佳雲(けいうん) 出雲大社へ徒歩アクセスできるいにしえの温泉宿

旅行記

島根県出雲にある出雲大社、そこへ歩いていける宿を発見です。
2020年の3月、コロナウイルスにおびえながら結果的に無傷でしたので、出雲大社シリーズとして記事に残そうと思います。

スポンサーリンク

佳雲(けいうん)の概要など

佳雲の場所よりも「出雲大社から徒歩」という表現がわかりやすいかもしれません。
コンビニも近くにあり、観光には最適な宿です。

佳雲の概要
佳雲の概要

玄関で靴を脱いだらあとはぜーんぶ畳張りのフロア。
エレベータまで、全部です。
自動ドアも和風だったり、工夫されています。

佳雲の概要
佳雲の概要

建物は2つの宿が大浴場のフロア(2F)を通じてつながった造り。
部屋はひろびろ、廊下も長く。

チェックインの時に、浴衣を選んでおきましょう。
佳雲の浴衣

共立リゾートの公式ページ;

【公式】いにしえの宿 佳雲 / 出雲 旅館 - 共立リゾート
出雲大社 「いにしえの宿 大杜の湯 佳雲」ご予約は公式サイトホテスパがお得!出雲大社まで徒歩8分、いにしえから続く悠久の浪漫、出雲の神話や伝統を随所に感じられる和の湯宿。 重厚感と格調の高さがありながら、ゆったりと落ち着きを感じる設え。 贅を尽くしたこだわりの空間で、いにしえの旅をお愉しみください。
スポンサーリンク

佳雲のお部屋など

ベッドは4つ、「界」シリーズのものにそっくりですね。

佳雲のお部屋
佳雲のお部屋
佳雲のお部屋
佳雲のお部屋
佳雲のお部屋

部屋風呂がヒノキ

部屋のお風呂が温泉じゃないのはちょっと残念ですが、なんとヒノキ風呂です。

ヒノキ風呂は見た目よりも容積が大きくてゆったり入れますね。
ここのお湯張りはボタン1つでらくらくできます。

温泉気分で一杯飲みながら入るのも悪くないですね。

室内グッズ

豆から挽いて淹れるコーヒーセット、珍しい。
挽き立てコーヒーは香りがとても良いです。
お茶のセットも味があって本気度を感じるセット。

グラスも人数分ありますんで荷物ほどいて軽く一杯。

浴衣は色とりどり。
部屋に置いてある作務衣も良いですが、我が家は断然、浴衣派ですね。

スポンサーリンク

大浴場2ヵ所と貸切風呂5つ

貸切風呂は予約不要の早い者勝ち制度、常にだれか入ってる感じなので人がまばらな早朝がおすすめ。
運よく入れたのは「絹の湯」。
ヒノキぶろと思しき大きな湯船、一辺は150センチ近くあるように思います。

入れたらロックかけて、あとはご自由に。
これは子ども連れのご家族やカップルでも楽しめるお風呂ですね。

貸切風呂

私は1か所しか
入れませんでしたが、夜中に粘れば1泊で全部回れるそうです。
(娘ちゃんが頑張って全部の個室風呂と2つの大浴場を制覇したそうですw)

貸切風呂
貸切風呂
お風呂上りには休憩スポットでヤクルト?をいただきながら涼みましょう。
ここは夜に夜泣きソバを無料で振舞うようで、非常に込み合います。

佳雲はごはん付き

晩御飯、朝ご飯は別途記事にまとめる予定です。

スポンサーリンク

佳雲へ宿泊してみて

出雲大社徒歩圏はポイント高いです


ちょっと表示しているルートと実際の徒歩経路は違いますが、だいたい10分歩けば行けます。

コスパはなかなか素晴らしいです

広くてゆったりした部屋にヒノキぶろ、ボリュームたっぷりの美味しいご飯。
コンビニ至近で出雲大社へ徒歩数分。
かなり人気の宿のようですね。

出雲大社へ参拝 空気が奇麗な大社(おおやしろ)に癒される旅
出雲大社、日本が誇る神様の集まる寺社。 初めての訪問は混まずにゆったりとした、とても心洗われるものでした。

2020年3月の週末、家族3人で1泊ですが、
羽田⇆萩・石見空港の往復フライト代込みで13万6,200円でした。

決して安くはありませんし、萩空港から我が家はレンタカーを選択。
松江空港でも良かったのですが、たまにはドライブも良いだろう、という事でこのルートに。
ちなみに結構遠いのであまりお勧めしません、、、

星野リゾートをかなり意識しているかも

部屋のデザインや食事のスタイルなどは星野リゾートの「界」シリーズに近いものを感じました。
どちらが上という話ではありませんが、金額に対する満足感で言うと今回の「佳雲」はかなり良いと思います。

いにしえの宿シリーズは他にも

伊勢神宮近くにもありますね;
「伊久」

【公式】 いにしえの宿 伊久(いきゅう) 伊勢神宮 旅館 温泉 - ホテスパ
伊勢神宮 内宮まで徒歩15分、いにしえの宿伊久(いきゅう)。平成25年夏・開棟。伊勢神宮のお膝元で新たな湯宿の歴史が始まります。近鉄「五十鈴川駅」より送迎有り。

次はいつになるかわかりませんが、是非ともこのシリーズを周ってみたいと思います。

baron
baron
それではこのへんで。
かんたんプロフィールへ

お読みいただきありがとうございました。 「いいね!」お願いします
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
旅行記
baronをフォローする
四季のブログ/丹志井商店

コメント