紀州鉄道熱海ホテルへ1泊ツーリング しなびたホテルの意外な魅力

旅行記
baron
baron
丹志井商店へようこそ! 
かんたんプロフィールへ

熱海といえばしなびた温泉街というイメージだと思いますが、ツーリング先としてはなかなかよさそうです。
ちょっと坂道多いのが難点ですが、慣れれば楽しく遊べます。

ツーリングマップと紀州鉄道熱海ホテルの詳細をレポート。
しなびたホテルに行きたくなる・・・かも・・?

熱海まで初のツーリング

江ノ島→(西湘バイパス)→小田原(根府川)

西湘バイパス経由で行きましょう。
バイクなら片道150円-200円でいけますね。
西湘バイパスはETC対応されてるのがうれしいです。

西湘バイパスの休憩所

ここでは必ず休憩を。
バイカーのたまり場ですからね。

ちょっとした出会いもあったりしてなかなか楽しいです。
※「おまけ」に記載します※

西湘バイパスの休憩所

根府川→(真鶴道路)→湯河原(熱海ビーチライン)

真鶴道路はETCが使えません。
片道150円-200円、用意しておきましょう。

ちなみに真鶴道路を通らずに山道を行くのもアリですね。
土曜午後の下りとか、時間帯によってはけっこう渋滞しますが、、、

湯河原→(熱海ビーチライン)→熱海

ここもETCが使えません。
片道150円-200円。

写真とれなくて残念ですが、海辺の道を流してはしるのもなかなか良いものです。

熱海ビーチラインの出口にガソリンスタンドが。

帰りに寄ると良いですね。

ただ、交通量がなかなかなのと、スタンドのキャパが大きくないので若干待ちが発生します。
自分のときは帰りの時間帯に寄る予定でしたが3台ほど待ちの状況なのでスキップしました。

※結局自宅近くのスタンドで補給※

熱海→紀州鉄道熱海ホテル

熱海駅あたりまで来たらもう少しでホテル。
急な坂道が多いので、カーブなどにご注意。

紀州鉄道熱海ホテルへ到着

紀州鉄道熱海ホテルへ到着

眺めはなかなかです

山の上にあるけど、めちゃ急な坂を下ったところにある面白いロケーション。
紀州鉄道熱海ホテルへ到着

部屋の様子

ザ・旅館。
ザ・熱海。
そんなような雰囲気感じませんか?

紀州鉄道熱海ホテル 部屋の様子
紀州鉄道熱海ホテル 部屋の様子
謎の角机。
マージャン卓に見えますね。
紀州鉄道熱海ホテル 部屋の様子
紀州鉄道熱海ホテル 部屋の様子

冷蔵庫が古い

紀州鉄道熱海ホテル 部屋の様子
紀州鉄道熱海ホテル 部屋の様子

お風呂が独特

紀州鉄道熱海ホテル 部屋の様子
紀州鉄道熱海ホテル 部屋の様子

骨董品の電話

館内の電話はジーコジーコと回すいわゆる「黒電話」方式。
今の若い人には使いこなせないんじゃw

紀州鉄道熱海ホテル 部屋の様子

レトロな灰皿

もうね、旅情をくすぐりまくりの灰皿でございます。

紀州鉄道熱海ホテル 部屋の様子
紀州鉄道熱海ホテル 部屋の様子

※マッチは私物です。

名物「伊豆の踊り子」

途中のパーキングで買った缶コーヒーとともにいただきました。

紀州鉄道熱海ホテル 部屋の様子
疲れてたのか、とてもウマイです。
紀州鉄道熱海ホテル 部屋の様子

あたみ桜を愛でに

今回のツーリング、メインは1月から咲き始める「あたみ桜」。
ホテルから約10分ほどの公園にバイクを駐車して散策。

紀州鉄道熱海ホテル あたみ桜

※つづきは別記事にて※

あたみ桜と熱海城 冬の熱海を遊びつくす旅
あたみ桜をご存知でしょうか。 おそらく、関東近辺でもっとも早く開花する桜、1月から花見ができちゃいます。 昨年(2018年)もあたみ桜を見に来ましたが、今年はちょっとタイミングはやめています。 熱海城も一緒に楽しむ、冬の熱海ツアーをどうぞ。

熱海城へ

紀州鉄道熱海ホテル 熱海城

翌日、帰り際に熱海城へ行きました。
なにやら子どもから大人まで楽しめるアトラクション(?)が多数あるとか。

紀州鉄道熱海ホテル 熱海城

※つづきは別記事にて※

あたみ桜と熱海城 冬の熱海を遊びつくす旅
あたみ桜をご存知でしょうか。 おそらく、関東近辺でもっとも早く開花する桜、1月から花見ができちゃいます。 昨年(2018年)もあたみ桜を見に来ましたが、今年はちょっとタイミングはやめています。 熱海城も一緒に楽しむ、冬の熱海ツアーをどうぞ。

夜はホテルのスナックでカラオケ

紀州鉄道熱海ホテル スナックでカラオケ

しなびたホテルにぴったりな、これまたしなびたスナック。
貸切かな?と思ったら先客が2組ほど。

皆様、ほんとにカラオケうますぎです。
スナックにぴったりのレトロなお菓子。
紀州鉄道熱海ホテル スナックでカラオケ

奥様も負けじと参戦。
おじ様にモテまくりというww

紀州鉄道熱海ホテル スナックでカラオケ
紀州鉄道熱海ホテル スナックでカラオケ

紀州鉄道熱海ホテルの感想など。

しなびたホテルという口コミで、サービスが悪いだとかさんざんな口コミの紀州鉄道熱海ホテル。
泊まってみて実際はそこまでの不快感はなく、むしろ好印象。

悪い口コミが多いのは事実なんでしょうが、そこは受け流して、自分たちなりのホテル利用をすればよいではないでしょうか。

今回の費用は1泊素泊まりで12,000円ほど。
スナックで飲みすぎてお会計は2万オーバーでしたが、電話といい冷蔵庫といい、レトロな雰囲気は「熱海らしさ」を演出するのに十分。

熱海駅から遠いロケーションは電車移動にはちょっとつらいところ。
なんですが、夕方18時までなら、熱海駅までの送迎サービスがあり、我が家は居酒屋へ出るときに駅前まで送迎してもらいました。

しなびてる割に利用客はなかなか多く、駐車場が満杯に。
自分のロードスター君はまさかのホテル館内に。

ヨッパライにいたずらされることも無く、無事に朝を迎えました。

おまけ。
西湘バイパスで会った謎のバイカーさん

西湘バイパスで休憩して、さて戻ろーかと思ってた時。
車道から入ってくる1台のハーレー、パーキングに入ってくる前からわかる心地よいマフラーの爆音。
ゴリゴリにいじった(ように見える)スポーツスター。
なんと、我がロードスター君の隣に駐車。

独特の風貌、ハーレーもなんか独特の年季。

降りて開口一番、

「フォーティーエイト?
あ、ロードスターか?」

あー、ロードスター2018年式ですー、
何気ない会話が始まった。
詳しくは覚えてないが、その彼はなんと、グローブをはめてなかった。素手で操るハーレー、ココは高速のパーキング。

何者??

なんだか都心に住んでるらしく、エンジン音響かせないと、通行人がバイクの存在に気付かないから危ないと。

まー、一理あるけどねー、そこまでじゃないっしょと内心。

んで、これから熱海行くとゆー話しをして、途中の有料道路の情報収集。

・真鶴道路は無理して乗らなくていー
・熱海ビーチラインはオススメ

みたいなこと言われた気がする。

んで、先に乗って、本線に戻ったわけです。
西湘バイパス降りて、真鶴道路に向う途中。
めちゃ渋滞してたんですよ。
んで、しばらく動かなくて、ストップ&ゴー繰り返してたら。

なんと、

あのバイカーさん、登場。

(どんだけスピードだしたんた??)

と思いながら、ご挨拶。
向こうもすぐに気付いて、ココからが彼の凄いところを目の当たりにする。

てきとーに運転するんですよ、ホント。
ビーサンひっかけて、ママチャリに乗るような感じで、ハーレー(よく見るとロードスターぽい)乗るんですわ。
爆音響かせて。
素手で。

渋滞が動き始めたら、なんと、ハーレーを手放し運転するんですわ。や、アクセルどーしてるの??
それにバランスすげー。

手放し運転のあとは、ステップに立って、立ち乗りですよ。
立って、手放して、それで海とか見てるワケです。

曲芸?
と感じるくらいのバランス。

信号待ちのとき、

手袋しないで寒くないんすかー??

と聞いた。

「ちょびっとね」

そんな彼は、爆音轟かせて、蕎麦を食べに湯河原に消えました。

また西湘バイパスで会えたら良いなぁ、ほんとわけわからんスゲー人だった。

baron
baron
それではこのへんで。
サイトマップへ


トリバゴ

トリバゴ

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

お読みいただきありがとうございました。 「いいね!」お願いします
最新情報をお届けします。
旅行記
baronをフォローする
四季のブログ/丹志井商店

コメント