「界 加賀」の朝食レポ いしる鍋が美味しい石川の味

旅行記
baron
baron
丹志井商店へようこそ! 
かんたんプロフィールへ

活ずわいがに懐石を楽しんだ翌日の朝食です。

「活ずわい蟹会席」を求めて「界 加賀」へ 蟹の様子を詳細レポート!
カニと言えば、元道民として ・毛蟹 ・タラバカニ といったものを連想します。 正直なところ、元道民としては ・ズワイガニ は格下に感じちゃうんですよ。 失礼すみません、まあ読んでみてください、私の心境変化を嫌というほど書きました。

朝食メニュー

ちなみに朝食はセットです

以前に泊まった「界 伊東」もそうでしたが、「加賀」も朝食はセット。
必ずついてくるようです。

星野リゾート「界 加賀」へ プライベート露天風呂とズワイガニ会席を食べつくす加賀の旅
星野リゾート「界」シリーズ、2019年の「界」初めは「加賀」へ行って来ました。 「ミシュランガイド富山・石川(金沢)2016特別版」において、旅館部門で「4レッドパビリオン」(最上級の快適の中でも特に魅力的)と評価された「界 加賀」。 温泉好きにはたまらないプライベート露天風呂と優雅な雰囲気をゆっくりお楽しみください。

お茶とお絞り

お茶を飲みながら、朝食を待ちます。
部屋は個室、全て担当の方がセッティングしてくれます。

セットが到着

なかなか豪華です

「界 伊東」に比べてもうまそうですね。

ちんちん揚げを「界 伊東」の朝食で! 地物をふんだんにつかった朝食です。
☆ 本編は、 「界 伊東」の宿泊記事からの続きです。 ☆ 朝の8:30、 指定された時間に合わせて、 朝食の場へ向かいました。 案内されたのは、 庭園が見える、 眺めの良い...

個別メニューを見てみよう

温泉卵、味噌汁

温泉卵、味噌汁。
「ふ」の味噌汁ですね。
温玉はそのままツルッと食べるもよし、ご飯にオンしても良さそう。

とろはた

はたはたですね。
頭以外は全部かじりついて食べられます。
そんなに大きくないですが、旨みが強いとても美味しい魚です。

はべん

これは「はべん」というそう。
味は、色違いのかまぼこです。

メインは「いしる鍋」

「いしる」はイカの醤油(魚醤)

じっくり煮ます

椎茸など、時間かかるものから先に鍋へ。

海鮮系も追加

海老とイカがセットされてます。
遅れて鍋へ追加。
火はよく通してからいただきます。

柚子胡椒を添えて

取り分けて、いただきます!

柚子胡椒無しでも十分に美味しい。
「いしる」はイカの醤油ですが、やはり海産物との相性抜群。
豆腐や椎茸にしみた味も格別。
アクセントに柚子胡椒をつけるとまた違った風味を楽しめます。

感想

個室でいただくゆっくりとした朝食は贅沢ですね

「いしる鍋」は見た目よりもとてーも美味しく、加賀の味、石川の味を十分に楽しめたように思います。

界シリーズに泊まるときは、あまり十分な下調べはしていません(ホテル内に引きこもる事が多いため)。
ですのでその地域の特産品などは、こうして界の食事を通じてわかることも。

今回はズワイガニ懐石がメインになりましたが、朝食のいしる鍋を知れて、家庭料理の味付けレベルが上げられそうに感じました。

星野ならではの気配り

細かな気配りはさすがです。
ちょっと薬を飲もうとしていたら、すかさず気付いていただいて、水をもらいました。
こういう細かいところが星野リゾート界ならではのおもてなしと感じます。

食後のコーヒーと甘味

チェックインしたロビーには無料のコーヒーセットが。さっそくいただきます。

ウェルカムフルーツのかわりに甘味

部屋にコーヒーをテイクアウトして、甘味と一緒にいただきました。
食感が面白い和風のお菓子です。

「いしる」の紹介

ざっくり言うといわゆる「魚醤」です。
いままでの魚醤より味が濃く、鍋物のベースにしたり、すまし汁の出汁にも使えそう。

という訳で、我が家は小さいサイズのいしるを購入して帰りました。

あとで調べたらアマゾンにもあったりして、今後、無くなったら買い足しする予定です。

濃い目の味が好きな方に向いてますので一度お試しください。

価格比較用リンク↓

baron
baron
それではこのへんで。
サイトマップへ

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

お読みいただきありがとうございました。 「いいね!」お願いします
最新情報をお届けします。
旅行記
baronをフォローする
四季のブログ/丹志井商店

コメント