草津ホテルと片岡鶴太郎美術館の週末旅行へ

旅行記
baron
baron
丹志井商店へようこそ! 
かんたんプロフィールへ

国内温泉旅行先として不動の1位をひた走る、人気の草津へ行ってきました。

夫婦の弾丸週末1泊旅行で泊まった「草津ホテル」を細かく紹介します。写真多目なので1分くらいで読めると思います。

温泉へ行こう~

草津ホテルのロケーション

草津にあるホテルの中でも湯畑や西の川原公園に近い、ちょっとだけ小高い丘の上にある老舗旅館です。

公式ホームページはこちら;

<公式サイト>草津温泉 草津ホテル 西の河原入口
群馬県草津温泉「草津ホテル」です。別館「綿の湯」も。敷地内には片岡鶴太郎美術館もございます。露天風呂、貸切り風呂(家族風呂)、足湯も有ります。ご予約もインターネットで。

館内・部屋の様子

草津ホテルの管内の様子

部屋は三階でした。

風が通りやすいロケーションのようで、気持ちよい風が吹いてました。

扇風機しかなくてちょっと暑かったですが、和風で落ち着きますね。

普段は甘いもの食べませんが、このときはついつい饅頭をいただきました。

草津ホテルの部屋

草津ホテルの部屋

カフェスペースには足湯もあります。

宿泊すると、チェックアウト後でもここで休んでOKです。

新聞・本があるほか、扇風機とコーヒーマシンが無料で使えます。

草津ホテルのカフェスペース

このあたりの雰囲気は「界 伊東」にも通じるものがありますね。

星野リゾート「界 伊東」へ行ってみた 温泉、グルメありのサービスに心から満足 
星野リゾート系列では初めての「界 伊東」へ行ってきました。 温泉よし、プールよし、グルメよしの食べ歩きは熱海よりもお勧め。 ミシュランなどには載りませんが、うずわやちんちん揚げのようなご当地グルメには是非ともご賞味ください。


トリバゴ

トリバゴ

源泉かけ流しの温泉

pH2という強酸性の硫黄泉が草津温泉の特徴です。

別館に「綿の湯」というのがありますが今回は本館です。

写真撮れなくて残念だったのですが、宿泊すると「貸切の家族風呂」に入れることがあります。

今回、運よく貸し切りを取れたのですが、写真忘れてしまい残念、、、

館内は茶室や休憩スポットがあります

草津ホテルの茶室

片岡鶴太郎が正月にお茶会をここで開くようですね。

きちんと水があって(茶室に入る前に手と口を清める)、なかなか本格的なつくりです。

草津ホテルの水場

お風呂上りにはここで水分補給したり、囲碁を楽しめます。

畳が気持ちよいですね。

草津ホテルの湯上りに

草津ホテルの隣には片岡鶴太郎美術館

草津ホテル隣の美実菅

今回の旅行ではサービスで鶴太郎美術館のチケットもいただきました。

旅先でゆっくり美術鑑賞もなかなかオツなもので、適度に涼しい館内でゆっくり見ました。

写真撮影OKなので少しだけご紹介します;

美術館

美術館

美術館

草津ホテルでのお茶会の様子です。
美術館

他にもたくさんの絵画や作品が所狭しと飾られてました。

草津ホテルについてのご注意

草津ホテルの館内

山の中の温泉街にある老舗ホテルですが、草津ならではのご注意していただきたい点があります。

アクセスに時間がかかります

これは温泉旅館の宿命ですが、やはり時間はかかります。

東京からだと、こんな感じで乗り継ぎを繰り返してやっと行くことができます。

  • 上野駅から特急あかぎ「草津号」(2時間28分)
  • 長野原草津口からJRバスで草津温泉バスターミナルへ
  • 草津温泉バスターミナルからホテルごとに送迎バスでお迎え
  • アクセス | 草津温泉 草津ホテル
    電車+バスでお越しになるには 上野→特急「草津号」(2時間28分)→長野原草津口→JRバス(25分)→草津温泉バスターミナル 東京→長野新幹線(1時間10分)→軽井沢→草津バス・西武高原バス(55分~1時間18分)→草津温泉...

    電車を使わずに、レンタカー・マイカーでドライブがてら訪れるのも良いですね。

    秋の紅葉シーズンだと山の色がとても綺麗になっていると思います。

    草津ホテルは駐車場がありますし、ドライブして来訪されている方もいらっしゃいました。

    エアコンがちょっと少ないです

    草津温泉バスターミナルは飲食店も扇風機でしたし、なんと草津ホテルも基本は扇風機でした、、、

    湯上りの休憩スペースなどは冷房が効いてましたが、カフェスペースなどは扇風機です。

    新館をリニューアルして個々の部屋に冷房をつけているようなので、今後は大丈夫かもしれません。

    正直なところ2018年の7月は暑かったので、ちょっと危ないところでした。

    街の飲食店でも扇風機だけのところはちらほらありますので、夏シーズンは避けておくほうが無難と思います。

    お読みいただきありがとうございました!

    旅行のお役に立てれば幸いです。

    baron
    baron
    それではこのへんで。
    サイトマップへ


    トリバゴ

    トリバゴ

    にほんブログ村 旅行ブログへ  にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

    お読みいただきありがとうございました。 「いいね!」お願いします
    最新情報をお届けします。
    旅行記
    baronをフォローする
    四季のブログ/丹志井商店

    コメント