和食とアジアン料理 藤沢のちょっと隠れたお店紹介

旅行記

アジアン料理と人気の和食
隠れ家的な店へ行ってみました。

baron
baron
すらまっぱぎ。
丹志井商店へようこそ!

藤沢は江ノ島観光の通過点になる人が多いと思います。
素通りするともったいないような隠れた名店を探してみました。

まずは和食居酒屋。

■まさかり 別邸

藤沢駅から徒歩3分ほど、
ドンキホーテに近い繁華街、
ビル全体が飲食店の三階。

そこに佇む小さな和食居酒屋。

まさかり
本店は他にあるのですが今回は別邸へ。

カウンター席もあってサラリーマンと思しき二人組が。
我々は御座敷へ。

既に団体客がいました。

メニューをざっと眺める。
魚が売りのようですが、他にもいろいろとありますね。

まずはこれから。

いきなり卵、しかも天麩羅!

待っていたら、メインの刺身盛り到着。
カワハギが嬉しい。
なんと肝付き!


肝はカワハギにはもちろんですが、
脂の乗ったブリに絡めて食べてもなかなかです。
こうやって、出されたものを勝手にアレンジして食べるの好きなのですよ(笑)

これは鰯に明太子挟んだもの。


骨までガリガリと食べました。
※真似しないでください

お次は肉。
油淋鶏とは書いてませんが、ほぼ油淋鶏です。


お酒は少しにして、二人で8,000円ほどのお会計。

お店はちょっと捻った和食料理が売りですが、
まあ綺麗め居酒屋くらいに思って良さそうです。

BGMがちょっと安っぽかったのと、店全体の雰囲気はもう少し良い雰囲気に改善できそうな、そんな感じでした。

ポップスやめて有線で良いからJazzに、
照明は少しだけトーンを抑えて落ち着いた風に。

のような事を考えながら後にしました。

さてもう1軒。

前から気になっていたアジアン料理の店へ、

■ビアホイ シクロ

アジアン料理と言えば人気はタイ、ベトナムですよね。

ここはどちらに寄せてるのかわかりませんが、両方楽しめるのは嬉しいですね。

まずは定番、ベトナム風生春巻き


タレはちょい甘のタイ風。

はじめからカットしてあるので断面を眺めてみる。


美味しいのだが、美味しいのだが、
コレは言わせてほしい。

肉を入れようよ!

サラダを食べたい訳でなく、バランス取れた生春巻きが食べたいのよー!

パクチーが後のせになってて、苦手な人にも対応できるのは良いですね。

巻はとてもしっかり巻かれてて、噛むとサクッと噛み切れる。
素人が巻くと、ぐずぐずのだらしない生春巻きになってしまいますが、ここはかなり良いですね。

あとは具を…(笑)

パパイヤのサラダ、ソムタムがあったのは嬉しい!!


注文のとき、辛さを3段階聞かれますが、まあ相当辛いもの好きでない限り、唐辛子一つで良いですね。
十分すぎるくらい辛味が後から効いてきます。
これも現地同様に、臼で唐辛子とかのスパイスを突いて作っているように思います。
美味しい!

〆はこちら。フォー!
米の麺ですね。


野菜やレモンが別添なのも良いですね。

味をいじりたくなったらコレです。

ビールも飲んで、二人で4,000円くらいでした。

また、平日はランチもやっているそうで、タイミングあえば来てみたいですね。

☆ 

2軒ハシゴしてみましたが、
なかなかの味でした。

特に、藤沢でソムタムやフォーを見つけたのはとても収穫です。

通りすがりの藤沢、名店があなたをお待ちしてますよ。

baron
baron
それではこのへんで。
てりまかし。

☆☆ 飲食店記事 ☆☆

神保町-キッチン南海-さぼうる
京成立石-うちだ-みつわ-江戸っ子-
新橋-ジンギスカン楽太郎
札幌-しまだやジンギスカン-
横浜-野毛(桜木町)宮川橋もつ肉店,ダンダダン-
銀座-トラットリア ドルチェビータ-
藤沢-肉のさとう
藤沢-cocorico
藤沢-北海しゃぶしゃぶ

お読みいただきありがとうございました。 「いいね!」お願いします
最新情報をお届けします。
旅行記
baronをフォローする
四季のブログ/丹志井商店

コメント