ローストビーフをご家庭で!時間かかるけど美味しい作り方

旅行記

ローストビーフを作りました!
レアに焼くコツをメモ!

すらまっぱぎ。
丹志井商店へようこそ!


ローストビーフ、
美味しいですよね。

肉が大好きで、よく焼肉にでかけますが、
最近の我が家のマイブームです。

ローストビーフの作り方は、
そこまで難しくはありません。

ただし、
下準備が大事ですね。

まずは、肉を買いましょう!
(あたりまえです!)

近くのスーパーにある、
赤身肉がローストビーフに合うと思います。

サシの入っていないものが良いと思います。
これは好みに合わせて良いでしょうね。


胡椒と乾燥バジルで下ごしらえ。

にんにくをたくさん剥いて、
オリーブオイルとともにジップロック。

忍耐です。
待ちましょう!

まずは常温に戻す!
これ大事。
とても大事。

最低1時間は放置しましょう。
ある程度、常温に近づいてきたら、湯煎です。


これは好みと焼き方によると思います、私はレア好きなので、予め中の方まで少しだけ温度を上げておきたいんですよね。
なので、大きめのボウルにお湯を張って、少しだけ温めてます。

お風呂の温度くらいでしょうか。

最終的には、肉の中は50度まで上げておかないと、牛肉とはいえお腹を壊しますのでご注意!

焼きましょう!

待ちわびた、この瞬間。
どれだけ待ったろう、約4時間、長かった。

ついに、焼く時が来たのだ。
このために、買ってきたのだ。

ビーフを、
ローストしましょう!

#ローストビーフ #家ごはん

丹志井商店さん(@nishii_showten.llc)がシェアした投稿 –

*

焼いたら、休ませる。
ここも忍耐ですね。
がっと、全部焼き切りたいかもしれませんが、ゆっくりやりましょう。

3分焼いて、5分休ませ。

これを、最低3周。

できた!

一つは、明日まで寝かせる。

もう一つは、
晩御飯にする!

カットする!

*

肉がレアだと、なかなか切れてくれません。
包丁をもっと切れ味よく研がないとですね。

晩御飯、美味しくいただきました。

まな板でカットして、
そのままつまみ食いしたり、皿へラフにもりつけて家族でいただく。

レアレアですが中まで火は通っていて、温度感もありました。
数時間かけて湯煎した甲斐があり、大変美味しゅうございました。

翌日、

これはまた美味しく仕上がりました。

ドリップがもったいないので、即席でつけダレ作りました。
ジンギスカンのタレ、万能です!

それではこのへんで。
てりまかし。

お読みいただきありがとうございました。 「いいね!」お願いします
最新情報をお届けします。
旅行記
baronをフォローする
四季のブログ/丹志井商店

コメント

  1. […] (日本語ページ) […]

  2. […] (日本語ページ) […]