うちだ(宇ち多”)の魅力をこの10年振り返って語ってみよう。

旅行記
baron
baron
丹志井商店へようこそ! 
かんたんプロフィールへ

もつ焼き・煮込みが好きなら聞いたことがあるでしょうか、東京は葛飾区、京成立石駅徒歩で行ける、
「うちだ」

大人のディズニーランドとか、
店員が怖いとか、
不味いとかウマイとか、
時代錯誤とか、
評価は本当に分かれるところ。

立石は再開発の噂がある中、久しぶりにうち入りしてきたので振り返りながらゆっくり語ってみましょう。

味の好みはさておき、

うちだの味付けは独特。
煮込みには野菜・こんにゃくはおろか、生姜も入ってない。味噌とザラメを使っているとか。
味噌は八丁味噌かなー??

もつ焼きはタレ、塩、ミソ、ナマ、素焼きとかいろいろあるけどまー気にすんな。

タレはそこまで甘すぎず、割とさっぱり目。
塩味はからめにも薄塩にもできる。
ナマは醤油ベースだけど、最近は塩でも行けるし、お酢かけてもグッド。

お酒は梅割りが基本。
でもビール(瓶only)あるし、サイダーをチェイサーに呑むのもオツなもの。

前は1人5杯半で打ち止めだったかな、なんか今はもっと早くストップかかるとか?
もう自分は2杯も呑んだらい~気分。

基本的な思想(?)

味は強めなので、酒も強めが合うと感じますねぇ。
ビールも良いけど、やっぱガツンと梅かブドウ割り。

で、自分はナマにお酢、あと、
ダイコンしょうが乗っけてお酢、が大好きで。

ダイコン頼むっしょ。
で、
シロナマお酢で、って追加するっしょ、
んで、皿を混ぜちゃうのよね。

量少なくなってきた方を、もう一皿にドボンと。
これやってるの、いまだ見たことないけど、コレ、好き。

やっぱさぁ、七味かけちゃうよね?
そのタレ、もうちっと使いたくない?
だから、こぼれない程度に、皿を混ぜるの好きなのよね。

誰かになんか言われたらやめよーと思って、
コレ始めてからもう5年以上経つかな。
いまだに言われたことなし。
自分の他に見たこともなし。

あとは、たまーにシロミソ(よく焼き)、食べるのよ。
んで、おもむろに、煮込みも頼んじゃうの。
煮込みも美味いけど、シロミソをソコにドボンとしても、ミックスしてもいーよね。

これ、シロ塩わか焼きでもやったことあります。
セルフミソ、みたいな。

そうそう、
普通の焼鳥だと、串から外すのご法度らしーじゃん?
うちだは、ぜひとも外してバラしてつまんでほしいところ。

注文の仕方が難しい?
そりゃあそうよ、それが粋ってもんよ。
心配ご無用、オレのオススメを聞いてくれ。

・ビールください
・煮込みください
・シロナマお酢 or シロ塩
・ダイコンしょうが乗っけてお酢

慣れるまでコレだけでいいと思う。

ここだけの話、

ここだけの話、自分は、シロナマ食べたくてうちだに行っているんだわ。

もちろん他のもうまいぜ。
ナンコツとかハツナマもいいねぇ。


アブラ多いとこのナマとか、けっこう好きなんだよなぁ。
ボイル(レバー)塩もたまにつつきたい。
早い時間なら煮込み取るときにハツモト多目に入れて欲しいなぁ。

まーだいたい平日の夕方なので、

れば、しろ、がつ、あぶら、煮込み、ダイコン、

のレパートリーなんすよ。

これでも、じゅーぶんすぎるほど、遊べます。

自分なら、梅割りたのんで、

・煮込み
・ダイコンしょうが乗っけてお酢
・シロナマ
・シロ塩わかやき
・ガツアブラ1本ずつお酢
・ボイル塩、なければレバ塩

くらいかなー?
コレでもう満足だぜ、これで1,400円?
安いよねぇ。

うち入り倶楽部

うち入り倶楽部

っていうサイトが昔あってさ、みんな、それで予習してうちだに通ったんだよな。
何があったんだか、そのサイトは閉じちまった。
たまに掲示板荒れてたからなぁ、まあネット文化やねぇ。

自由に食べればええじゃないか、と、思うのです

なんだかうちだは人気店になってしまったようで、グルメ()芸能人がアメブロなんぞに訪問レポ書いたり、まあ世間にも認知されちゃったのね。

常連贔屓だとか、なんとかいろいろとあるようですけど、あの店に通って親子3代とか、そーゆーの聞くと、口あけの常連優遇くらいは、多目に見てあげるってのが、下町の粋ってもんでねえのかなぁなんて思ったり思わなかったり。

久しぶりに、アゴ(箸くださーい)とかシンキお酢で食いてぇなぁ。

いまだにツルは未経験、もう、タイミングはきびしーかな。
休みとれて時間あえば、口あけに並ぶのもえーのぉ。

うちだでこれはご法度らしい

聞いた話も含めて、ご法度を集めてみたらけっこうあったわ(笑)

・2軒目にうちだ
→酔っぱらいは入れてくれませんからね、1軒目にしませう。

・話声がデカい
→少し、トーンを落としましょう。

・梅割り半分の後にまた梅割りを注文
→半分≒最後の一杯ということらしいですね。
個人的には、店を応援したいので、半分は頼みません。ちゃんと200円払って飲みます。

嘘か誠か、これ聞いた話なんですが、
烏龍茶からのビール、を断られた女性客がいたそうな。
んー、なんでだろう??

たまーに、一見さんから、自分の皿を聞かれることあるんですわ。
聞き方ってもんは、もうちっとこう、粋に聞いてくれよ思うことが、、

「それ何?」

なんて聞かれたらさ、

「シロ」

って、ぶっきらぼうに、反射的にクチが動くってもんじゃねえのかい?

「それ(旨そうですね、)何(てやつですか)?」

なんて聞かれたらさ、

「(これは)シロ(ナマお酢ですね、ボイルしてあって酢じょうゆタレでうめぇっす。やっぱうちだはシロ最高だと思いません?…略)」

なんて感じにいろいろと話しちゃうってもんでねえのかなぁなんて。

まあ気にせず、気楽に粋に飲もうぜよ。

なに?うちだの注文の仕方を知りたい?

べらんめぇ、
んなもんいーからシロナマお酢と煮込み喰っとけ。

どーしても知りたい?

しゃあねぇなあ、ここだけのヒミツだぞ、
酔さんのブログ読んどけ。

【最新版:改訂4版】 宇ち多゛(うちだ)の注文頼み方・ルールとマナー【京成立石】 : 酔う(よう)さんの酔酔どうでしょう?
みなさん、こんにちは。酔う(よう)です。 さて、久しぶりの改訂となりますが、今回で4回目の改訂となる『宇ち多゛での注文・頼み方、ルールとマナー』です。注文・頼み方、一覧表を含めて加筆・修正、及び新たに写真を追加しました。■目次▶第1章 基本的なルール
baron
baron
それではこのへんで。
サイトマップへ
お読みいただきありがとうございました。 「いいね!」お願いします
最新情報をお届けします。
旅行記
baronをフォローする
四季のブログ/丹志井商店

コメント