クラブラウンジ旅行記:クアラルンプール リッツカールトン 2018-GW

旅行記
baron
baron
丹志井商店へようこそ! 
かんたんプロフィールへ

最高のおもてなしとは何か?
リッツカールトン(@クアラルンプール)への夫婦旅行レポートです!

2018年GW、初めてのクアラルンプールへ。
リッツカールトンへ2泊、しかもクラブラウンジを予約しました。

これまで庶民的な旅行がメインだった我々夫婦にとって、普段よりも一段レベルアップした豪華ホテルはいかなる内容だったか?

ラウンジでいただく食事や無料のプール、ペトロナスタワーにローカルグルメなど。

ちょっと奮発すれば体験できる贅沢なサービスを、できるだけナマの声でお届けします!

写真多めなのでさらっと2分くらいで読めちゃいます。

KUL(クアラルンプール)へGo!

KUL(クアラルンプール)へ羽田からAirAsiaで行きました。
久しぶりの国際線ということもあって早めに羽田の国際線へ行ったのですが、さすがLCC,所定の時間まで手続きできませんとな、、、

いきなり出足払いですが、めげずにブログ書いたりして羽田を満喫w

初めての国際線LCC、いろいろ思うところはありました。
調査不足だったのですが、機内のサービスが有料なんですね。
まさか、ブランケットまで有料(しかも回収される)とは、、、
ブランケット1枚10リンギット、しかも30リンギット以上の会計じゃないと、クレジットカード使えませんとな、、、

機内が寒かったので、2人で3枚のブランケットをレンタル、クレジット払いしました。

帰りはもう少し準備しようと思いました。

やはりキャリアの差はでかいですね。

リッツ・カールトンホテルへ移動

KULからはタクシーでリッツへ。

予めDLしていたGrabというアプリで手配。
の、、、予定でしたが、いまいち使い方わからず、taxiカウンターで行き先を告げて先払い(カードで約3,000円)。

片言の英語でリッツまで到着。

なかなか快適なタクシーでした。

スーパーアーリーチェックイン!

リッツカールトンホテル クアラルンプールのエントランス周辺

チェックインしようと、早朝のカウンターへ。

リッツカールトンホテル クアラルンプールのエントランス周辺

チェックインは15時からが通常ですが、なんとこの時は朝からチェックインできました!
これはかなり助かりましたね。

リッツカールトンホテル クアラルンプールの廊下

特に問い合わせとかしたわけでなく、タクシーから降りて、そのまま流れでチェックインしてくれました。
このあたりの柔軟さはリッツならではかもしれません。

部屋の様子

なかなかの重厚感です。

リッツカールトンホテル クアラルンプールの部屋

ウエルカムドリンクならぬ、ウェルカムスイーツがお出迎えです。これはルームクリーニングのたびに提供されました。コーヒーにぴったりですね。
リッツカールトンホテル クアラルンプールの部屋 ウェルカムスイーツ

無料のカフェマシンがあってカップも常備されてます。さすが。

ベッドはキングサイズ。大きいですね。
リッツカールトンホテル クアラルンプールの部屋 ベッド

ベッドサイドテーブルも地味に豪華ですね。
ミネラルウォーターは、常に人数分×2本くらいセットされてます。
リッツカールトンホテル クアラルンプールの部屋 ベッドサイドテーブル

スイートではありませんが、ソファがあってかなり広いです。ソファで寝れそうですよね。
リッツカールトンホテル クアラルンプールの部屋 ソファ

コンセントは日本サイズのものがそのままささってつかえました。これは助かりますね。
リッツカールトンホテル クアラルンプールの部屋 コンセント

クラブラウンジへ行ってみよう

さてさて、今回の主役?
クラブラウンジへ。

その様子を少しだけどうぞ;
リッツカールトン クアラルンプールのクラブラウンジ 食事ビュッフェ
フルーツがたくさんありますね。
スイカやメロンなど、日本でもお馴染みのフルーツがありますが、味はちょっと薄め、、
日本の感覚で食べると、糖分がすくなく、ちょっと物足りないかもしれません。
リッツカールトン クアラルンプールのクラブラウンジ 食事ビュッフェのフルーツ

チーズが数種類、ドライフルーツにナッツ類と、チーズ好きにはたまらないですね。何度も取りに来ちゃいました。
リッツカールトン クアラルンプールのクラブラウンジ 食事ビュッフェ

お肉的なものはそこまでがっつりありませんが、ビュッフェ定番のローストビーフ、スモークサーモン、鴨のローストあたりがあります。

リッツカールトン クアラルンプールのクラブラウンジ 食事ビュッフェ

名物アフターヌーンティーにノックアウト

アフターヌーンティーにはこれが来ます!
上から順に、

  • ひとくちハンバーガー、サンドイッチ
  • ミートパイ、野菜のパイ
  • スコーン
  • です。なかなかのボリュームですね。ほぼランチですよこれ、まだ夕食の前なのですが(笑)

    リッツカールトン クアラルンプールのクラブラウンジ アフターヌーンティ

    それに追加で別途スイーツが来ます!
    ショコラのケーキ、レモンクリームのエクレア。
    カロリーは、明日考えましょう(笑)
    リッツカールトン クアラルンプールのクラブラウンジ アフターヌーンティ

    スコーンにつけるのはいちごジャムとマーマレード、あとはバターがおいしいですね。
    スコーンは焼きたてなのか、ほんのり温かいです。
    バターがとてもフレッシュな感じで、これだけで食べられそうな感じです。
    カロリー(笑)
    リッツカールトン クアラルンプールのクラブラウンジ アフターヌーンティ

    ちょっとご注意なのは、お酒の提供は夕方五時からということですね。
    マレーシアはお国柄か、そこまでお酒が飲まれない??ようです。

    Level-4にはプールもあります

    リッツカールトン クアラルンプールのメインプールでくつろぐ 

    もちろん無料で使えます。
    クラブラウンジは無料で飲み食いできますので、プールで運動しましょうw

    ここはカウンター近くにある、メインプールですね。実はもう一つありますが、後ほど。
    リッツカールトン クアラルンプールのメインプール

    リッツカールトン クアラルンプールのメインプール

    目の前では新しいホテル?の工事が進んでます。
    プールサイドでまどろんでいると、工事の音がちょっと「ガシンガシン」と聞こえたりしますww
    まあ安全なプールサイドで工事現場を眺めるのもまた一興です。クレーンが動いて、命綱もろくにつけていない(ように見えました)作業員がぴょんぴょんと工事を進める現場、なかなかのスリルですww
    リッツカールトン クアラルンプールのプールから見える工事現場

    もう一つのプールはちょっと奥まったところにあります。
    こっちだと水しぶきをあげて打たせ湯のようにシャワーを浴びることができます。
    インドネシアの沐浴のような感じもできますね。静かにすごすなら、こちらのほうが良いかもしれません。

    リッツカールトン クアラルンプール サブプールの水浴び

    リッツカールトン クアラルンプールのサブプール

    ちなみにプールサイドのカウンターには果物とミネラルウォーターが常備されてますし、バスタオルもあります。
    リッツカールトン クアラルンプールのプール カウンター

    部屋に届いたレター。
    クラブラウンジのことが説明されてます。

    #ritzcarlton #clublounge

    丹志井商店さん(@nishii_showten.llc)がシェアした投稿 –

    クアラルンプールのローカル観光も少し

    ホテル引きこもりが断然お勧めですが、ツインタワーや現地のたべものも楽しみました。

    ツインタワーへ

    クアラルンプールの象徴的なツインタワー、ペトロナスタワーへ。
    リッツから徒歩で20-30分ほどでしょうか。

    ローカルフードを求めて ドリアン初体験!

    ホテル近くでローカルフードを堪能しました。
    ついに念願の「ドリアン」初体験です。
    まさかあんな食べ方をするとはちょっとびっくりです。

    クラブラウンジ・クアラルンプール雑感

    全体的に、東京の都心部に近いような雰囲気で、まだまだ粗削りなところはあるけれど、とても力のある街に感じました。

    ホテルはリッツカールトンにしたので、もう特にいうこともないのですが、クラブラウンジについてはなかなかでした。

    時間をあまり気にせずに食事をゆったり楽しめます。
    お酒についてはもう少し改善の余地がありそうに感じましたが、地域柄、お酒はあまり飲まれないのでしょう。

    たまにする贅沢としてはとても満足のゆくものでした。

    baron
    baron
    それではこのへんで。
    サイトマップへ


    トリバゴ

    トリバゴ

    にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

    お読みいただきありがとうございました。 「いいね!」お願いします
    最新情報をお届けします。
    旅行記
    baronをフォローする
    四季のブログ/丹志井商店

    コメント

    1. […] クラブラウンジ旅行記:クアラルンプール リッツカールトン 2018-GW […]

    2. […] クラブラウンジ旅行記/丹志井商店より […]