スポーツスターの新作“S”についてメモ

旅行記

2021年、スポーツスターファミリーは空冷エンジンの生産を終了し、新たな水冷エンジンが登場しました。
中でも、「スポーツスターS」は従来のフォーティエイト等の人気車種の後継種のようです。
現時点の情報や、実際に跨ってみた感想をメモ。

2021 Sportster S | Harley-Davidson Japan
1957年に誕生し、他を凌駕したレガシーモデルが、現代のスタンダードを押し破るために生まれ変わりました。ワクワクする走りを追い求めた設計。未体験のスピード、パワー、パフォーマンスを求めるライダーのための一台です。

(2021年7月執筆)

スポンサーリンク

実際に跨ってみました

2021年7月、箱根バイカーズパラダイスにて日本に一台しかないという展示車両を見て触って跨ってみました。
スポーツスターS
ファットボブを彷彿とさせるデザイン、フォーティエイトのようなボバースタイル。
スポーツスターS

あれ、タンデムステップなし、、、??
雨の日はすごいことになりそうなデザイン。
もうこれは過去のスポーツスターとは全く違うものですね。

LEDライトが標準装備。
スポーツスター定番のハンドルウィンカーはフロントフォークに移動、
グリップエンドミラーがカスタムテイストですね。

いやーしかし太いタイヤ、、、

スポーツスターS

跨ってみた感想

ひょいっと、かる~く起こせる車体は、スポーツスターファミリーに比べても格段に軽く、重心が下に移っているようです。

脚付きは見た目以上に良く、いかにもローダウンされたようなデザイン通りです。

取り回しはさすがにしてませんが、小回り効きそうで扱いやすそうな印象です。

公式YOUTUBEより:

スポンサーリンク

ロードスターと比較

さて我が愛車のロードスター君と比較してみましょう。
スポーツスターSはハーレーダビッドソンホームページやイベントでいただいたパンフレットから、ロードスター君は既に終売ですので2020年のページから転記してます。

スポーツスターSロードスター
長さ2,270 mm2,185 mm
シート高755 mm785 mm
最低地上高90 mm150 mm
レイク3028.9
トレール148 mm140 mm
ホイールベース1,520 mm1,505 mm
フロントタイヤ160/70TR17 73V120/70R19 M/C
リアタイヤ180/70R16 77V150/70R18 M/C
タンク容量11.8L12.5L
オイル容量4.5L2.6L
車両重量228 kg259 kg

低め長め軽め、扱いやすいローダウンですねー、そして太いタイヤが印象的です。
オイル容量増えているのは水冷エンジンだからでしょうかね、ちなみにフィルターありの数値です。

スポーツスターSロードスター
エンジン水冷空冷
ボア105 mm88.9 mm
ストローク72.3 mm96.8 mm
排気量1,252 cc1,202 cc
圧縮比12.0:110:01
エンジントルク6,0004,000
リーンアングル(右)3430.8
リーンアングル(左)3431.1

排気量は50cc増えて、ボアが太く短くなっています。
トルクが増えて、ライディングフィーリング変わりそうです。

そしてギアは6速まで!

スポーツスターSロードスター
ギア比:49/8938/57
ギア比 1ST12.219.315
ギア比 2ND9.0226.653
ギア比 3RD6.9944.948
ギア比 4TH5.6414.102
ギア比 5TH4.7313.517
ギア比 6TH4.131NA

ヴァージンハーレーにも記事がありました;

実車を激写!ハーレーダビッドソンの新たな伝説を紡ぐ新型水冷スポーツスター「Sportster S」が登場 | バージンハーレー
日本時間、2021年7月14日(水)の午前0時、スポーツスターファミリーのニューモデル「Sportster S(スポーツスターS)」が世界初公開された。そんな注目のスポーツスターS(プロトタイプ)のお披露目が、現在、常設型ライダーイベント「Harley Month」を開催中のバイカーズパラダイス南箱根で7月14日(水)...
スポンサーリンク

スポーツスターSの機能

見慣れないようなスイッチが沢山ハンドルに付けられています。
従来のスポーツスターにはこういった機能はほとんどなく、タコメーターにこじんまりと付けられたウィンドウで数値を確認するに留まっていました。

スポーツスターS

それがもう、ツーリングモデル並みの機能を持つようになりました:
・クルーズコントロール
・トラクションコントロール
スポーツスターS

自分では乗らないけど

新入りのスポーツスターSくん、ロードスター君とロードグライド兄貴を経験した自分ではまず乗りませんが、ハーレーダビッドソンのエントリーモデルとしてはなかなか良いのではないか?と感じました。

あとは、実際に試乗してみて、どんなフィーリングなのか確かめたいところです。
ゴツ目のファットタイヤはどこまで倒せるのか、ロングツーリングや高速走行に向いているか、タンデムに向いているか、これらのすべてがロードスター君とは違うように思うんですね。

特に、タンデムメインの場合、キットが必要という時点で追加出費確定です…
・タンデムシート
・タンデムステップ
・ステップキット
〆て10万超えでございます。

割と安いと思う値段

上記のスペックや機能だけにフォーカスすると、200万アンダーのお値段はなかなかお得なのではないかと。
ツーリング系でおなじみのクルーズコントロールなどはなかなかに便利ですし、レインモードのトラクションコントロールなども安全性を高めます。

グリップヒーターについては現時点では未定という事ですが、パンアメリカのスペシャル版では装備されています。
冬でも暖かいヒーターは是非とも標準装備して欲しいですね。

新しいモデルなので、
純正パーツの少なさ、
カスタムがどこまでできるのか、
ビルダーによる方向性の提案、
などなどスポーツスターファミリーの歴史に比べると、どうしても見劣りしてしまうと思うんですね。
なので、乗るとしたら「どノーマルを楽しむ」くらいの方が良いのかなーなどと想いを馳せながら、新入りスポーツスターS君には頑張って欲しいなぁと思うわけであります。

その後、迷いましたが、

これだけ記事を書いておきながら、、、
フォーティエイトを購入しました、、、

フォーティエイト2021年モデル納車!新車はラスト?
フォーティエイトはハーレーダビッドソンの中でも抜群の人気を誇るモデル。 2021年モデルを最後に生産終了のようですが、運良く納車までこぎつけました。 以前に所有していたロードスター(xl1200cx)と比較しながらインプレッション。
ハーレーダビッドソン記事
Harley-Davidson xl1200cx / xl1200x / RoadGlideLimited
Harley-Davidson に関する記事です。
baron
baron
それではこのへんで。
かんたんプロフィールへ
お読みいただきありがとうございました。 「いいね!」お願いします
最新情報をお届けします。
スポンサーリンク
旅行記
baronをフォローする
四季のブログ/丹志井商店

コメント