旅行記事のまとめ記事 海外/国内記事を網羅しました

旅行記
baron
baron
丹志井商店へようこそ!
かんたんプロフィールへ

国内旅行、海外旅行、積極的に行こうと思っています。記事が増えてきてだんだん管理が追いつかなくなってきたので、まとめてみました。
湘南在住でみなとみらい大好きなので、ちょっと神奈川よりの記事が多いです。

海外旅行編から横浜、関西までさらっと1分で見れますので是非ともご覧ください。

アジア

海外は波乗りでアジア周辺に行ってます。今後もっと行きたいなと思います。

波乗りしたいのと、食べ物が好きなのです。

マイマップ

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

バリ(インドネシア)

↓夫婦でゆったり。ディレイからまさかの追加1泊した思い出の旅行(2017年)

バリ島サーフトリップ旅行記 ローカルワルンと波を求めて観光 2017/6
バリ島は観光地として旅行先として有名ですね。サーフトリップも良いのでレポートいたします。 ローカルのワルンを求めて現地グルメも書いてます。

↓波を求めて一人旅(2009年)

初めてのバリ島一人旅-ローカルガイドと一触即発の2009年
Baliへ行ってきました。 ローカルガイドとサーフィンしましたが、、、さてなにがあったのでしょう?? (実際に行ったのは2009年ですが、アップデート)

プーケット(タイ)

↓夫婦で行きました。トゥクトゥクとフローライダーが楽しい(2018年)

プーケットでチルアウト カタリゾートホテルで一休みしよう
プーケットでも人気のカタビーチ。ホテルはカタリゾートホテルへ泊まりました。 ビーチに徒歩数分、ホテル内のプールアクセスが良くて、日本人がほとんどいない、ちょっとした穴場です。 海だけじゃない魅力、ホテルの中でチルアウトしましょう。

↓波を求めて一人旅(2008年)

プーケットのカタビーチは人が多すぎなくてサーフトリップ先にお勧めです。
タイのプーケット、カタビーチへサーフトリップに行ってきました。 通常、アジアのサーフトリップではバリ島あたりが有名ですが、チルアウトするにはプーケットもお勧めです。 人が多すぎず、日本人少な目、波はそれなりですが、食べ物がおいしく客引きが静かですごしやすいですね。 (実際に行ったのは2008年です)

クアラルンプール(マレーシア)

↓旅行記事一番人気のクラブラウンジ/リッツカールトン滞在記(2018年)

クラブラウンジ旅行記:クアラルンプール リッツカールトン 2018-GW
最高のおもてなしとは何か? 2018年GW、初めてのクアラルンプールへ。 リッツカールトンへ2泊、しかもクラブラウンジを予約しました。 これまで庶民派旅行がメインだった我々夫婦にとって、普段よりも一段レベルアップした豪華旅はいかなる内容だったか。 ちょっと奮発すれば体験できる贅沢なサービスを、できるだけナマの声でお届けします!

チェラティン(マレーシア)

↓波を求めてに一人旅(2009年)

猫ちゃんいっぱいのマレーシア/チェラティン 波乗りトリップ 2009
マレーシアといえばクアラルンプールなどが有名ですが、知る人ぞ知る波乗りスポットがあります。 ローカル線を乗り継いで行ったチェラティンの波はどれだけ良かったのでしょうか? かわいい猫ちゃん写真とともに2分ほどで読んでみて下さい。

ソウル(韓国)

↓サムギョプサルを求めて(2018年)

GSホテル 初のソウル観光はちょいチープな安ホテルへ
東南アジアではバリ・プーケット中心に南国ビーチにいって波乗りしたりプールで寛ぐのが我が家の定番。 今回は、あえての韓国ソウル、しかも滞在時間30時間未満の弾丸旅行。 「まあ初めてだし、サムギョプサル食べて適当に過ごせばいっか~」くらいの勢いでしたが、下調べしていくといろいろありそうです。 さて初ソウルのホテルと観光・食いだおれ記録はどれくらい激しかったのでしょうか??

↓パワースポット「宋廟」

宗廟 ソウル観光の隠れた主役、荘厳な建物見学に行ってみました
ソウル観光の目玉は肉だったのですが、すぐ近くに歴史的な建物があるとわかりました。 宿泊先のホテル(GSホテル)とも近く、ランチの広蔵市場から歩いてすぐのロケーション。 細かいことは全然下調べしてませんでしたが、建物の雰囲気が良いのでちょろっと行ってみました。 写真多数、正殿の広さを感じていただければ。

ヨーロッパ

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

アメリカ

まだ行ってません、、、

サーファーとして、ハワイとかカリフォルニアなどメジャーなところにも行きたいですね。

国内旅行/北海道~関東

にほんブログ村 旅行ブログへ

札幌/函館

↓ジンギスカンうまい札幌(2018年)

お店紹介-札幌-しまだやジンギスカン-
baron 丹志井商店へようこそ!  かんたんプロフィールへ 札幌のお店紹介と観光メモ。 おいしいジンギスカンと札幌雪祭りです。 道民はちょい甘が好き? 北海道は札幌へ。雪まつりでした 目的は祭りじゃな...

↓函館もジンギスカンうまい(2018年)

函館満腹旅行記 テムジンと函太郎 March,2018
函館へ行ってきました。 夜景が有名ですが、今回訪れたのは湯の川の旅館とジンギスカン「テムジン」とグルメ回転寿司「函太郎」。 函館は、美味しい。 函太郎は、美味しい。

↓ホテルパコ函館は温泉付きのマンションのようなホテルです。高くないですし、函館長期滞在に向いてますね。

ホテルパコ函館別亭 天然温泉があるマンション暮し風のホテル
函館のホテルと言えば、湯の川温泉がメジャーです。 観光地に近いところでは大森町にあるホテルパコ函館(別亭)がアクセス良く、内装がとても特徴的だったので詳細レポ。 写真多めでさらっと読めます!

↓ルートイングランティア函館五稜郭も温泉付き。

ルートイングランティア函館五稜郭 宿泊記
所用で2泊した函館旅行、今回は五稜郭に近いルートイングランティアへ宿泊。 函館の中心になる本町、そこへ徒歩アクセス。 売りは最上階の天然温泉という我が家にはたまらないホテルの宿泊レポです。

↓函館公園は穴場です

函館公園 観光地の麓にある隠れた名所
函館の観光と言えば五稜郭タワーと函館山の夜景です。 今回行ったのは函館「公園」。 函館市が管轄する無料の公園、中には遊園地のほかに動物園が。 動物のかわいい写真を動画付きで書きましたのでごらんください。

↓五稜郭タワーもお馴染み

五稜郭観光 タワーと飲食店メモ
五稜郭観光といえば五稜郭タワーが有名ですね。 ひさしぶりに上ったタワー夜景が、、、 おまけに朝市で食べた巴(ともえ)丼を。 蟹の選び方を聞いてみたり、朝市もなかなかいいですね。 さらっと読んでみてください。

↓せたな町のちょっと激しいお祭り、太鼓合戦が見れます。

地元の祭り(真駒内神社例大祭)をあえて斜に構えて楽しんでみる
実家に帰省したとき、真駒内神社例大祭、北海道はせたな町のお祭りに顔出してみました(2018年9月)。 五穀豊穣を祝い、せたな町北檜山区で盛大に執り行われる「真駒内神社例大祭」。 14日の宵宮祭(よみや)は、真駒内神社下に花山が集合し、奉納踊りやお囃子が披露、 15日の本祭は夜に国道を封鎖して行われるメインイベント「太鼓合戦」を開催。 勇壮な太鼓合戦を元に、地元の祭りや観光にちょっとだけ妄想をしてみました。 田舎の観光資源を活用できないものかというもので(地元の方には怒られそうですが、、)、地方創生の話ともリンクします。 では、迫力一杯の写真とともにどうぞ。

草津/宇都宮/浅草/新島

↓草津ホテルでまったり温泉(2018年)

草津ホテルと片岡鶴太郎美術館の週末旅行へ
草津と言えば日本一の温泉郷。草津ホテルへ週末1泊の弾丸夫婦ツアーを組んでいってきました。 片岡鶴太郎美術館情報もありますので、温泉旅行の検討にどうぞ!

↓宇都宮餃子を求めてはしご(2018年)

宇都宮餃子弾丸ツアー 餃子のはしごでノックダウン
餃子の街、 カクテルの街、 栃木県の宇都宮。 都内から電車で2時間、 サクッと行ってきました。

↓浅草観光(花やしき・水上バス)とエアビー体験記(2017・2018年)

浅草観光-浅草寺,花やしき,水上バス
浅草寺、花やしき、 駒形どぜう、水上バス、 歴史ある観光地、スポットが多くてよいですね。 浅草からの移動にはゆったり水上バスがおすすめです。 それでは浅草バーチャル観光へGo!
浅草Airbnb合宿-スカイツリーを眺めて古民家ノマド
浅草へ大人二人で合宿! airbnbを使って、安く行ってみました。 2人1泊6,000円くらいでミニ合宿できます。

↓波を求めて一人旅(2009年)

新島一人旅 男一匹サーフトリップした2009年の思い出
新島2泊4日、男一人で波乗り旅行に行った記録です(2009年) サーフステーションハブシへ宿泊して宿代7,350×2=14,700、 フェリー代往復4,550×2=9,100, サーフボードレンタル等7,200, 後は食費、飲み代で~8,000円 くらいでした!

横浜/藤沢/鎌倉

↓グランドインターコンチネンタルホテル(2018年)

ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル みなとみらいのクラシックなホテルへ
ちょっとしたお祝いを兼ねて、夫婦で1泊してきました。 ヨコハマグランドインターコンチネンタルはみなとみらいにある、帆のような形をした、みなとみらいのシンボルです。

↓ロイヤルパークホテル(2018年)

ロイヤルパークホテルへ みなとみらいのランドマークタワーで高層階に宿泊
みなとみらいにある高層ビル、ランドマークタワーにあるロイヤルパークホテルへ平日1泊しました。 広すぎず狭すぎず、眺めの良いシティビューはみなとみらいのホテルでは一番ではないでしょうか。 以下、写真多目にメモしましたのでご覧ください。

↓藤沢エイトホテル(2017年の年越し!)

藤沢にある8hotelで年越し。ヒップなホテル
藤沢へプチ旅行してきた記録をメモ。 2017年の年末年始、ちょっと趣向を凝らして、ホテルで迎えました。 藤沢にあるエイトホテルは、海外の有名サーファーが宿泊したり、地味に人気名お洒落ホテルです。 湘南ぽい雰囲気のホテル宿泊記をメモしました、1分くらいで読んでみてください!

↓鎌倉の大仏様を参拝。紅葉もすこし(2017年)

大仏様と紅葉を楽しむ 鎌倉プチ旅行2017
鎌倉大仏へふらっと。紅葉の季節に鎌倉へプチ旅行してきた記録をメモ(2017年の秋)。 お目当ては”大仏様”と紅葉、さてお目当ての大仏様には行けたのでしょうか? 混雑の中なんとかたどり着いた紅葉を一緒にご覧ください。 1分くらいで読めると思います!

↓こちらは鎌倉の豆柴カフェ/フクロウカフェ/おまけの人力車(2018年)

鎌倉 豆柴カフェとフクロウカフェ訪問記 人気の豆柴カフェの意外な注意点をメモ
ペットの中でも人気の豆柴カフェ、フクロウカフェに行ってきました。 鎌倉の駅から徒歩でいけるカフェは期待通りの楽しさ!ちょっとだけご注意しておきたい点がありますので是非ともご覧ください。2分くらいでさらっと読めると思います。

小田原/湯河原/熱海/伊東

↓小田原城で桜を楽しもう(2018年)

小田原城で歴史を感じよう-お花見2018
花見に小田原城。満開で混み混みでしたが、帰りに「裏道」から行くお勧め ルートを発見! 名産のかまぼこをほうばりながら花より団子、ちょっと寄り道して読んでいってください。 1分くらいで読めちゃいます。

↓人をダメにするクッションでダメになってきた湯河原(2017年)

湯河原で湯籠り-たまには旅館でゆっくりしませんか?-The Ryokan Tokyo
湯河原TheRyokanTokyo 夫婦でゆっくり 1泊してきました baron すらまっぱぎ。 丹志井商店へようこそ! ☆ 湯河原に行ってきました。 今回のお目当ては温...

↓熱海でひきこもりエアビー(2017年)

熱海のAirbnb-安くても夜景のロケーションがよかった穴場宿
baron すらまっぱぎ。 丹志井商店へようこそ! 熱海へ大人二人で1泊 airbnbを使って、安く行ってみました。 2人で1万円くらいで小トリップへ行けます。 Airbnb...

↓何気にかなり良かった伊東。星野リゾート「界」初体験(2018年)

星野リゾート「界 伊東」へ行ってみた 温泉、グルメありのサービスに心から満足 
星野リゾート系列では初めての「界 伊東」へ行ってきました。 温泉よし、プールよし、グルメよしの食べ歩きは熱海よりもお勧め。 ミシュランなどには載りませんが、うずわやちんちん揚げのようなご当地グルメには是非ともご賞味ください。

みなとみらい/野毛

飲食・ホテル・観光、なんでもこい!
みなとみらい最高!

国内旅行/関西~九州

名古屋より西のほうはこっちにすることにしました。
にほんブログ村 旅行ブログへ

京都

↓京都は家族3人でハトヤ瑞鳳閣(2018年8月)

ハトヤ瑞鳳閣宿泊記 京都駅近の落ち着いたホテルです
家族3人の週末弾丸1泊京都旅行記です。泊まったのは駅近くのハトヤ瑞鳳閣。 駅徒歩数分で行けるホテルで味わう温泉はいかにすばらしかったか、京都タワーのよさもメモ。 以下、写真多目にメモしましたのでご覧ください。 1分くらいで読めると思います。

↓かんざしつくり体験

京都でかんざし作り体験! 竹との格闘60分
京都観光といえば、寺院・仏閣巡りや街並みを散策するのも良いですよね。 今回、初めての京都旅行ですが、和雑貨の体験教室でかんざしを作りました。 2人でも4人でも行ける、伝統工芸に触れる一時間。

↓清水寺が工事中でした

清水寺から飛び降りる覚悟で行ってきたら工事中でした
「清水寺から飛び降りる覚悟で」なんていう格言があるような京都のお寺、清水寺。 京都1泊観光で唯一行ったのがここの清水寺です。予想以上に外国人が多く、海外にいるような錯覚になりました。 舞台のところは工事中だったようでちょっとみずらかったですが、絵馬をかいたりお茶屋でところてん食べたり、ゆったりと過ごせました。 記事は写真多めで1分くらいで読めちゃうと思います。

↓京都リピートw京都タワーホテルアネックス(2018年9月)

京都タワーホテルアネックスへ夫婦で2泊旅行 川床のある貴船を求めて観光ツアー
baron 丹志井商店へようこそ!  かんたんプロフィールへ 夫婦で週末弾丸2泊京都旅行記です。 泊まったのは京都駅近くの「京都タワーホテルアネックス」。 今回のメイン目的は川床で有名な「貴船荘」(別記事)。 ...

↓嵐山・伏見稲荷大社散策

京都の嵐山(あらしやま)と伏見稲荷大社を散策
夫婦で週末弾丸2泊京都旅行記です。 メインの「貴船荘」のほか、嵐山と伏見稲荷大社へ行きました。 前回清水寺しか周れなかったので、観光を追加です。 嵐山は竹林を眺めるほか、久しぶりにお茶をたててみたく、体験コースを申し込み。 伏見稲荷大社はいわずと知れた、フォトジェニックな鳥居を撮影。 観光レポートっぽく写真多目にしましたので、1分くらいで読めると思います。

福岡/鹿児島

↓福岡は2人で金曜夜からの2泊。志賀島と中州へ(2018年)

ご当地屋台に触れた週末旅行 ハイアットリージェンシーへ仕事明けのフライト 中州・志賀島週末ツアー
週末にサクッと旅行に行けたらなあ… と思うあなたへ贈る、福岡週末ツアーです。 baron すらまっぱぎ。 丹志井商店へようこそ! 夫婦で週末博多ツアーへ! 金曜夜の仕事明けからの、 ハイアッ...

↓鹿児島は2人で桜島と霧島の家族風呂へ(2017年)

https://nishii-showten.com/trip-note/2017-kagoshima/

大阪/名古屋

↓大阪は家族3人でリーガロイヤル(2018年)

大阪道頓堀旅行記 リーガロイヤルホテル1泊して大阪城で観光
家族3人新幹線で大阪1泊しました。 大阪道頓堀のドンキ観覧車に乗ってリーガロイヤルホテルで1泊、ホルモンと大阪城を楽しんだ週末弾丸ツアーです。 写真ありますし2分くらいでさらっとお読みください!

↓名古屋は2人でひつまぶしを求めて弾丸日帰り(2017年)

ひつまぶしを求めて 東京→名古屋 日帰り弾丸ツアー2017
名古屋弾丸ツアーです。 ひつまぶしを求めて baron すらまっぱぎ。 丹志井商店へようこそ! ☆ 名古屋へ旅行してきた記録をメモ。 うまいものが沢山ありますが、お目当ては”ひ...

広島

厳島神社のある宮島へ、グランドプリンスホテルから。

広島初旅行 グランドプリンスホテルと宮島を楽しむ旅
2018年、京都・大阪と関西方面に何度か足を運びました。 ですが、瀬戸内海方面にはまだ1度も足を踏み入れてなく、世界遺産のある宮島を目当てに広島初旅行を決行。 ホテルの立地がちょっと独特だったので、当初の目論見と異なる観光になりましたが、結果的にそれが良かったように思います。 宮島観光は別記事にしてますが、この記事では広島旅行の全体感を書いてます。 さらっと1分くらいでお読みください。

厳島神社の大鳥居を海と陸からアクセス

宮島旅行記その2 ろかい舟で大鳥居をくぐる
安芸の宮島といえば、厳島神社の大鳥居が有名です。 干潮と満潮の差が大きく、歩いて鳥居にいけますが、舟でアクセスできるのはあまり知られていません。 運よく乗れた「ろかい舟」を徹底レポートします。
宮島旅行記その5 再び厳島神社の大鳥居へ 干潮時は歩けます
潮が満ちた満潮の時間は舟で鳥居をくぐりました。 その数時間後、潮が引いた干潮の時間、下におりて大鳥居まで歩けちゃいます。 海の底に立つような不思議な経験。 ちょっと悩ましい問題もありますが、世界遺産のパワーを少しでも伝えられれば幸いです。

五重塔

宮島旅行記その4 豊国神社の五重塔/千畳閣/龍髯の松
baron 丹志井商店へようこそ!  かんたんプロフィールへ 五重塔 五重塔をやや遠くから 近づいてみます 銀杏の黄色が鮮やか ...

京都マップ

47都道府県制覇めざして、随時更新します!

おまけ;旅行の効用

旅行・移動する機会が増えてます。

純粋な観光はあまりなく、

・行き先に○○があるから
・○○のために移動する

というのがほとんどです。

・桜を見に熱海
・櫃まぶしを求めて名古屋

のように、毎回プチテーマがあります。

徒然なるままに移動したことは、今のところありません。

また、観光そのものは実はそこまで興味なかったり、、、。

効用

旅の目的はその時々によって異なりますが、旅するだけで気分転換になりますね。
移動することそのものが、よい刺激になるような気がしています。

その効用は、移動距離に比例するのかもしれません。

なんらかの学習効果もあると思います。
勉強するときでも、場所変えるとはかどったりしますよね。

日程次第ですが、極力ノートパソコン持参して、スマホともども写真とったり記事にしてます。
旅行先で、忘れないうちにアップすることが増えました。
飛行機の待ち時間などは活用してます。

ミニマリスト化

旅先への荷物は極力最小限にしたいもの。
自分が良くやるのは、旅先での服の処分。
荷物が旅程進むにつれて、減っていきます。
お土産は、基本的に買うのをやめました。

事前にリクエストがあれば、探して買います、もちろん。
そうでないような、職場で配られるただのお土産には価値は見出せないので、買うのは控えてます。

これらのミニマリズムは、日々の生活にも現れてきます。
余計なものは持たずに、真に必要なものを厳選。

余計な書類は処分、必要に応じてPDF保管。

一方、家電にはこだわって自動化を進めたり。

本はどんどん処分して、買うならkindle。
写真はSNSでシェアして、Web保管。

理想の生活を求めて

自分の追い求めているものは、究極的には遊牧民のような生活なのかもしれません。

春と秋は都内でコンサル業など、対面での業務、
夏は北海道(実家とか)で農業や漁業手伝いや、釣りをして自給自足に近い生活、
冬は九州(鹿児島とか)で農作業手伝い(住み込み)して暮らすような。

その間もネットビジネスは続けて複業。

サラリーマン生活は割と嫌いじゃないのですが、複数のことをやってみたり、思いつきでも実行したりすると、やはり世界は広がりますね。

まあ、どう広がったかはうまく記事にできてないのですが、、、、ww

今は勤め人ですが、いろいろやってみると、今まで見えなかったものが見えてきていると思うのです。
それは、日本や世界を旅して味わうこともそうですが、そこから派生する何かが、自分の中に徐々に蓄積されているような気持ちなのです。

それがあふれ出てきたときに、何かが変わる、、、かも?

baron
baron
それではこのへんで。
サイトマップへ

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ

お読みいただきありがとうございました。 「いいね!」お願いします
最新情報をお届けします。
旅行記
baronをフォローする
四季のブログ/丹志井商店

コメント