庄や 山口さんへ宿泊 田舎の風景に癒される民宿

旅行記
baron
baron
丹志井商店へようこそ! 
かんたんプロフィールへ

湘南からの茨城ツーリング、宿泊先は
庄や 山口。

雨に降られながらの移動はなかなか辛いものがありましたが、辿り着いたかいがある、とても良い宿でした。
ツーリングの宿泊先としても人気のようなので、ゆったりご覧ください。

庄や 山口

都内を通って、常磐自動車道からの約1時間。
この日はあいにくの雨降り。
雨対策がイマイチうまく行かず、既にずぶ濡れでした。

そこで、ダメ元で庄や山口さんに電話。
誰も出ない…

するとすぐに見知らぬ携帯から着信。

もしや女将さん?
と思ったらその通り。

ちょっと聞いてみよう。

「今日から1泊お世話になります、丹志井ですー。」

『はーい』

「今、守谷インターにいるんですが、チェックイン時間早められないでしょうか??
雨降りのバイク移動なんで、雨宿りできればどこでも良いです、、」

『あーそうなんですね、今ちょっと外出しててね。
じゃあ2時半で良いですかね?』

「助かります!ありがとうございます!」

というわけで、守谷インターで温かい蕎麦で暖を取って、残り1時間ハイウェイをひた走る。

高速降りてナビ通りに行くと、何やら田園風景が広がってきます。

ホントにこの道で良いのかな、、
若干不安になりながら進んでいくと、

ありましたー、
間違ってなかった!

偕楽園目指して 茨城水戸へツーリング計画
優れた景勝を持つ日本三名園といえば、・金沢市の兼六園・岡山市の後楽園そして水戸市の偕楽園。 ツーリングと古民家宿泊がてら、偕楽園目指してツーリングしてきました。

蔵を改装した部屋の写真

チェックイン的な手続きは特になく、そのまま部屋に通していただきました。
二人とも雨でずぶ濡れ、気温が高くなかったので、暖房とお風呂(五右衛門風呂!)を準備していただく。
チェックイン早めただけでなく、女将さんの神対応で命拾いです。

玄関

ベッドが2つ

メットを乾かします

デニムはずぶ濡れ

Tシャツも干します
玄関の引き戸がちょっと重い

嬉しいシャワートイレ

諸行無常

五右衛門風呂〜

お風呂入って、部屋でゆったり休み、夕方6時半から晩御飯です。

晩御飯の写真

18:30までに迎えにきますねー、

と言うことなので、部屋でまったり。
18:30ぴったりくらいにお迎えがきました。

白い暖簾をくぐってドア開けて、

八畳くらいの個室へ

既にセットされた前菜

納豆もあります

お椀がマトリョーシカみたい

男爵いもだったかな、
牛タンと納豆

タンの下にあるのはセロリだったかな??

いもは塩が良いね

地酒を少しだけ

かつをの刺身

むきさめ煮物

かつを刺身

むきさめ

むきさめの骨

豚肉の陶板焼風

カラッと上げたシシャモフライ

豆ごはんとお吸物

お茶とミニどら焼き

むきさめ、初体験でした。
肉厚で、タレが染み込んだ味はなかなか美味しい。

いろんなクチコミでは、ボリュームたっぷりと言うことでしたがまさにその通り。
前菜からご飯まで、細かく味付けされた料理達はぺろっといけちゃいます。
ダイエット中の方はご注意(笑)

1点だけ気になったのは、いものトッピングに付いてきたバター?
なんというか、これ、マーガリン???
という感じの、まあ、ちょっと、アレな感じでした、、

季節やタイミングによって料理は変わるようなので、上記のご飯は参考程度にお願いします。

バイクフォト

庄やの建物が古民家。
洗練されたバイクのデザインにけっこう合うように感じます。


マイベスト↓
風になびく暖簾を狙いました。


古民家とハーレーダビッドソン、
コントラストが堪らない。

山口さん、バイカーの宿泊客がけっこういらっしゃるそうです。

フォトジェニックな風景と古民家、
ツーリングに便利なロケーション、
美味しいご飯、
ゆったりできる部屋、
珍しい五右衛門風呂、

リピーターが沢山。
うちも、たぶん、また来ますね。

ひさしぶりに間近で眺める水田。

田園風景にバイクが映えます。
邪魔にならないよう、早朝に出かけて撮りました。


竹林の道


田んぼの辺り


マルチ栽培のじゃがいも畑?

デグナーのサイドバッグがいい感じです。

アクセスなど


田舎の田園風景が心地よいです。

水戸駅から電車、バス経由でも行けますが、なかなかハードルが高いです。

道がかなり狭く、奥まったところにあるんですよね。
バスを駆使して、ハイキング気分で徒歩経路、というのも良いかもしれません。

あとはマイカーでも良いですが、写真の通り、道がかなり狭く、対向車来たら四苦八苦しそうです。
フットワークの軽さを求めるなら、バイクツーリングが一番良さそう。

常磐自動車道、守谷インターから1時間ほど。

偕楽園目指して 茨城水戸へツーリング計画
優れた景勝を持つ日本三名園といえば、・金沢市の兼六園・岡山市の後楽園そして水戸市の偕楽園。 ツーリングと古民家宿泊がてら、偕楽園目指してツーリングしてきました。

1泊のあとは、偕楽園目指して移動。
結局、疲れてボートに乗っちゃいましたが、、

千波湖で遊ぼう 偕楽園近くにある池のほとり
baron 丹志井商店へようこそ!  かんたんプロフィールへ 偕楽園のほとりにある千波湖 庄や 山口からバイク移動して約30分。 偕楽園近くの無料パーキングへ駐輪。 その日はジョギングのイベントがあっ...

サイドバッグに詰め込んで気軽に1泊ツーリング。
次は紅葉の季節に伺いたいと思います。

DEGNER(デグナー) ナイロンサドルバッグ NB100
DEGNER(デグナー)
¥ 16,200(2019/06/29 12:15時点)
DEGNER(デグナー)のナイロン(合皮)サドルバッグです。1泊ツーリングでしたら十分なサイズ感。
baron
baron
それではこのへんで。
サイトマップへ
お読みいただきありがとうございました。 「いいね!」お願いします
最新情報をお届けします。
旅行記
baronをフォローする
四季のブログ/丹志井商店

コメント