ハーレーロードスター「潮をかぶって」予定外の洗車

旅行記
baron
baron
丹志井商店へようこそ! 
かんたんプロフィールへ

江ノ島ツーリングの帰り道、まさかの潮かぶりを経験しました。
ついでに洗車してしまおうということで、江ノ島の潮かぶりポイントと洗車グッズをご紹介します。

スポンサーリンク

江ノ島の潮かぶりポイントはこちらです

ロータリーあたりから出発して、まさに江ノ島と藤沢をつなぐ橋にかかるところ、ここからが危ないポイントです↓

潮かぶりポイントのストリートビュー

自分がかぶったところはここでした↓

潮かぶりの条件(?)

あくまで予想ですが、そのときの状態を整理すると、今後の潮かぶりタイミングを予想できるかもしれません。

私の時は
・2019/1/20
・日曜日
・午後17時くらい。
・潮の満ち引き:大潮(海水の満ち引きが一番大きいタイミング)

取得元;

404 File Not Found

タイミング悪かった、、、

16時頃に潮が満ちて、夕方から徐々に潮が引いてくるタイミング。
こういうときに、波は意外と大きくなるものです。

そのときにちょうどロードスターで通りがかったんです。
しかも、夕方の帰宅時間で車の大渋滞。
潮かぶりポイントを一刻も早く通過したかったのですがそれもかなわず、

ザブン、ぴしゃっ、
ザブン、ぴしゃっ

と潮を浴びましたとさ、、、

スポンサーリンク

帰宅してすぐに洗車!

本来、エンジンが冷えるのを十分に待ってから洗車すべきなのでしょう。
ですが、今回は夕方に潮を浴びて、ちょうど日が落ちてきているタイミング。

帰宅してエンジン止めて、数分くらいは冷却期間とりましたが、その間に洗車の準備して、すぐに洗い始めました。

潮かぶった箇所

フロントフェンダー
タンク
※写真なし
フロント側シリンダー
リア側シリンダー

ハーレー純正洗剤で洗車

ハーレーを新車で買うと、サンプルとしてケアグッズを付けてくれます。
こんなに早く洗車する予定は無かったのですが、潮を被ってしまった以上、すぐに落としたいところ。

ほっとくと錆びるし時間がなくなってきたので、バケツで薄めた洗剤をざっとかけます。
エンジン周りからは、水蒸気が上がってしまいましたが、やむなし。

とはいえ、少しずつ、あまり急激に冷やさないようにかけました。

その後、同じバケツで2回ほどすすぎ。
手持ちの雑巾で潮ついたところは軽く拭いて、エンジンのフィン周りは届かないので自然乾燥に任せることで対応。

なかなか綺麗になりました。

スポンサーリンク

そのほかのハーレー純正ケアグッズ

バグリムーバー

フェンダーやカバーについた虫やら鳥のフンとか、錆びにつながるものをしゅっと溶かしてくれるもの。

ホイール/タイヤクリーナー

マフラー等、他の場所でも使ってよいようです。
スポンサーリンク

マフラー焼け焦げ問題

ついにやってしまった、、、

見えますでしょうか、この焼け焦げ、、、

純正グッズでも落ちない

水洗いしても、雑巾でごしごしやっても取れません。

リムーバーでシュッシュしてみても、ほんのり薄くなったくらいで特に変わらず、、、。

コンパウンド等でこすると良いとか、いろいろやり方はあるようですが、当面はこのままで乗ろうかなと、、、

※良い方法(商品)をご存知でしたら、リンクやコメント等、いただけたらうれしいです※

スポンサーリンク

工具とかメンテ情報

専用のブラシとか売ってるんですね、高いですねw

ハーレーはセンチ単位でなくインチ単位なので、既存の工具セットは使えないとつい最近知りました、、、

価格調査用リンク

baron
baron
それではこのへんで。
サイトマップへ


トリバゴ

トリバゴ

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

お読みいただきありがとうございました。 「いいね!」お願いします
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
旅行記
baronをフォローする
四季のブログ/丹志井商店

コメント