ちんちん揚げを「界 伊東」の朝食で! 地物をふんだんにつかった朝食です。

旅行記

本編は、
「界 伊東」の宿泊記事からの続きです。

朝の8:30、
指定された時間に合わせて、
朝食の場へ向かいました。

案内されたのは、
庭園が見える、
眺めの良い席。

ちんちん揚げの朝食会場

まあホテルの朝食ですから、
そこまで期待せずにいました。

すぐにお茶とフレッシュジュースが供されました。

山桃とミカンのジュースは甘すぎず、
適度に刺激的な酸味が食欲を掻き立てます。
食前酒のようですね。

ちんちん揚げの朝食

ジュースをいただきながら、
朝食のメニューを眺めます。

そういえば夕べ、
「ちんちん揚げ」
ってあったなぁと思い出しながら。

と、お品書きをみると、、
ちんちん揚げが記載されたメニュー
!!!

「ちんちん揚げ」

堂々たる記載…

界 伊東、やるなぁ、、

”ちんちん揚げ”

ボカシも何もない、
一点の曇りもない、

”ちんちん揚げ”

が目の前に来ようとしてます。

ちんちん揚げはさておき、
盛りだくさんですよね、
どれだけ量が多いのか心配でしたが、、、

すぐに来たのが、
このお膳。

ちんちん揚げの朝食

コンパクトに、地の食材がまとまってます。
朝食の時間を指定するのは、
スムーズにお膳を供して、
美味しいうちに食べてほしい、
と言うことなのでしょう。

魚は焼きたてのほうが良いですからね。
ちんちん揚げは、揚げ物ですからね。

メインは「鯵のなめろう」。
ちんちん揚げ朝食のメイン、鯵のなめろう
ちんちん揚げでは無いようです。
残念。
名前だけでもメインを張れそうなちんちん揚げ。
ちんちん揚げはこれ。
ちんちん揚げ

ここではサブ扱い。

ここではなめろうの、
3通りの食べ方をお勧めされます。

  • まずはそのまま、
  • ご飯にのせて、
  • 出汁をかけてお茶漬けに
  • なめろうの食べ方

    これはまさに名古屋の「櫃まぶし」と、
    同様の食べ方ですね。

    また、昨夜の「まるげん」でみた

    「うずわ定食」

    の食べ方も同様でした。

    郷に入れば、郷に従って、
    3通りでいただきました。

    食事をしていると、
    火の入った出汁をセットしてくれます。
    ちんちん揚げのセット、出汁

    湯気が出てきたらタイミング、

    ということで、他のおかずをいただきながら、
    湯気を待ちます。

    すぐに湯気が出てきました。
    なめろうをご飯に載せ、
    付け合せのわさび漬けや錦糸たまごも一緒に。
    なめろう

    あとは出汁をかけて、いただきます!
    お茶漬け

    このとき、出汁と共に、
    ご飯の「お櫃」をいただきましたが、
    ご飯そのものはあまり食べませんし、
    お腹一杯だったので、お櫃には手をつけずにご馳走様。

    本当に満足できる朝食でした。

    「ちんちん揚げ」は、
    昨夜の「まるげん」でスルーしましたが、
    朝食でいただいたらとても食べやすくて美味しいです。
    ちんちん揚げ

    ちんちん揚げは、
    鯖のすり身と生姜・葱を揚げたもの、
    おでんのネタにしたらより美味しく、
    奥が深そうな、そんなネタですね。

    朝食あの後は、
    プールと温泉に少し浸かり、
    ちんちん揚げを食べた後のプール
    今日でチェックアウト。

    時間が経つのが惜しく感じます。

    元の記事へ

    お読みいただきありがとうございました。 「いいね!」お願いします
    最新情報をお届けします。
    旅行記
    baronをフォローする
    四季のブログ/丹志井商店

    コメント