函館満腹旅行記 テムジンと函太郎 March,2018

旅行記
baron
baron
丹志井商店へようこそ! 
かんたんプロフィールへ

函館へ行ってきました。
夜景が有名ですが、今回訪れたのは湯の川の旅館とジンギスカン「テムジン」とグルメ回転寿司「函太郎」。

函館は、美味しい。
函太郎は、美味しい。

湯の川にある、大黒屋旅館へ


素泊まり4,000円程度、ちょい熱めの温泉。
硫黄が効いているのか、ちょっととろみのあるお湯。

部屋は旅館ぽさ抜群。

温泉は天国ですねw

泊まりの夜、雪の積もる道を徒歩で10分ほど、

湯の川 ジンギスカンテムジンへ

炭火の上にある、ドーム型のスリット入りジンギスカン鍋。
本格派です。

テレビで紹介されたことがあるようで、ボリュームたっぷりメニューがありました。
すかさず注文!

実際はこちら。


通称ガングロと呼ばれる羊の品種がありまして、サフォークとも呼ばれます。
ガングロ、マトン、上ロース、ラムロール。

他にはラムチョップやラムのタン、ソーセージなど、一通りありました。

ここのタレは自家製のようです、やはりちょっとだけ甘味があって、個性があります。
札幌のしまだやと同様の傾向ですね。

全体的に肉の質が良かったように思います。
ラムのもつうまみがありつつ、ちょっとラムくさい個性もあり、ボリュームもなかなか。
1人5000円程度かかりましたが、なかなか良い店でした。

旅館への帰り道、

コンビニにうず高くできた雪の山。
2018年の冬は近年に比べて異常なほどの積雪だったようです。

地元の方も困惑していたよう。

次の日、

グルメ回転寿司、函太郎へ

ここは都内にも出店している”グルメ”回転寿司。

回転してますが、お客ほとんどは回ってるものを取らずに、板前さんにオーダーしてます。
オーダーしても、回転しているものをとっても同じ値段。
混み具合にもよりますが、やはり都度注文する方が美味しいですね。

あと函太郎の良いところは、サイドメニューが美味しい点。
日替わりの椀物は北海道の味覚を感じさせるものばかり。

めずらしい”ごっこ汁”


和名はホテイウオ。
首都圏じゃほとんど出回らない(たぶん)、北国ならではの料理。

醤油ベースで、ノリとか豆腐を少し追加して、あとは細かく切ったごっことその卵をふんだんに。
実家以外で食べられるのはうれしい限り。

好きなのが活たこ

江戸前の仕事では、一度火を入れて甘みを引き出しますが、生のタコもなかなかオツです。


レモンが添えられるので、レモン醤油や塩レモンでさっぱりといただくのがおすすめですね。

定番、サーモン。


生サーモン、とろサーモン、炙りサーモン、いろいろ。

これは最初から1貫3個セットになってますね。
サーモン食べ比べセット。

今回の珍しいネタはこちら。
生ホタテ(殻付き)


釧路から仕入れたホタテを、注文受けてから捌きます。
ベロを焼き、新鮮なヒモを握りと刺身で。
メインはもちろん貝柱。
これで350円くらいでした、これはなかなか。

1人5皿位も食べれば結構な量です。
一皿あたりはそこまで安くないですが、寿司通でもないので、自分としてはこれくらいのバランスがちょうどよいですね。

いつ来ても、何か発見や新ネタがある函太郎。

ごちそうさまでした。

函館は実家への中継地点なので、年に数回は訪れます。
最近は取り壊しやら空きテナントが目立ってきて、観光でも苦戦してそうなのがちょっと心配です。

美味しいものがたくさんあるので、楽しもうと思います。

baron
baron
それではこのへんで。
サイトマップへ


トリバゴ

トリバゴ

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

お読みいただきありがとうございました。 「いいね!」お願いします
最新情報をお届けします。
旅行記
baronをフォローする
四季のブログ/丹志井商店

コメント

  1. […] 普段、北海道に行ったときに食べる回る鮨屋で満足なのですが、ここはとてもよかった。 ネタの仕入れがよいので、外れがない印象。 […]

  2. […] (日本語ページ) […]

  3. […] (日本語ページ) […]

  4. […] 函館 […]

  5. […] 函館 湯河原-TheRyokanTokyo 熱海-airbnb 浅草-airbnb 鹿児島 名古屋 鎌倉 餅つき […]

  6. […] Cherry Blossoms@Atami(熱海) , 熱海へ桜を Eno-shima walking@Sho-nan , 江の島散歩@湘南 函館 , 鹿児島 , 名古屋 , 餅つき 大阪 熱海-airbnb , […]

  7. […] 普段、北海道に行ったときに食べる回る鮨屋で満足なのですが、ここはとてもよかった。 ネタの仕入れがよい […]