鮨 近藤  本鵠沼にある北海道ネタが売りのミシュランホルダー

旅行記
baron
baron
丹志井商店へようこそ! 
かんたんプロフィールへ

湘南はグルメで目立つことは多くないですよね。
海は近くて、海産物も豊富ですが、お鮨の有名店は聞いたことがありません。

ですが通りすがりの店を調べてみたら、まさかのミシュランホルダー!

というわけでちょっとした記念日に、行ってきました「鮨 近藤」。
北海道ネタが売りということで、元道民として厳しい目で味わいました(半分冗談です)

コース料理をオーダー

コースメニューが3種類。
これを中心に飲み物も豊富にそろえてます。

  • 8,000円コース
  • 前菜・刺身・季節の料理・握り・お椀 .

  • 10,000円コース
  • 前菜・刺身・季節の料理・握り・お椀 .

  • 極みコース(税込12,960円)
  • 訪れたときは10,000円コースをオーダー。
    料理を一部紹介しますね。

    おつまみ

    雲丹(ウニ)

    いきなり雲丹が!
    嬉しいのは、通常のムラサキウニだけでなく、バフンウニまで標準装備ということ!

    バフンウニ(写真右側のオレンジ色のほう)は北海道でもなかなかない高級品。

    ※店主は北海道札幌出身との事。

    お次は、蟹です。
    毛ガニの身に、ミソがオンしてます。
    やや、なんたる贅沢、、、
    鮨 近藤 蟹

    穴子(アナゴ)

    穴子ですね。
    わさびをつけていただきます。

    鮨 近藤 アナゴ

    ここから握りです

    中トロ

    これは中トロですね。
    鮨 近藤 中トロ
    握りには、あらかじめ醤油をベースにしたタレがついてます。
    なので、そのまま口に放り込むだけ。
    こういったところがうれしいですね。

    サーモン

    これはサーモン。
    鮨 近藤 サーモン

    感想。

    大変おいしゅうございます。

    魚介類は実家でそこそこ食べてました。
    それだけに??鮨は食べつけているわけでなく、そこまでのこだわりはありません。
    とはいえ、ここまでレベルが高いネタを見ると、とても嬉しいですね。

    ちょっと気になった点。

    店主、もう少し爪に気を配りません?

    ということと、

    ネタの捌き方に??なところが。
    貝系のものだったように記憶しています、
    「べしっ!」とネタを叩きつけるようにまな板へぶつけるんですよ。

    きっとそれがネタにクセをつける(?)方法の一つなのでしょうが、「べしっ!」という音に若干びっくりしました。

    あとは好みの問題なのでしょうが、店全体に透明感がありすぎて、なれてない私にはちょっとまぶしかったです。

    とはいえ味は抜群なので、年に1度くらい行きたいですね。

    「近藤」アクセス情報

    東京駅⇒(JR東海道線)⇒藤沢駅、乗り換えて
    藤沢駅⇒(小田急江ノ島線)⇒本鵠沼駅、
    線路沿いを歩いて徒歩1分ほど。

    baron
    baron
    それではこのへんで。
    サイトマップへ

    にほんブログ村 グルメブログへ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

    お読みいただきありがとうございました。 「いいね!」お願いします
    最新情報をお届けします。
    旅行記
    baronをフォローする
    四季のブログ/丹志井商店

    コメント