使う予定なので、スマートフォンホルダーはロードスターに乗せ換えしようかと考えています。

    バイクカバー


    ハーレー専用のものにこだわることはないので、ちょっとだけよさそうなものをアマゾンでチョイス。

    ロック


    これも頑丈そうなものを選びます。

    ハーレーダビッドソン横浜でロードスターの新車を見てきました
    ロードスターに乗せてもらった翌日、さっそく新車を見に行きました。 横浜に所用があって、時間が余ったので検索して一番近い(歩けそうな)横浜店をチョイス。 ディーラーならではの品揃え、ピカピカの新車がずらり。 写真OKということなので、たくさん撮ってきました。 最新ロードスターをご覧あれ。

    ハーレーダビッドソン戸塚からの道

    HPhttp://harleydavidson-yokohamatotsuka.com/
    アクセス戸塚駅下車からバス or 車/バイクで国道1号線沿いへ
    Map
    ストリートビュー

    いきなりロングツーリングはいろいろ怖いので、近場の温泉などからツーリングに行ってみようと思います。
    目指すは北海道~

    おらバイクで田舎さ帰るだ~湘南から北海道へGWツーリング計画
    2019年のゴールデンウィーク、10連休になりそうですよね? なので、まだ買ってもいない大型バイクに乗ってツーリングの妄想してみました。 湘南発、フェリーで千葉に渡って、外房の海を楽しみながら茨城の大洗まで北上。 そこからフェリーでゆっくり北海道にわたり、実家まで言ってしまおうかと。 さてさて、途中どんな困難があるのか事前調査にもなるのでマップつくって妄想です。

    価格調査用リンク

    ホルダーはかなり種類があります。
    2,000円程度が相場のようですが、好みがあると思いますのでいろいろ探してみてください。

    バイク用 スマートフォン バーマウントホルダー
    clausius(クラジウス)
    ¥ 1,396(2018/12/09 20:13時点)

    あとはツーリング中にも会話したいので、ヘッドセットを。

    最近のものはトランシーバタイプでなく、スマホのブルートゥースを経由して通話できます。
    お値段もリーズナブルなので、広まるといいですね。

    オートバイヘルメットヘッドセット Bluetooth 両面テープ ワイヤレス
    NH
    ¥ 1,800(2018/11/28 20:58時点)
    USB充電可能なマジックテープ取り外し可能なタイプ

    ヘッドセットを取り付けた記事はこちら

    ヘッドセットをヘルメットに取り付け スマホ活用したツーリング便利グッズ
    バイクの運転中は車のドライブと違って会話できないのが残念ですよね。 トランシーバのようなヘルメット取り付け用のインカムは以前からありましたが、1セット数万円と高価なのがネック。 今回はスマホの通話機能とブルートゥースをフル活用したリーズナブルなヘッドセットをご紹介。 もうインカムは要りません、ヘッドセットを用意してツーリングに行きましょう。
    baron
    baron
    それではこのへんで。
    サイトマップへ


    トリバゴ

    トリバゴ

    にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

    お読みいただきありがとうございました。 「いいね!」お願いします
    最新情報をお届けします。
    旅行記
    baronをフォローする
    四季のブログ/丹志井商店

    コメント