「界津軽」大晦日と新年のご飯を堪能した一泊メモ

旅行記

界津軽への一泊、お待ちかねのご飯特集です。

・大晦日には年末の、
・元旦はおせち風の、

ちょっとだけ贅沢な食事でした。
(2019年末から2020年元旦にかけての記事です)

スポンサーリンク

界津軽 大晦日の晩御飯

献立は、和風ですね、
お造りに〆は鯛ご飯。
界津軽 大晦日の晩御飯
お風呂上りに振舞酒をいただいたので、そのまま日本酒モード。
界津軽 大晦日の晩御飯
地酒を飲み比べながら、
界津軽 大晦日の晩御飯
外の雪景色を眺めます。
界津軽 大晦日の晩御飯

振舞酒にもあった「じょっぱり」がありますね。

・先付け
マグロと長いものあられ和え

上にあるのは雲丹(うに)です。
ほとんど雲丹に味を持っていかれそうですが、噛んでみるとマグロと長いもの歯ごたえが気持ち良いです。

界津軽 大晦日の晩御飯
・お椀
南京のすりおろし、大根持ちの揚げだし。
絵に乗るのは蟹(おそらくズワイ蟹?)
界津軽 大晦日の晩御飯
界津軽 大晦日の晩御飯
お造りがやってきました。
界津軽 大晦日の晩御飯
界津軽 大晦日の晩御飯
大間のマグロはほぼ中トロですね。
鯛には青森名物のニンニクを使った濃いめの醤油を。
普通の醤油もやや甘口で、九州のたまり醤油に似た風味。
界津軽 大晦日の晩御飯
・揚げ物
鶏肉、根菜、抹茶塩でいただきます。
界津軽 大晦日の晩御飯
ここで嬉しいサービスが。
大晦日という事で、メニューにないものを追加でいただけることに。
恒例の年越しそばだけでなく、出世魚の鰤(ぶり)をいただきました。
界津軽 大晦日の晩御飯
包み焼きに、
界津軽 大晦日の晩御飯
酢橘をぎゅっとしぼって、
界津軽 大晦日の晩御飯
あとは年越しお蕎麦。
これにも酢橘をぎゅっと絞っていただくもの良いですね。
界津軽 大晦日の晩御飯
・蓋物
ここでちょいとハプニング。

もうここまでくると、お品書きもそこそこに出てきたものをとりあえず味わって、それで「これってなんだっけな」みたいな感じでお品書きを復習してみるんですが、何かこうフィットしなかったんですね。

ホントは焼いたホタテのしんじょが来るはずが、見たかんじもちょっと違いますよね、、、

界津軽 大晦日の晩御飯

なんとこれ、ミスオーダー(給仕ミス)だったようです、、、
スミマセン、夫婦そろって気づかずにいただいてしまいました、、、
(界シリーズは津軽で5軒目ですが、これは初めて)

気を取り直してあらためて蓋物を。
餡のかかった焼き帆立の進上(しんじょう)。
界津軽 大晦日の晩御飯
窓際の席だったので、ちょっと寒いです。
電気ストーブのありがたみが染みますね、、、。

さてそろそろご飯ものがきます。

界津軽 大晦日の晩御飯

津軽焼きという陶器にはいってきました。
鯛ご飯的な感じですね、舞茸やシメジなど、キノコ沢山。

界津軽 大晦日の晩御飯
界津軽 大晦日の晩御飯

デザートも頂きながら、もう一杯おかわりしてごちそうさまでした。

界津軽 大晦日の晩御飯
界津軽 大晦日の晩御飯
スポンサーリンク

界津軽 新年の朝ご飯

新年、元旦から宿でごはんとは何とも贅沢ですね。

雑煮、
界津軽 新年の朝ご飯
おせち。
界津軽 新年の朝ご飯
雅な箸置きと箸袋です。
界津軽 新年の朝ご飯
お屠蘇をいただきましょう。
界津軽 新年の朝ご飯
おせちが来ました。

なます、黒豆、昆布巻き、海老、数の子、
いただきましょう。

界津軽 新年の朝ご飯
雑煮とともに鯛をいただきます。

香の物はレンコンと茄子。
煮しめを美味しくいただきます。

界津軽 新年の朝ご飯
いくらの乗った雑煮なんて贅沢です。
柚子が入って味はさっぱりとした関東風でしょうか、焼いた四角い餅が入ってます。
界津軽 新年の朝ご飯
お茶には梅と昆布が入ってます。
この梅がごはんとよく合いました。
(小梅ちゃんみたいな?)
界津軽 新年の朝ご飯

外の雪景色を眺めながら飲むお茶は格別。

界津軽 新年の朝ご飯
界津軽 新年の朝ご飯
界津軽 新年の朝ご飯
界津軽 新年の朝ご飯

ご馳走様でした。

スポンサーリンク

界津軽のご飯、率直な感想

料金が高いのは年末年始なのでやむなしですが、さて率直に感想を書き連ねてみましょう。

意外と薄味?

晩御飯の鯛ご飯だけでなく、全体的にやや薄目な味わいでした。
ゆっくり味わうにはちょうど良いかもしれませんが、もう一味あっても良いかなと。

界津軽のご飯、率直な感想

お値段考えると?

今回の1泊2食は二人で9万円オーバー。

年越しそば・雑煮など年末年始の演出があってとても嬉しいのですが、さてこのお値段と考えるとやや高く感じました。
比較してもしょうがないかもなんですが、界加賀のずわい蟹御前などは、明確な売りがあるわけですよね。
鯛ご飯など、とても美味しくいただけましたが、コストパフォーマンスと「何を食べたいのか」を考えて今後は選ぼうかなと感じます。

とはいえ次は高いの承知で界出雲で松葉カニ食べたいなぁなんて妄想してしまいます。。

baron
baron
それではこのへんで。
かんたんプロフィールへ
お読みいただきありがとうございました。 「いいね!」お願いします
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
旅行記
baronをフォローする
四季のブログ/丹志井商店

コメント