ほったらかし温泉に行きたいなぁ。山梨の名湯へツーリング計画

旅行記
baron
baron
丹志井商店へようこそ! 
かんたんプロフィールへ

山梨の名湯「ほったらかし温泉」。
その眺めはアクセスの悪さ(失礼!)を吹き飛ばすほどの絶景。

ツーリング計画の一つとして、ほったらかし温泉への経路等を調査。
参考になれば幸いです。

ほったらかし温泉 ほーむぺーじ

ほったらかし温泉 具体的情報

「あっちの湯」

富士山が綺麗に見えますね。
あっちの湯
あっちの湯
夜景もいいなぁ。
あっちの湯
あっちの湯

(公式ページから拝借)

「こっちの湯」

こちらも富士山が綺麗に見えますね。

こっちの湯
こっちの湯

(公式ページから拝借)

混浴風呂はないようです。
予約制で家族風呂・カップル風呂とか作ってほしいなぁ。

いずれは草津までロングツーリングとか行ってみたいものです。

西の河原と湯畑 草津温泉の源泉を来訪
西の河原と湯畑は草津温泉の源泉です。草津のパワーを訪ねてきました。 西の河原には野生のカモシカがひょっこり顔を出すこともあって、自然の宝庫です。 湯畑の幻想的な姿とともに西の河原をご覧ください。

ほったらかし温泉までのアクセス情報

電車でのアクセス

JR中央本線新宿駅から特急で約90分山梨市駅下車
→タクシーで10分
(タクシー料金:片道約2400円)

やはりタクシー使うことになるようですね。
お勧めはレンタカーやツーリングです。

都内から車でのアクセス

例として新宿近辺からのアクセスルートです。
早くて2時間といったところ。

中央自動車道 :勝沼I.C又は一宮・御坂I.Cから約25分
甲府市から国道20号線利用 :約30分
秩父市内から国道140号線利用(雁坂トンネル経由):約90分

湘南(江ノ島)からのアクセス

途中休憩いれて、2時間半くらいでしょうかね。
高速に乗ってしまえばけっこう早そうです。

・国道134号線 から 茅ヶ崎市 柳島 の 新湘南バイパス に入る
・勝沼バイパス/国道20号線 まで 首都圏中央連絡自動車道(茅ヶ崎~大栄)
・中央自動車道 を進み、高速勝沼ICで降りる
・ほったらかし温泉まで 勝沼バイパス/国道20号線 を進む

営業時間

営業日年中無休
営業時間日の出1時間前(*)~22時(最終受付21時半)
入浴料(**)大人800円小学生以下400円

(*)季節によって営業時間が変わりますので御注意!
(**)「こっちの湯」「あっちの湯」2つありますが、「それぞれ料金がかかる」ようです。

「こっちの湯」は冬の平日は休業するのでご注意。

日の出の1時間前からオープン

開場時間はその月によって変わります。

4月4:30
5月4:00
6月4:00
7月4:00
8月4:30
9月4:30
10月4:00
11月5:30
12月6:00
1月6:00
2月6:00
3月5:30

※時間はあくまで目安ですので御注意。

山梨は高速乗り換えたり、下道降りてからも複雑そう。
小田原/熱海方面だと西湘バイパスからすぐなのでわかりやすかったですが、山梨は難易度アップの予感です。

紀州鉄道熱海ホテルへ1泊ツーリング しなびたホテルの意外な魅力
熱海といえばしなびた温泉街というイメージだと思いますが、ツーリング先としてはなかなかよさそうです。 ちょっと坂道多いのが難点ですが、慣れれば楽しく遊べます。 ツーリングマップと紀州鉄道熱海ホテルの詳細をレポート。 しなびたホテルに行きたくなる・・・かも・・?
江ノ島から小田原ツーリング 温泉求めて西湘バイパスをひた走る
西湘バイパスへ行きました。 ツーリングの策として「グーグルマップ」「グーグルストリートビュー」をフル活用してツーリングの予習ができないかな?? と考えました。 今回のルートは江ノ島から小田原に行って、温泉「万葉の湯」まで行くと仮定して道筋をシミュレート。 通ったことある方には釈迦に説法ですが、役立つと思いますので見ていってください。 西湘バイパスの眺めがとても気持ちいいです。

クチコミ情報

べた褒めです。
https://twitter.com/rin_shiragiku/status/1092057612202328065

温泉最高~

夜景。

ツーリングのルートによさそうですね。
https://twitter.com/04_paf/status/1091979297152106498

雪道情報、、、これは、ツーリングは春以降の予感。

2018年は3月下旬に溶けてます。2019年も同様かな、、

飲食店も併設してるようです。
山梨といえば「ほうとう」が有名ですが、ここで食べるのもよさそうです。

おふろcafe うたたねからの来訪

さいたまから2時間ほどかけて来訪。

おふろcafé utatane(うたた寝)に行きたいなぁ さいたまにある温泉カフェでまったり
おふろcaféシリーズは埼玉を中心にいくつかあります。 宿泊できるところは限られていて、ツーリングで温泉に入ったらそのまま泊まりたいもの。 個室利用でまったりでも良いですが泊りでゆったり旅行気分に浸りたい。

温泉のあとは「石和温泉 石庭」で1泊です。

山梨の名湯石和温泉にある「石庭」へ1泊ツーリング計画
山梨の温泉街、石和。 GWツーリングの一つ、名湯めぐり。 宿はリーズナブルにしました。 石和温泉、源泉かけ流しの名湯を味わおうと思います。
baron
baron
それではこのへんで。
サイトマップへ


トリバゴ

トリバゴ

にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 30代サラリーマンへ

お読みいただきありがとうございました。 「いいね!」お願いします
最新情報をお届けします。
旅行記
baronをフォローする
四季のブログ/丹志井商店

コメント