ジビエ焼肉「罠」川崎美俊で鹿・猪(いのしし)・兎(うさぎ)・雉(きじ)をいただく

旅行記

焼肉が大好きな我が家。
今回は趣向を変えて「ジビエ」焼肉へ。

ジビエといえば、フレンチなどの手法を使って調理することが多いもの。
今回訪れた「罠(わな)」ではストレートに焼肉で楽しめますので期待して来店。

写真多目、さらっと1分くらいで読んでみてください。

※獣が苦手な方にはお勧めしません※

スポンサーリンク

罠(わな)へ

川崎駅徒歩10分ほど

罠(わな)の店頭
罠(わな)の店頭

罠(わな)メニュー

罠(わな) のメニュー
罠(わな) のメニュー

メモ書きがたくさん

店内の様子が独特

鹿の頭(はくせい)
熊の毛皮
スポンサーリンク

肉をオーダー

お通しつまみながら

ぴりっと辛い、キャベツの浅つけ。

※お通し代は200円。

お通しキャベツ

天然鹿セット

ウデ/モモ/バラ。
ウデ≒前足ですね。

バラ肉は写真にあるとおり脂の層がぎちっとあって、気をつけて焼かないとすぐに七輪がファイヤーします。
味わいはラムチョップに似たような、ちょっとだけ獣の風味。
苦手な人もいそうですが、我が家はラム肉大好きなので全く気になりません。

天然鹿セット
焼き方はレア目に。

ほんの一瞬、ファイヤーしましたがすぐに退避して焼きました。

天然鹿セット

天然猪セット

猪(いのしし)は鹿に比べてそこまで個性は感じませんでした。
ちょうど脂身の少ない
上肩/上ロース/上肩ロース
です。
罠の天然猪セット

兎(うさぎ)と雉(きじ)

兎はロース、雉はムネ肉を。
両方、鶏肉のような味わいですが。兎は同じロースでも場所によって味わいがかなり変わります。
ちょっと筋っぽい肉が獣風味があっておいしかったですね。
罠の兎と雉(きじ)

罠サラダ

獣風味にあうのがこのサラダ。

パクチー×三つ葉×青唐辛子(の茎?葱のようなもの?)、このピリッと辛くて味強めのサラダが焼ジビエにぴったり。

罠サラダ

猪シュウマイ

猪肉でつくったシュウマイ。
肉汁がたっぷり出てきて、仄かに香る獣風味。
キャベツとともにほおばると最高です。
罠の猪シュウマイ

罠の猪シュウマイ

調味料

個性の強い肉には西洋わさび、ムネ肉などにはカラシでしょうか。
お好みで塩や辛味噌もいいですね。

罠の調味料
罠の調味料
スポンサーリンク

罠 川崎 美俊(びしゅん)店舗情報など

罠 川崎 感想

オペレーション遅いかもしれない

曜日によってワインサービスしたり工夫しているようですが、肝心の提供スピードがちょっと、、、
注意書きに細かいことまでかかれてます。
ここまで書かないとクレームがつくのでしょうか??

冬は寒い。年末の書き入れ時にガラガラ

訪れたのは12月の中旬の季節。むっちゃ寒い店内でした。
ドア一枚あけると風が容赦なく店内に吹き込む構造。

オープンして間もないのか、日曜開店直後から20時ちかくまでほぼ貸切のガラガラ状態。

コスパ重視なら2名来店には向いてない

罠は飲み放題コースが有名らしいのですが、残念ながら2名では受けてくれません。

お会計の時に聞いてみましたが、事情により4名以上でないと飲み放題コースにはできないらしいです。
これはちょっと残念。

クレジット決裁OKなのはとてもうれしいところですが、集客をもう少し頑張らないと、立地が遠いので(余計なお世話かもしれませんが)経営は辛そうです。

罠 川崎 アクセス

JR(or京急)川崎駅 徒歩10分くらい

目印はこの赤い”のぼり”

罠(わな)の店頭
罠(わな)の店頭

罠 都内の店舗情報

焼ジビエ 罠|夢屋

神田、五反田、中目黒
都内にもあるのがうれしいですね。

これを書きながら気付きました、都内店舗のほうがお値段安いですね、、、

こりゃ川崎店、苦戦しますね、、、

いずれ都内店舗にも行ってみようと思います。

baron
baron
それではこのへんで。
かんたんプロフィールへ
お読みいただきありがとうございました。 「いいね!」お願いします
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
旅行記
baronをフォローする
四季のブログ/丹志井商店

コメント