小田原にある隠れた名店 城下町ホルモン

旅行記

小田原にあるホルモンの名店、城下町ホルモンに行ってきました。
2人で7千円ちょい、個性的な味付けに大満足!

baron
baron
すらまっぱぎ。
丹志井商店へようこそ!

「城下町ホルモン」は小田原なので移動がけっこう大変です。

ですが、美味しい肉を食べたいという明確な目標があって、
移動コストを厭わないのなら、
とても個性的なホルモンにありつけます。

それではどうぞ;

飲み物をオーダーして、
肉を厳選。

いつもはキムチと刺しものひとつ、
あとはホルモン盛り合わせでした。
小田原にある隠れた名店の城下町ホルモンのメニュー

まずはキムチと、
刺身はハチノスをチョイス。
ハチノスは牛の第3胃袋ですね。
ボイルしてあるので安心です。
小田原にある隠れた名店の城下町ホルモンのキムチとハチノス刺し

今回、初挑戦したのが、
ホルモン盛り合わせ、8種盛り。
小田原にある隠れた名店の城下町ホルモンのホルモン8種盛り

肉は、

  • しろころ、
  • がつ芯、
  • ハツ、
  • コプチャン、
  • 豚とろ、
  • こぶくろ、
  • コリコリ(ハツモト)
  • のどぶえ
  • です。

    ひらがな→豚ほるもん、
    カタカナ→牛ホルモン、
    ですね。

    ↓しろころをのせるときは、
    七輪がファイヤーしないよう、
    端にのせます。
    ここでじっくり焼きます。
    小田原にある隠れた名店の城下町ホルモンのマルチョウ

    ↓がつ芯、
    オリーブオイルをベースにした、
    バジルをまぶした洋風の味。
    小田原にある隠れた名店の城下町ホルモンのガツシン

    ↓のどぶえ、
    これは初体験。
    コリっとした歯ごたえが心地よいです。
    小田原にある隠れた名店の城下町ホルモンののどぶえ

    ↓コリコリ(ハツモト)、
    ハツモト自体は、他の店でも、
    けっこうお目にかかります。
    ここのは、味付けが「ガーリックバター」なんです。
    小田原にある隠れた名店の城下町ホルモンのコリコリ(大動脈・ハツモト)
    ※バターなので、油断すると、
    すぐに七輪がファイヤーしますww

    ↓追加注文はハラミ。
    ワサビ付なのがうれしいですね。
    小田原にある隠れた名店の城下町ホルモンの牛ハラミ

    ↓ハラミはレア気味に焼いて、
    ワサビをオンしていただきました。
    小田原にある隠れた名店の城下町ホルモンの牛ハラミをワサビ乗っけていただく

    お会計は7千円ちょい、
    交通費も考えると、ちょっと高いですが、
    小田原城へ観光に行った帰りによるのも面白いと思います。

    shop info;
    カードOK、予約OK,個室あり。
    ※この時は機械故障でカード使えませんでした

    baron
    baron
    それではこのへんで。
    てりまかし。

    ☆☆ 飲食店記事 ☆☆

    神保町-キッチン南海-さぼうる
    京成立石-うちだ-みつわ-江戸っ子-
    新橋-ジンギスカン楽太郎
    札幌-しまだやジンギスカン-
    横浜-野毛(桜木町)宮川橋もつ肉店,ダンダダン-
    銀座-トラットリア ドルチェビータ-

    おまけ。

    ここに2人で来れるようになればもう大丈夫!



    お読みいただきありがとうございました。 「いいね!」お願いします
    最新情報をお届けします。
    旅行記
    baronをフォローする
    四季のブログ/丹志井商店

    コメント