江ノ島から小田原ツーリング 温泉求めて西湘バイパスをひた走る

旅行記
baron
baron
丹志井商店へようこそ! 
かんたんプロフィールへ

西湘バイパスで高速道路初デビューです。

ツーリング計画は楽しいですが、電車や飛行機旅行と違って、実際に自分で運転しなければなりません。
そこが楽しみでもありますが、地図読んで頭にある程度入れて、ナビもセットして、、、。
とやっていくと、道になれるまでは一苦労。

そこで、事前の策として「グーグルマップ」「グーグルストリートビュー」をフル活用してツーリングの予習ができないかな??
と考えました。

今回のルートは江ノ島から小田原に行って、温泉「万葉の湯」まで行くと仮定して道筋をシミュレートしてみました。
通ったことある方には釈迦に説法ですが、役立つと思いますので見ていってください。

西湘バイパスの眺めがとても気持ちいいです。

江ノ島→小田原(万葉の湯)

江ノ島へ

江ノ島から出て県道134号線へ(左折)

県道134号線をしばらく道なり

新江ノ島水族館が見えます

相模川を渡ります。

1本目の大きい川です

西湘バイパスへ

道なりに走っていると、いつの間にか、国道1号線になるようです。
不思議、、、
西湘バイパスの無料区間へ入ります。
下道でなく、速いほうに行くコースです。

西湘バイパスに入ったらあとはしばらーく道なりです。

橘料金所から入ります。
ETC専用レーンもあるので活用しましょう。

西湘バイパスの休憩所でひと休み

西湘バイパス休憩所
このとき(2019年1月)は天気が最高に良かったですが、バイカーが少ないときでした。

休憩所の中でほっと一息。
コーヒーブレイク。
西湘バイパス休憩所

ここから見える海はまた格別

西湘バイパス休憩所からみた海
西湘バイパス休憩所からみた海

気温が上がってきたら、テラス席も良いですね

西湘バイパス休憩所テラス席
西湘バイパス休憩所テラス席

酒匂川(さかわ-がわ)をわたったらそろそろ下道へ

西湘バイパス 小田原で下道へ

国道1号に出るよう左折

浜町交差点を右折

道なりっぽく左折

ここを右折

万葉の湯 小田原到着!

関連ルート:小田原城

あまり知られてないようですが、小田原城近くには、ロードバイク専用の駐輪場があります。

小田原城は3-4月頃にお花見の見ごろを迎えます。

小田原城で歴史を感じよう-お花見2018
花見に小田原城。満開で混み混みでしたが、帰りに「裏道」から行くお勧め ルートを発見! 名産のかまぼこをほうばりながら花より団子、ちょっと寄り道して読んでいってください。 1分くらいで読めちゃいます。

小田原城へのルート

西湘バイパスで降りるタイミングを一つずらしてますね。

■大磯町 東町 の 国道1号線 まで 国道134号線 を進む :約27 分(16.0 km)
■小田原市 南町 の 国道135号線 まで 国道1号線 と 西湘バイパス を進む
■小田原厚木道路・早川出口・箱根新道・箱根 方面に 西湘バイパス を出る 16 分(18.5 km)
■国道135号線 を進み、 県道73号線 まで行く

運転なければ、ここで焼肉・ホルモンを楽しみたいところですが、、、

小田原にある隠れた名店 城下町ホルモン
小田原にあるホルモンの名店、城下町ホルモンに行ってきました。 2人で7千円ちょい、個性的な味付けに大満足! 「城下町ホルモン」は小田原なので移動がけっこう大変です。 ですが、美味しい肉を食べたいという明確な目標があって、移動コストを厭わないのなら、とても個性的なホルモンにありつけます。

ノンアルコールで行く自信がないので、電車が無難かなw

baron
baron
それではこのへんで。
サイトマップへ


トリバゴ

トリバゴ

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

お読みいただきありがとうございました。 「いいね!」お願いします
最新情報をお届けします。
旅行記
baronをフォローする
四季のブログ/丹志井商店

コメント