狩猟の予習というか妄想をしてみる

旅行記

猟銃所持許可申請の面接で必ず聞かれる「所持目的」。
自分は「ジビエ料理が好きで、自分で獲った獲物を捌いて食べてみたい」という割と真っ当な(?)理由です。

散弾銃所持許可申請を経て3挺所持の今(2020年8月)、コロナ禍の影響で神奈川県の狩猟免許はもっと先になりそう。
とりあえず知識だけでも先につけておこうと、書籍を何冊か購入してちょいちょい読んでます。

ただ読んでいくのも良いですが、気付きをメモってあとから(来年の冬?)見返してみたり妄想してみるのも面白そうなのでここでメモメモ。

スポンサーリンク

とりあえず狩猟入門書を買う

・狩猟の教科書(第2版)

・初めての狩猟

狩猟入門書

まだ斜め読みの段階ですし、そもそも教科書的な本ですからそこまで面白いこともなく、必要最低限のルールを頭に叩き込みます。
(ここが重要なのはわかっちゃいるけれど、、)
といってもすぐにまた忘れそうなので、何度も読み返していずれ定着していけばよいのかなと。

この入門書2冊、銃による猟だけでなく、
「わな猟」「網猟」「ジビエ料理」
さらに
「皮なめし」「スカルトロフィー」
なんていう猟ならではのネタが満載。

全部読んで理解するにもけっこうな時間がかかりそうです。

入門書はまあそんな感じで知識をぽんぽんと頭に入れていけばそれでよいのですが、
「山のクジラ」に関してはちょっと違った読み方ができそうです。

・山のクジラを獲りたくて

・狩猟生活

スポンサーリンク

「演習」として「山のクジラ」を読んでみる

入門的な書籍は知識をつけて準備するにはもってこいなのですが、いかんせん「教科書」なのです。
教科書には演習問題が載っていたりしますが、実際の狩猟は常に応用問題のはず。

みたいな感じで「実際に山に出たらどうなるか??」という視点で「山のクジラ」を読んでいくとなかなか面白いです。
(まだ2割くらい斜め読みしただけですが、、、)

山歩きの基本を学ぶ、
装備を揃える、
シーズン前から猟場を知る、
下見に行く、
狩猟免許
できれば狩猟に同行させてもらう、
なにか手伝ってみる、
解体の現場を経験する、
狩猟免許
狩猟免許

もちろん、狩猟に備えて、射撃練習をする。

冬の時はどうするか?

寒さ対策、車の確保、
(執筆時現在、車なし)

狩猟免許

まだナイフを買ったばかりで、ハンティングウェアはこれからです。

モーラナイフ 錆加工して黒いナイフへ変身
モーラナイフ、人気の品をセルフカスタムです。

2020年秋のシーズンは狩猟免許が間に合わない見込み、
2021年のシーズンに向けて、用意周到にやってみようと思います。

狩猟・射撃関係ページ

こちらにまとめてます;

猟銃
猟銃所持許可、射撃会、狩猟免許についての記事です。

入門書リンク

これから始める人のための 狩猟の教科書 第2版
秀和システム
¥6,180(2020/09/25 21:11時点)


山のクジラを獲りたくて―単独忍び猟記
山と溪谷社
¥1,650(2020/09/25 20:50時点)

狩猟生活 2019 VOL.5
山と溪谷社
¥1,320(2020/09/25 20:43時点)

baron
baron
それではこのへんで。
かんたんプロフィールへ
お読みいただきありがとうございました。 「いいね!」お願いします
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
旅行記
baronをフォローする
四季のブログ/丹志井商店

コメント