マーライオンとマリーナベイサンズを見てみたい シンガポールへ行きました

旅行記
baron
baron
丹志井商店へようこそ! 
かんたんプロフィールへ

世界3大がっかり名所として有名なシンガポールの「マーライオン」。
独特の形と空中にいるようなプールで一躍人気の「マリーナベイサンズ」。

シンガポールそのものは特に行くことないのですが、チャンギ空港でのトランジットでいけることがあるそう。
というわけで、とりあえず現地情報や行きかたなどを調査レポ。

チャンギ空港からマーライオンへの行き方

MRTで行ってみよう

MRTとはMass Rapid Transit(マス ラピッド トランジット)の略。
電車の愛称ですね、日本で言うJRみたいなものでしょうか?

注意点

・スタンダートチケット(Standard Ticket)を買う
・マリーナベイサンズホテルの最寄り駅は”Bayfront”
・マーライオンの最寄り駅は”Raffles Place”
・往復(Return Trip)で買ってもOK、片道は(Single Trip)
・シンガポールドル紙幣(1ドル札)を用意しておく(クレジットカード不可)
→実際はクレジットカードも使えるみたいです(現金使っちゃいましたが、、)
MRT

乗り換え情報

チャンギ空港駅からマーライオンのRaffles Place行きは、一度だけ乗り換えが必要。
Tanah Merah(タナメラ)駅でJoo Koon方面へ乗り換え。
東西線(East West Line)というようですね。
MRT

シンガポールのご注意点

MRTには、日本人の感覚ではよくわからない?ルールがあります。
具体的には以下の罰金刑、、、

・飲食:500ドル
・喫煙:1000ドル
・ペット・動物の持ち込み:500ドル
・ドリアンの持ち込み:500ドル
・可燃液体の持ち込み:500ドル

例えば、

のど渇いたからペットボトル飲む→ダメ
日本から持ち込んだZippoオイルがリュックに入ったまま→ダメ

という感じでしょうか、、、

シンガポールドルへの両替は「チャンギ空港」で

羽田/成田での両替よりもリーズナブルなようです。
やはり日本は高い、、、

マーライオン

小さいという噂ですが、実際どうなんでしょうね、、、。

マーライオン、でかいやん!

いやややこれ、でかいでしょ!
小さくてがっかりするはずが、期待を裏切る大きさで「がっかり」できずに逆にがっかりw

マーライオン
マーライオン

Twitterからの画像など

マリーナベイサンズ

これもでかいですね。
ビル群のなかにあるかと思いきや、これでもかというほど3本のビルと巨大な舟があります。

マリーナベイサンズ
マリーナベイサンズ

Twitterからの画像など

バブリーにイキってる若手経営者あたりがツイッタあたりに流してそうな画像ですが、まあご参考までに、、、

シンガポール雑感

ほんの数時間の滞在でしたが、なかなかです。
MRTはすんなり乗れましたし、空気が思ったより綺麗。
都会的な自然、という感じでしょうか。

きれいな街並み

インターナショナルスクール?がきれい

baron
baron
それではこのへんで。
サイトマップへ


トリバゴ

トリバゴ

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

お読みいただきありがとうございました。 「いいね!」お願いします
最新情報をお届けします。
旅行記
baronをフォローする
四季のブログ/丹志井商店

コメント