志賀島観光の前に読んでほしい、ちょっとしたご注意点。

旅行記


福岡と言えば博多ラーメンや中洲の屋台が有名です。島好きの我々夫婦は志賀島へ行ってきました。島好きに贈る記事。
博多旅行の元記事はこちらです。

スポンサーリンク

2018年、博多・志賀島へ。

歴史の授業で習った、金印が出土した志賀島。歴史は特に調べずに観光に行ってみました。
志賀島フェリー乗り場の金印みたいなロゴ
志賀島はサイクリングの予定です。
博多からバス経由のフェリー移動、現地のレンタサイクルを活用する予定でした。

ただ、実際に現地に行くとちょっと方針転換…

フェリーターミナルの水槽で癒やされる

ウミガメやサメのいる円筒形の巨大水槽がありました。
志賀島フェリーへ乗るターミナルの水槽 サメ
出発まで時間があったので、カメに癒やされてました。
志賀島フェリーへ乗るターミナルの水槽 カメ

船で志賀島へ移動

船で出発!
小さ目の船で、甲板に出て風を感じながらちょっと一杯(笑)

途中、豪華客船と思しき船も見かけました。
これから何処へクルーズするのでしょうか、良いなぁ。

志賀島へ行く途中に見た豪華客船

途中、一駅だけとまって約30分のクルージング。
風が気持ちよく、なかなか楽しいですね。

志賀島へ向かうフェリーからの風景

志賀島、到着!

志賀海神社

シカシマサイクルを横目に見ながら、まずは参道を歩いて志賀海神社へ。

志賀海神社の階段

小さい神社がちょこんとあるくらいかなぁと予想してましたが、意外なほどキチンとした(?)神社でした。
本殿に上がる前に財布を預けて金運呼び寄せたり、拝んできました。
志賀海神社の財布預け箱

ここの志賀海神社は、ちょっとした高台にあって、階段が少し続きます。志賀島は平坦な島だと思ってましたが、実際はそうでもなさそう。

車でドライブするには良いかもしれませんが、自転車で島を周るのはちょっと厳しいかなと感じてきました。
志賀海神社の階段

↓志賀海神社から本土方面をつなぐ橋を眺めた風景です。けっこう高い位置から見おろしてるのがわかると思います。
志賀海神社から本土方面をつなぐ橋を眺めた風景

不思議なもので、志賀海神社を散策するだけで身体が軽くなるというか、洗われた気持ちになったので不思議ですね。
さてメインの温泉めがけて自転車乗るか…

と、思いましたが、日が出て暑いのと、高低差がそれなりにありそうなので、バス移動にしました。

シカシマサイクルで珈琲ブレイク

志賀海神社のあとはシカシマサイクルへ。
バスは1時間に1本位の運行予定なので、それまでカフェでゆっくり過ごす事に。

シカシマサイクルのカフェスペース
カフェというよりも、スクリーンやコンセントが整備されていて、コワーキングスペースに近いですね。
自転車や島旅行に関する書籍がたくさんありました。

途中、近所の小学生と立ち話したり、のどかな風景。自分の田舎をちょっとだけ思い出しましたが、いやいやこっちの方が人多いよなぁと。日常生活の感じが心地よい。
シカシマサイクルのカフェスペース

やっと来たバスに乗って、お目当ての休暇村へ。
バスに揺られて数分。途中には志賀島漁協組合の店舗が。サザエ1つ百円!安い!とか見ながら休暇村へ。

スポンサーリンク

ハプニング!休暇村の「金印の湯」

やっと着きました休暇村!
志賀島の休暇村

ただいま14:20。次のバスは15時過ぎなので、さくっと入浴いこう。

コンシェルジュ
いらっしゃいませ!
うさぎ
うさぎ
どうも!
日帰り入浴したいです!
コンシェルジュ
申し訳ありません、日帰り入浴の受付は14時までとなっておりまして、、、
うさぎ
うさぎ
( 絶 句 )
コンシェルジュ
宿泊客の入浴は15時からです、、
うさぎ
うさぎ
( さ ら に 絶 句 )

というわけで休暇村の受付で出足ばらいを食らい、「じゃあ飲むか!」と思って館内のレストランを探すと

「15時開店」

※いま14:20、次のバスは15時過ぎ。

ヲイ。

なすすべナシなのか、、、。

というか、事前に「よかなび」で下調べしてここの温泉に向かったわけですけど、日帰り入浴が14時締め切りって言う情報は見つけられませんでした。

この記事を書きながら改めて見てみてましたが、やはり記載ナシ。公式な観光ガイドをうたっておきながら実態をきちんと載せないのはいかがなものか???

と思ったら、、、
休暇村の公式ページには記載ありました。
11時~15時(最終受付14時)
https://www.qkamura.or.jp/shikano/hotspring/

がちょーん、、、ここまでたどり着かないとあかんのかい、、、

志賀島の休暇村近くの海岸
せっかく休暇村のところまできたので、海岸沿いを散歩。
海岸の湾曲が綺麗で、ゴミがほとんど落ちてない。宿泊客と思しき若い衆が海で遊んでました。

海の向こうにある鳥居が見えました。歩いていけそうなので、立ち入り禁止かもしれないけどいけるところまで行ってみよう、とそこへ向かって歩きました。

が、
志賀島の休暇村の近くの孤島

なんと、海を渡らないといけない孤島になってました、、、。やるなぁ志賀島。ことごとく、期待を裏切ってくれるぜ。

テトラの近くまで行って、湘南の海とは違った、自分の田舎に近いような海の景色に癒されます。

休暇村、ちょっと商売っ気ないよなぁと思いながら少しだけ調べてみました。
一般財団法人で昭和36年12月1日 財団法人国民休暇村協会として設立。
https://www.qkamura.or.jp/outline/

ん、やはり民間企業ではないのか、、、

日帰り温泉を途中で締め切るってのもなんだか??だったのですが、まあそういうことですね。入りたかった、、、。

スポンサーリンク

志賀島観光雑感。

いやー、温泉入りたかったですよホント、、、。温泉好きには残念でなりません。

シカシマサイクルでレンタルして自転車で休暇村へ行って「入れません」だったらどれだけ落胆したことでしょう、本当にバスにしておいてよかったと思いました。

事前準備の段階で休暇村のHPまで見たような記憶はあるのですが「14時受付終了」まではたどり着けず、、、。この点は「よかなび」に意見を送ってみようと思います。
よかなびそのものは観光用のキュレーションサイトなのでここにあーだこーだいうのは筋違いですし「一次情報までさかのぼる」のは基本ですよね、、、。
今回は下調べが甘かったと切実に感じました。

↓帰りの船
志賀島から帰る時の船

あと「レンタサイクル」は志賀島ではちょっと厳しいと感じます。
至る所にシカシマサイクルの自転車用ラックがありましたが、利用者は一度も見ませんでした。
前評判では「平坦な道路」ということでしたが、実際はバスに乗っていても高低差を感じますし、道が狭く、自転車通行にはちょっと不向きです。

かなり慣れている人でしたらサイクリングコースとして有効かもしれませんが、素人が手出しするとちょっと痛い目にあいそうな、、、。
慣れている方はマイバイクを持ち込んでくると思いますし、あとは自転車に乗ってしまうとビール飲めません。
途中にあった漁協で安くサザエをいただいてもビールはお預けです。酒飲み夫婦なので、この点はちょっともったいないなあと感じます。
レンタサイクルの需要はどこにあるのだろう??というのが率直な感想で、逆に、シカシマサイクルのカフェスペースを最大限活用して美味しいコーヒーを味わうほうが良いなぁと感じました。

シカシマサイクル

博多のフェリーターミナル到着後、すぐ近くに「波葉の湯」という温泉があったので、すかさず入ってきました!
志賀島帰りの温泉、波葉の湯

温泉に入りたくてしょうがなかったので、満場一致で吸い込まれるように入りました。

波葉の湯のれん
海の近くということで源泉はしょっぱく、なかなかよい温泉でした。
写真は撮れませんが、一人ではいる桶風呂を初体験。

そのあとの中洲屋台に備えて充電完了です。
↓↓
次の記事(中州のご当地屋台)へ行く

元記事へもどる

お読みいただきありがとうございました。 「いいね!」お願いします
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
旅行記
baronをフォローする
四季のブログ/丹志井商店

コメント