魚金の立ち飲みで満腹 新橋界隈で美味しい魚系の居酒屋を梯子

旅行記
baron
baron
丹志井商店へようこそ! 
かんたんプロフィールへ

サラリーマンの聖地といわれる新橋、
刺身を求めて梯子酒。

ふらっと行ける立ち呑みもあり、選択肢はいろいろですね。
〆は人気の「魚金」系列。

ボリューム満点、ここはまた行きたい。

スポンサーリンク

ニュー新橋ビル 破天荒

ニュー新橋ビル 破天荒
駅前のSL広場のとなり、ニュー新橋ビル。

サラリーマンの聖地(?)のここには地下に立ち飲み屋があります。

キャッシュオン方式ですが刺身などの海鮮ものが豊富。

刺身盛り

特に刺身は盛り合わせが良いですね。

ニュー新橋ビル 破天荒の刺身盛り
ニュー新橋ビル 破天荒の刺身盛り

コレで500円はお値打ちです。

ここは女性の一人客もいて、わいわいと呑む感じです。
一人でふらっと入っても、そこまで居心地は悪くないように感じました。

一見さんもいらっしゃい

食べ物はちょっと相談すれば追加したり別のものにしてくれたり、割と融通利きますね。

アレンジOK

柔軟性はこの店ならでは。
うなぎはありませんが、肝があります
スポンサーリンク

炉端 たぬき


ここは残念ながらもう行かないと思います。

理由としては、

「ビールが美味しくない」

からです・・・。

たぶん、

  • サーバー洗浄してない
  • そもそも本当にビール?発泡酒では?
  • と思うほどの残念な感じ、、、

    魚介はうまそうですが、、

    焼き蛤

    刺身盛り合わせはたいしたこと無かったのですが、まあ焼き蛤(ホンビノス貝じゃない!)がとてもぷりぷりで旨かったので良しとしましょう。

    あと目の前にあったホッケが肉厚で、生牡蠣や鮎もあったり、ラインナップはなかなかだと思います。

    ビールをもっとよくして欲しい、、、

    それだけが残念、、、

    スポンサーリンク

    立ち呑み 活力魚金


    たぬきをすぐに出て、その後来たのがこちら。

    新橋にひしめく名店「魚金シリーズ」の立ち飲み店。
    運よく二人で入店できました。

    たしかここはボリューム満点だったよなと思いつつ、

  • 刺身3点盛り
  • 生牡蠣(3個)
  • 出し巻き卵
  • を注文。

    ボリュームが凄い!

    生牡蠣3個、予想の1.5倍の大きさ。

    危うくここで満腹になりそうに、、

    生牡蠣

    刺身盛り

    刺身盛りきました。
    これもボリュームがすごい!
    鮨(鉄火巻)まであるしもうまったく3点じゃないですこれww

    嬉しいのは鮨にあわせてガリがあって、ガリも一緒に食べたりして刺身をアレンジして食べられるところ。
    邪道かもしれませんが、鯵の刺身とか、生姜とガリを小皿でさっと混ぜて(あれば大葉とか葱も)たべるのもなかなかオツなものです。

    刺身盛り

    出し巻き卵

    出し巻き卵がまたなかなか濃厚な出汁の香りがして、注文ごとに焼いて作っているようです。
    出し巻き卵

    平日でしたが、キャパシティの割りに店員さんが2名しかおらず、てきぱきとミスなくオペレーションを捌く感じが見てて気持ちよいですね。

    飲み物も遊び心満載!

    シャンパンタワー?を再現したような「こぼれスパークリング」は、ソーサーシャンパングラスを2つ重ねてどぼどぼと2杯分!
    コレで710円なり、、、

    こぼれスパークリング

    こぼれスパークリング
    こぼれスパークリング

    このときは日本酒を控えましたが、小さい1合瓶の日本酒が20種類くらい冷えてました。

    2本頼んで飲み比べたり、いろいろ遊べますね。

    この日は「魚金総本店」へ行きたかったのですが、予約してなかったせいもあり、19時入店できず、、、

    次回、またリベンジしてみようと思います。

    2019/2/5追記。
    魚金総本店、ついに行きました。

    魚金総本店 新橋でいただく魚がうまい店
    人気の刺身居酒屋「魚金」。 なかでもひときわ目に付く「総本店」。 人気の店にふらりと入れたのでレポートします。 立ち呑みの魚金とどこまで違うのでしょうか?
    baron
    baron
    それではこのへんで。
    サイトマップへ

    にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

    お読みいただきありがとうございました。 「いいね!」お願いします
    最新情報をお届けします。
    スポンサーリンク
    旅行記
    baronをフォローする
    四季のブログ/丹志井商店

    コメント