横浜ベイシェラトン 宿泊メモ

旅行記

横浜ベイシェラトン、横浜駅下りるたびに眺めていたタワーホテルへ1泊。
ボンボイ初使用という事もあって宿泊メモ。

(2020年7月宿泊)

スポンサーリンク

横浜ベイシェラトンの部屋から駅を見おろす

チェックインしましょう、
エントランスでの眺めはさすがです。

横浜ベイシェラトン

ツインの部屋からは、ステーションビュー?
2020年に工事がひと段落したと言われる日本のサグラダファミリア、横浜駅を一望できます。

横浜ベイシェラトン
横浜ベイシェラトン

大きなテレビ、ビジネス用途にも使えるデスクとチェア、フリーWi-FiはもちろんLANケーブルも常備。

横浜ベイシェラトン

バスルームをチェックしましょう。


流石の海外資本系列のホテル、バスタブが大っきいです。

それと嬉しい独立したシャワーブース。
写真には納めませんでしたが、シャンプーリンス等はなかなかに良いものを使っているそうです。

奥様が「ここのは安心して使える」とコメント。

横浜ベイシェラトン

ヘアドライヤーはまあ普通。
その他アメニティも充実してましたが、なぜかボディローションしかなく、スキンローションが無かったので御注意、、、

横浜ベイシェラトン

ミニバーはビールが300円とまあまあなので活用しました。

横浜ベイシェラトン
スポンサーリンク

横浜ベイシェラトンの感想など

普通に1泊しただけですが、電話応対などメモメモ。

追加料金払うつもりでお願いした部屋備え付けのペットボトル4本、こちらは無料でした。
フロントに電話すると、ルームナンバーからこちらの氏名を言ってくださります。
今となっては一般的な対応となりつつありますが、やっぱり安心感がありますね。

夜は横浜駅の夜景?がなかなかの迫力でした。

横浜ベイシェラトン 夜景

ロケーションが便利すぎる

横浜駅→高島屋2階→デッキを通じてベイシェラトンへ。
雨が降っても安心です。
もう一つ、地下街からもアクセスできます。

今回はダイニングやバーの利用はしませんでしたが、横浜駅からちょいと足を伸ばして、ここの ラウンジでゆっくりお茶をするのも良いかもしれませんね。

マリオットボンボイを初めて使ってみて

今回の宿泊、ボンボイポイントを試しに使ってみました。
宿泊には50,000ポイント消費して、日本円だと1泊3万くらいのところです。

チェックインの際、「アップグレード」について聞かれまして、
「できればキングサイズ等、ツインでなくベッドが一緒になっているものが良いです」
と、生意気にもリクエスト。
探していただきましたが残念ながら空きがなかったようで、広めのツインへアップグレードになりました。
ステーションビューの部屋になりましたので大満足です。

あと嬉しいのがレイトチェックアウト。
通常12時ですが、ボンボイ会員(我が家はSPGカード経由なのでゴールド)のおかげで14時アウトまで伸ばせるのが神対応。

横浜駅付近のランチへ出かけ、ホテルへ戻ってもう少しゆっくりできるんですね。
これは初めての経験で、とてもゆっくりできて良き良き。

2020年の今年、コロナもありますが安全な旅行イヤーにしたい我が家。
次は「東京マリオット」へ行ってみようと画策中です。

マリオット系列まとめ
MarriottBONBOY
マリオットボンボイ会員になってからの宿泊メモです。
baron
baron
それではこのへんで。
かんたんプロフィールへ
お読みいただきありがとうございました。 「いいね!」お願いします
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
旅行記
baronをフォローする
四季のブログ/丹志井商店

コメント