横浜野毛をはしご「宮川橋もつ肉店」「ダンダダン酒場」

旅行記
baron
baron
さわでぃ~かぁ~

丹志井商店へようこそ!

横浜の隣、桜木町、野毛には魅力的な飲食店がたくさんありますよね。
今回はもつで有名な「宮川橋もつ肉店」と餃子の「ダンダダン酒場」へ行きました。

宮川橋もつ肉店

久しぶりに行ってきたのでレポ。

#横浜 #野毛飲み #宮川橋

A post shared by 旅行ブロガー/丹志井商店 (@nishii_showten.llc) on

ちょっと物申したいこともあり、詳細レポ。

オーダー!

連れに席を確保してもらい、自分はオーダーのためにカウンターへ列を作ります。

  • 皿焼きレバー
  • 牛レアロースト
  • 塩ユッケ風ロースト
  • たたき2本
  • 小袋刺し
  • ぢごくとーふ
  • をオーダーです。

    それぞれ、だいたい350-400円くらいでしょうか。

    この2年くらい通ってますが、特に値段変更もなく、良心的な安さ。

    #横浜 #野毛飲み

    A post shared by 旅行ブロガー/丹志井商店 (@nishii_showten.llc) on

    オーダーするときに、店主のちょっとした異変に気付いたんですが、気にせずオーダー終了。

    合計3600円くらいかな。
    2人で立ち食い、まあ安い。

    立ち飲みでも食べ物クオリティが高い

    最初に来たのは焼き物のたたき。
    つくねみたいなもんで、レモンをぎゅっと絞ってかぶりつきましょう。
    ※絞ったレモンはハイボールにドボンします

    宮川橋もつ肉店の焼き物 たたき

    ここの店員さん、来るたびに変わってて、店長と思しき方は体力的に限界なのだろうか。
    明らかに、”老い”の影響を受けている、、、
    大丈夫か、、、

    塩ユッケ風が来た。
    店に置いてある、ガスバーナーであぶって食べるのがルールだ。
    決して、生でいただいてはいけない。
    これは本当で、あぶって食べるのが正式ルール。
    これ本当。ぜったい。
    なま、だめ。です。

    皿焼きレバーも来ました。

    しつこいようですが、レバ刺しではないです。
    これから、バーナーでこんがりあぶるのです。
    ミスって生の写真を撮りましたが、そこは勘弁してほしいww

    宮川橋もつ肉店の皿焼きレバー

    小袋刺しもきた。
    これはボイルしてあるのでそのまま行ける。
    ピリ辛。

    宮川橋もつ肉店の小袋刺し

    牛レアロースト。
    聞きあきたかもしれないが、これからバーナーで炙るのだ。
    これもミスって生の写真を撮ってしまった。

    宮川橋もつ肉店の牛レアロースト

    ちょうど、冬季五輪のオープニングがテレビモニターに映っていました。

    その横目で店員さん、他の客とのやりとりが目に映りました。初めて見る店員さんでした。

    初オーダーの地獄とーふw
    一味がたっぷり仕込まれていて、これもなかなうまい。

    宮川橋もつ肉店の地獄とーふ

    あえて苦言を書いておく(備忘録)

    これは書くのをためらうのですが、あえて書こうと思います。

    隣のテーブルのお客産のやり取り。
    オーダーが来てないものがあるらしいですね。それで、店員さんに聞いてるんです。

    お客:すみませーん
    店員:(内容聞かずに)追加オーダーはカウンター行って
    お客:いや、あの、これこれ(オーダーしたもの)来てないんですけど
    店員:え?
    お客:や、これこれまだですか??
    店員:いやー俺に言っても早くならないから
    お客:(- -;)

    一触即発か?
    と思ったが、ちょうど飲み物もなくなり、店を出た。

    セルフで片付け、テーブルをキレイにふきふきして出るのがルール。

    たまに、片付けせずに帰る客がいるんです。
    片付けてもテーブルが汚いままの客がいるんです。

    自分はそっと、そんなテーブルを拭くんです。
    次のお客が来るから、気持ちよく飲んでほしいですよね

    この店は、互いの信頼関係で成り立っているのですが、どうも、そのバランスが崩れ始めているような気がしてなりません。

    人気店になるにつれて客層が多様化してルールが守れらなくなるのはどこも同じだと思いますが、ここの場合、ちょっと上から目線な接客鼻につき始めた気がします。
    今後、何もなければ良いのですが、客から見切られたらちょっと厳しいような気がします。

    もう一件行きましょう。

    ダンダダン酒場

    高田馬場にある店舗は一度だけ行ったことがありました。
    なんと桜木町に進出。嬉しい限りです!

    肉厚の餃子。
    皮は全粒粉使用との事。
    もっちりじゅーしい、タレも何もつけずにイケます!

    野毛のダンダダン酒場 餃子

    あひるの卵。
    ピータンですね。
    連れがピータンファンになりましたw

    野毛のダンダダン酒場 ピータン

    ここは店員の教育もなかなかで、女性客が多いのも印象的でした。
    割とお勧めできます。

    こういう気持ちのいい店が増えるといいですね。

    Shop information

    @横浜駅から桜木町経由で徒歩8-10分。
    2人で¥2,000-4,000.くらいです
    Google MAP
    横浜駅からの経路を表示します
    ☆現金オンリー!なのでご注意!

    baron
    baron
    それではこのへんで。
    こーぷくんかぁ~
    お読みいただきありがとうございました。 「いいね!」お願いします
    最新情報をお届けします。
    旅行記
    baronをフォローする
    四季のブログ/丹志井商店

    コメント