新島一人旅 男一匹サーフトリップした2009年の思い出

旅行記
baron
baron
丹志井商店へようこそ! 
かんたんプロフィールへ

新島2泊4日、男一人で波乗り旅行に行った記録です(2009年)
サーフステーションハブシへ宿泊して宿代7,350×2=14,700、
フェリー代往復4,550×2=9,100,
サーフボードレンタル等7,200,
後は食費、飲み代で~8,000円
くらいでした!

サーフステーションハブシへ

サーフステーションハブシにある石造

【宿泊先】サーフステーションハブシ

羽伏浦(はぶしうら)へ徒歩1分。
サーフステーションハブシから歩ける羽伏浦にある石造

サーフステーションハブシの外観

基本、持参なんですよね。キャンプに行く感じ、と思えばよいかもしれません。
アメニティは、

  • シャンプー
  • ボディソープ
  • 冷蔵庫
  • なべ・やかん(笑)
  • 以上。だったのですが、2018年4月より、グレードアップしたようです!

  • バスタオル
  • 歯ブラシ
  • カミソリ
  • 綿棒
  • ヘアバンド
  • ヘアブラシ
  • ドライヤー
  • これはうれしいですね。都内の感覚だとあって当然なのですが、いかんせんここは新島なので、勝手が違います。

    キッチンあるので、あらかじめで買い込んで持ち込み、料理もOK。
    ただし、電気コンロ。

    部屋はツインが基本のようです。当時は一人でしたが、、、。
    サーフステーションハブシの部屋

    宿はコテージのような、長屋のような感じ。
    すぐ隣にはサーフショップもやっているのでワックスもあります。
    併設カフェで食事OK、ファミレスメニューしかないが、結構おいしい。
    繁忙期はわからないんですけど、けっこう融通ききますね。
    レンタルボード取りに行くとき、車出してもらいました。
    まずはいろいろ聞いてみると良いと思います。

    羽伏浦で波乗り

    サーフステーションから羽伏浦まではほんとに近くて、ボードを持ってゆっくり歩いてもすぐに到着。

    新島 羽伏浦からみた山

    新島 羽伏浦からみた山

    新島 羽伏浦からみた山

    新島 羽伏浦の波

    壮観ですね。

    新島 羽伏浦の波
    ここで世界大会が開かれていたのか…

    新島 羽伏浦の波

    写真だとなかなかわかりずらいと思いますが、、、
    新島 羽伏浦の波

    ちなみにこの日は、とんでもなく波が荒れて、ダブル〜トリプルくらいの波をモロに受けました。
    新島 羽伏浦の波

    新島 羽伏浦の波

    サーフィン歴10年くらいですが、未だに1番怖い波は新島とはっきり言えます。

    無事で良かった。

    新島唯一の居酒屋「日本橋」へ


    夜はお散歩して、羽伏浦と反対の方へ。
    数少ない島のお店へ行ってみる。
    その名も「日本橋」w

    くさや

    くさやを初体験!
    濃厚な旨味、納豆を10倍位にしたような個性。
    なかなか強烈でしたが、食べると美味しい!
    新島居酒屋日本橋のくさや

    明日葉(あしたば)

    ↓新島名物の明日葉(天ぷら)
    新島居酒屋日本橋の明日葉

    金目鯛の刺身

    島唐辛子(しまとう)とともに金目鯛の刺身をいただく。
    わさびの横にある、赤い輪切りがしまとうです。
    新島居酒屋日本橋のキンメダイ

    しまとう、1個だけ醤油に「一瞬」浸してすぐに引き上げたんですけど、醤油に移った辛みはとても激しいものでした…
    あまりに辛くて、女将さんに笑われました。

    これはサービスでいただいた、キンメのたまご。
    新島居酒屋日本橋のキンメダイたまご

    あおのり

    あおのりもうまかったですね。
    新島居酒屋日本橋の

    新島は漁業で生活している人が多く、海の幸はとてもおいしいですね。
    ビールが高い印象でしたが、値段忘れました、、、

    かじやベーカリー

    新島の有名店、ここのコロッケサンドがおいしいらしいです。
    当時はあまり興味なく、行きませんでした、、、。
    新島 かじやベーカリー

    フェリーで帰路へ

    あまり有名じゃないのですが、新島のモアイ(モヤイ?)は質が良いらしいですね。
    新島の湯の浜露天風呂ちかくのモアイ
    渋谷駅にある「モヤイ像」は、新島の石だそうですよ。

    湯の浜露天風呂

    フェリーで帰りますが、出航まで時間が。

    新島の湯の浜露天風呂

    歩いていけるところに露天風呂発見!
    新島の湯の浜露天風呂

    新島の湯の浜露天風呂

    新島の湯の浜露天風呂

    ここは水着着用が義務つけられているフリーの温泉。
    自分は出発前でしたし、足湯だけにしときました。

    新島の湯の浜露天風呂で足湯

    謎の神殿(??)

    謎の展望台のような神殿が近くにありました、、、。
    新島の湯の浜露天風呂
    んー、目的はなんだろう???
    新島の湯の浜露天風呂

    超重要!新島メモ:2009

    新島のサンセット

    そんなこんなで、男一人旅が終わりました。
    2009年当時の情報ですが、おそらく大きな変更は無いと思います、、、。

  • (当時は)コンビニがない
  • カードは当然使えない
  • 銀行もない(七島信金のみ?)
  • 現金はやや多めに用意する。飲食店も少なく、地の魚とかおいしいけど、単価は少々高め
  • ハブシ泊まるなら、自炊前提で食材持ち込んで過ごす方がよい
  • 伊豆七島はきっとどこもこんな感じ?
  • 東海汽船のフェリーはけっこう暑い、Tシャツ持つべし。読書・勉強等はかどる
  • 行きの夜は小宴会もOK
  • 女性一人でも行けなくは無いですが、波乗り目的など、明確にやりたいことが無ければちょっときついと思います。

    新島のサンセット

    サーフステーションハブシから湯の浜露天風呂は、がんばれば歩けますね。

    baron
    baron
    それではこのへんで。
    サイトマップへ


    トリバゴ

    トリバゴ

    にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ

    お読みいただきありがとうございました。 「いいね!」お願いします
    最新情報をお届けします。
    旅行記
    baronをフォローする
    四季のブログ/丹志井商店

    コメント